ども、がく(@oskgaku)です。


キーコーヒーのKeyクリスタルドリッパーを使い始めて早3ヶ月。
DSC04524

これ、最高ですねwww


最初のドリッパーは100円ショップで買ったモノを使っていて、次にこのクリスタルドリッパー使ったのでなおさらそう思っちゃいます。


そんなことを思いつつ、年末年始、ゆっくりとクリスタルドリッパーで淹れたコーヒーを飲みながら珈琲ベストアイテムをじっくりと読んでいたんですが・・・
DSC_1943

改めてKeyクリスタルドリッパーの素晴らしさを再発見しちゃったんですよね!!


今までキチっと読んでなくてごめんなさい!(←珈琲ベストアイテム作ったひとたちに向けて叫ぶ)


っていういかこの「珈琲完全ガイド 珈琲ベストアイテム」は読んでてあきない(笑)


珈琲に関するアイテムをわかりやすく紹介しているので見ているだけでも楽しいですよ。特に珈琲初心者。


まぁ珈琲に詳しい人はこの本読んでどう感じるかはわからんけども、少なくとも初心者の珈琲アイテム選び導入についてはとってもいいです。ネットで得られる情報より精度は高いんじゃないかな。制作側の「珈琲愛」を感じますねwww 
 

ってことで、改めてKeyクリスタルドリッパーの素晴らしさを珈琲ベストアイテムをもとにして見つめなおしてみます!
 


今回のメニュー・ドリッパーに求められる条件とは?

・均一に抽出するためのダイヤモンドカット

・ロースターのキーコーヒーがわざわざ作ったドリッパー

・おっさん的クリスタルドリッパーの魅力1

・おっさん的クリスタルドリッパーの魅力2

・最後に


では順番にいきましょう~。


ドリッパーに求められる条件とは?


コーヒーを淹れるための器具ドリッパー。


コーヒー豆を挽いて粉にして、その粉にお湯をかけて、濾して抽出してコーヒー飲むワケですわな。


その抽出する器具や、抽出する方法にも色々あって、それによって味に差がでるワケですわな。
(コーヒー豆とか挽き方も味に違いがでるしょうけどここではドリッパーの話ってことでね)
 

珈琲ベストアイテムによると

6ページ
美味しいコーヒーを淹れるための最重要ステップが、コーヒーの粉から成分を取り出す「抽出」だ。

8ページ
均一にコーヒーを抽出することが大切

引用:珈琲完全ガイド 珈琲ベストアイテム

とのこと。


ということはドリッパーに求められる条件とは「均一」「抽出」することですね!

 

均一に抽出するためのダイヤモンドカット


このkeyクリスタルドリッパーはまさに「均一」「抽出」するドリッパーなんです。


その特徴となるのがこのダイヤモンドカット!!!
DSC04531

珈琲ベストアイテムではこのクリスタルドリッパーをドリップコーヒーザベストとして最後の方に1ページ割いて紹介してます。

 
そこではこのように書かれています。

90ページ
ダイヤモンドカット形状は、ダイヤカットの凸部分が点の集合でフィルターを支えることによって、360度均等な状態でフィルターとドリッパーが触れることになる。これこそがこの構造の最大のメリット

引用:珈琲完全ガイド 珈琲ベストアイテム

なるほど!このダイヤカットの凸部分が点の集合でフィルターを支えるってワケですね!
DSC04534

そんで均等な状態でフィルターとドリッパーが触れるということは均等均一に抽出できるんですね。


これだけ多くの突起部分が規則正しく並んでいると、確かに安定して均一に抽出してくれそうなカンジがすっごいしますよね。
DSC04532

さらに読みすすめると抽出効率にも触れておりまして

90ページ
そもそも、ドリッパーとフィルターの触れている部分は抽出効率があまり良くなく、抽出ムラにつながりやすい

このクリスタルドリッパーは接触部分が少ないために、抽出ムラを防ぐことができる

引用:珈琲完全ガイド 珈琲ベストアイテム 

 ってことは、フィルターとドリッパーはあまり接触部分が多くない(触れてない)方がいいんですね。
 

ダイヤモンドカット、最高じゃないですか!均等抽出するのに最高じゃないですか!
 

買ってよかった(笑)


ロースターのキーコーヒーがわざわざ作ったドリッパー


そもそも、このクリスタルドリッパーを作ったキーコーヒーってローストメーカーなんですよね。

22ページ
ロースター=コーヒーを生豆の状態で仕入れて焙煎し、卸売りや小売りをする業者

引用:珈琲完全ガイド 珈琲ベストアイテム

コーヒ豆の卸売りや小売をする業者であるキーコーヒーがなぜわざわざドリッパーを作ったのか?


珈琲ベストアイテムでキーコーヒー広報チームの方は以下のように話しています。

これまで弊社は抽出前の製品を市場に提供してきました。そこではコーヒーの原料をさまざまな手法で美味しさや香りをパッケージに閉じ込め、なるべくお客様のところまで鮮度と香りをキープして届けられるための工夫を重ねてきました

引用:珈琲完全ガイド 珈琲ベストアイテム

ほうほう、素晴らしい企業努力ですよね。さらに続きを読むと

しかし、コーヒーはご家庭でドリップされて初めてゴールとなるわけですが、最終的に抽出を間違えてしまうと、残念な味になってしまうということに対して、悔しいというところがありました。このクリスタルドリッパーは、そういった思いから開発が始まったんです
 
引用:珈琲完全ガイド 珈琲ベストアイテム

悔しさがあったんですね(^_^;)まぁすんばらしい熱意と情熱から開発されたのはおっさんなわたくしには伝わりましたよ。


たしかに、いくら素晴らしいコーヒー豆を提供しても、それを客である我々が家で適当にドリップしちゃったら、コーヒー豆の潜在能力を発揮できてないワケですから非常にもったいない!!


というか、そもそもですよ、あの天下のキーコーヒーが開発したドリッパーなら信用できますし、むしろそれを使ってみたい、という気持ちになります。


おっさん的クリスタルドリッパー魅力その1


最後にわたくしが感じるクリスタルドリッパーの魅力をお伝えしたいと思います。


このままだと、珈琲ベストアイテムの引用だけで終わってしまいますのでね(^_^;)


わたくしが感じるこのkeyコーヒードリッパー魅力はその1は「値段」です。
 

珈琲ベストアイテムでは「594円」と紹介されています。


どこで買っても概ね600円くらいかと思います。


これだけの魅力あって600円。


相当に素晴らしいですよね!!


ドリッパーは5000円とかするモノもあるようですが、その値段でドリッパー買って
「思ったのと違ったなぁ」
では後の祭りがすぎる!


でも600円前後のクリスタルドリッパーなら自分に合ってないと感じたら次を探して買うことも十分に可能!


それを考えると、これからコーヒーを淹れることを始めようと思っている人は、最初のドリッパーはクリスタルドリッパーで間違いなし!


そういう意味でも、クリスタルドリッパーはコストパフォーマンスが超高いですね!


おっさん的クリスタルドリッパー魅力その2


わたくしが感じるkeyコーヒードリッパー魅力その2は「洗いやすさ」です。


わたくしとしては、これが一番のポイントかもしれません。 


もうホントに洗いやすい。


洗いやすさについては「KEYクリスタルドリッパーは珈琲を美味しくいれるだけじゃない!家事するアタナの味方ですよ!」でも書きましたが本当に助かってます。


構造自体が洗いやすくなってるのでね。


ドリッパーの穴が4つ穴とかだと、すき間があるので洗うのに一苦労。100円ショップで買ったドリッパーは4つ穴でした。
DSC02962
DSC02963

そりゃね、このすき間にコーヒーの粉がはいる、とまでは言いませんけども、他の調理器具とかと一緒に洗っていると、食べ物の残りカスなんかがドリッパーの溝なんかに入ってきゃって洗いにくくなること多々あり!


その点、このクリスタルドッパーは食べ物のカスが入りこむようなすき間はありませぬ。
DSC04533
洗うのが面倒だったりすると、コーヒー淹れるのが面倒になるので、これは非常に大事ですね。


最後に


クリスタルドリッパーを使って3ヶ月経ちますが、なんだかんで一番嬉しいのは洗いやすさですね。


わたくしはまだまだコーヒー淹れることに関して初心者でど素人なワケです。


そうすると味なんかは細かいところまでハッキリわからんとですよ(笑)


そうすると手軽に使えるドリッパーが一番なワケです。


このクリスタルドリッパーは洗いやすいのも手軽に使えるひとつの要因です。


それに、ダイヤモンドカットのおかげで誰でも簡単に「均一」「抽出」できますので。


コーヒー淹れるのが初心者の人は最初のドリッパーはクリスタルドリッパーで間違いないですよ。


もし合ってなければ600円前後ですからあきらめもつくってもんです(^_^;)


それと最後にひとつ。


フィルターは純正を使った方が間違いないです。


これは素人ながらにもちょっと感じました。味や見た目とかで。


それに、値段も100円ショップと比べてもそんなに激しく違うワケではないので。


っていうか、クリスタルドリッパーは円すい形なので、紙フィルターも円すい形をつかうワケでして、円すい形の紙フィルターって100円ショップとかではあまり置いてません。なんならスーパーもあんまり置いてない(^_^;)

参考記事キーコーヒーのKEYクリスタルドリッパーは強度と耐久性もコストパフォーマンス超高い!

参考記事KEY クリスタルドリッパーを買う時にひとつ気をつけること 









スポンサーリンク