ども、がく(@oskgaku)です。


ウチはHARIOのコーヒーミルでコーヒー豆挽いて飲んでます。
DSC_0853


結構、めんどくさいですw


そもそも、すんごいコーヒー好きってワケではないので、スターバックスとかでコーヒー豆選ぶ時も、すんごい適当です。


それでもあえてコーヒー豆挽いてます。


その最大の理由、それは


冷静になる時間を作れる。


例えば、パソコンひらいてメールを確認したらこんなメールがきてたとします。


「今度の披露宴の友人代表挨拶、代わってくんね、だってやっぱり面倒くさいっしょ、テヘっ」


恐ろしく理不尽な内容なメールがきたとします。


通常なら即座にベギラゴンでも食らわして、ざけんなメールをだすところです。


そんなとき、一旦心を落ち着かせるために、このコーヒーミルが登場です。


まず、コーヒー豆を取り出し、
DSC_0852

コーヒー豆をコーヒーミルにいれます。


コーヒー豆はキチンと量を計らず、思い切り目分量ですw
DSC_0851

さて、コーヒー豆を挽きます。


怒り心頭なので、コーヒー豆をおりゃぁ~~~!と入れて、ゴリゴリゴリゴリっ!!!ゴゴゴゴゴっ!!


と最初はコーヒー豆を挽いちゃうんです。


「壊れちゃうよ」


とコーヒーミルが言っているような感覚がどこからか・・・


と思いつつ、2・3回まわしたとき、まわす手と肩がゆっくりになります。


ここで、冷静になれます。


「おれ、こどもみたい」


それに、物理的に、2・3回まわした段階で、手と肩が痛くなりますw


で、その後、ゆっくりとゴリゴリ、ゴリゴリ、とまわします。


この時間が大事です。


で、ゴリゴリとまわして、こんな感じです。
DSC_0850
DSC_0849

ちなみに、粗くひいたり、細かくしたりと調整できます。


まぁたいていどのコーヒーミルも調整できると思います。


で、ドリップします。
DSC_0848
DSC_0847
DSC_0846

ほい、完成です。
DSC_0845

わざわざここまでやります。


結構な工程ふんでますよね。


ただね、この工程が大事なんです。


何も考えずに、ゆっくりコーヒーを挽く。


なんか、大人みたいw


ウチのコーヒーミルは


「HARIO」


というところのを2年以上使ってますが全く壊れたりしません。



コーヒーミル使うと、すんごい良い香りが部屋の中に広がります。


スターバックスに来たみたい。


それに、やっぱり挽きたては美味しいです。


冷静な時間と美味しいコーヒーを作ってくれるコーヒーミル、オススメですよ。 


スポンサーリンク