ども、がく(@oskgaku)です。


わたくしは盲腸炎(虫垂炎)のとき下っ腹とみぞおちがとても痛かったです。


そんな状況だったので最初に行ったお医者さんは触りながら


「盲腸炎って感じではないんだよね~」


と言われ、整腸剤をもらい2つ目の病院に行っても


「盲腸炎って感じではないんだよね~」


と言われ、整腸剤をもらい  レントゲンを一応やって、3つ目の病院ではエコーをやり、胃カメラをやり、そんでもわかりませんでした(^_^;)


文章にかくとサラッとしてますがこれは2ヶ月間の出来事。


ずっと痛くてたまりませんでした。


なので、4つ目の病院のときは朝起きたら痛くて立てないレベル。


で、大きい総合病院に行って造影CTをやったら即刻入院して翌日に手術しました。


執刀の先生いわく


「もうあれよね、炎症がすごくて、盲腸炎なくなってたよ、アハハハ!」


とか言われました(^_^;)


盲腸炎からの腹膜炎になってたようでした。


盲腸炎って、わき腹右下の太ももの付け根が痛くなる。


みたいなことよく聞いてたので自分も勝手にそう思い込んでました。


ただ、一概にそうでもないそうです。


わたくしは、みぞおちがガンガンに痛くなりました。


で、2ヶ月間のウチで2、3回は熱だしました。


腸って、異変が起きたりするとみぞおちが痛くなるようです、反動で。


なのでもし、お腹まわりがいたくなったら自分で勝手に判断しないで色々と検査してくれそうな大きな総合病院にいくのがよいかと思います。


当たり前すぎることですみませんが(笑) でも、それが一番よいと思います。


スポンサーリンク