ども、がく(@oskgaku)です。


2012年、盲腸炎(虫垂炎)が悪化して腸を切る手術


2013年、大腸憩室炎で入院


2014年は何事もなく終わった!(マジでよかったw)


2015年も何事もなく終わりそう、ではある


ま、2012年の大晦日の夜中に救急病院行ったこともあるからまだ安心はできないが(^_^;)


最後に入院したのが2年前。


それ以降の2014年と2015年はビビリつつ、気を使いながら生活してきたので今のところセーフ。


とはいえね、別に毎日ビビリながら生活してたワケではないんですよ。


そんなことしてたらマジで擦り切れちゃうので。


ただ、2年連続入院したことで意識改革はありました。


それはやはり「食生活」です。


大腸憩室炎入院生活の絶食経験で見えてきたもの


まぁ盲腸炎(虫垂炎)は再発することないですから(虫垂はもうないもんね)いいのですが、大腸憩室炎は再発する恐れはあるワケです。


大腸憩室炎の再発率なんかをネットで調べると、結構マチマチでよくわからん。


かつ、再発の原因なんかもハッキリしてない。


対策方法として


「食物繊維をとる食生活をこころがけましょう」


なんて書いてあったりしますけど、自分は盲腸炎のあと、かなり食生活には気をつけてました。脂モノや甘いモノなんかはかなり控えてました。


が、結局翌年に大腸憩室炎やっちゃってますからね(^_^;)


そんで、ずっと通ってる総合病院の担当のお医者さんに大腸憩室炎の対策とか予防とか相談すると、やはりどうやらコレ、という万全で有効なモノはないそうな。


そもそも大腸憩室炎の原因もハッキリわかってないんですって。


大腸憩室炎になるときはなる、って言われました(^_^;)


ただね、だからと言って暴飲暴食がOKというワケではないですよね。


暴飲暴食は胃腸に負担かけまくってますから。


盲腸炎と大腸憩室炎で入院したとき、共通でおこなった治療は「絶食」。


この「絶食」が自分に意識改革をもたらしました。


「絶食」を3日間もすると食べ物への欲求がハンパじゃなくなります(点滴で栄養は得ていましたけど)


グルメ番組なんて見れません。


だって、見ちゃったら食べたい欲求が超絶でMAXで天井突き破ります!!


もはや、めんつゆのCMすらムリ。


そんな状態になると、食べ物について、すっごい色々と考えるようになって、色々な角度から見るようになります。


そうすると、普段食べてるモノって、添加物とか砂糖とか、ベッタベタに使ってるモノばかりじゃん、ってことが見えてきちゃうんです。


そんで、普段の食べ物以外、そう飲み会なんぞで酒を飲んでいるときも超いろんなモノ食べまくってるんです。


甘いモノ

普段の生活の中で、まぁそうですね朝起きてから夜寝るまでで、何を食べてるかってチェックしたことあります?


ありそうでないですよね。


例えば、油断しているときのわたくしなんぞは


朝7時
・パンにバター
・お茶

朝8時
・職場に着いたら缶コーヒー
・職場に着いたらちりぎりチョコレートパン

昼13時
・職場でお昼ご飯、カツ丼

昼15時
・職場の人からもらったチョコレートクッキー3枚
・職場で自販機コーヒー

夜8時
・自宅で晩御飯、肉野菜炒め、ごはん、味噌汁
・自宅でデザート、ハーゲンダッツ


ってな感じです。


こうやって列挙してみると、結構甘いモノ摂取してますよねぇ。


でも、このわたくしの例、ワリと普通に世間の皆様方もやってると思いますよ(笑)


甘いモノというと、クッキーとかチョコレートばかりに目がいきがちですけど、ジュースだって糖分はいってますからね。


googleで「炭酸飲料 砂糖」で画像検索すると、糖分の量がわかる画像がたくさんでてきますよ。
(信憑性とかは自己判断でw)


飲酒

わたくし、大腸憩室炎で入院してからというもの、ほとんど飲酒しておりません。


まぁもともとそんなに飲む方ではないのでね。


飲酒って、めっちゃ身体に悪いモノをたくさん摂取してますよね、実は(^_^;)


そもそも酒自体が糖質高いですもんね。


それに加え、酒と一緒に食べるモノがすごい塩分とか脂モノとかです。


まぁ酒と一緒に食べるから美味しい、っていう食べ物はたくさんあります。


それを味わうな、ってのはムリがありますけども、程度の問題。


毎日そういうことやってたら身体壊しますよね、普通は。


まとめ

大腸憩室炎になってから気をつけてる食生活は「甘いモノ」と「飲酒」。


この2つの摂取を気をつけるだけで胃腸の負担は相当減らせるはずです。


ただ、やはり、人は肌で感じて変わっていく生き物。


身体を壊したことのない人がいきなり「甘いモノ」と「飲酒」を控えるなんて難しいです。


でも、それを気づける人が、健康な毎日と健康な老後を過ごせるんでしょうねぇ・・・。


わたくしは、盲腸炎や大腸憩室炎で入院するハメになってしまいましたが、そういうことに気づけたのは本当によかった、かな(^_^;)


スポンサーリンク