ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


ガンプラのMGデルタプラスを作っております。
DSC_2346

ガンプラ初心者おっさんとしてはMGデルタプラス、なかなかのパーツ量(^^;)
DSC_2348

本来は仮組みを最初にするのですが、先日買ったゴッドハンドの神ヤスのスポンジ布ヤスリがどうしても早く使いたくなりましてwww
DSC04815

デルタプラスの頭部だけ先にゲート処理しちゃうことにしました。
DSC04808


スポンジ布ヤスリを使ったゲート処理、まぁただ単に仕上げをスポンジ布ヤスリでやっただけですが(^_^;)ガンプラ初心者の方々の参考になれば幸いです。


ゲート処理1)
アルティメットニッパーで丁寧に切る
ゲート処理2)
400番フィニッシングペーパーでやする
ゲート処理3)
600番フィニッシングペーパーでやする
ゲート処理4)
1000番スポンジ布ヤスリでやする
ゲート処理5)
つや消しトップコートをかける

最後に注意点
今回のメニュー


今回使う道具・アルティメットニッパー

・フィニッシングペーパー

・スポンジ布ヤスリ

・つや消しトップコート 


ではいきましょう。



ゲート処理1)
アルティメットニッパーで丁寧に切る


まずは「ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー 5.0」のゲート切り♪
DSC04305
DSC04306

参考記事【ガンプラ初心者用】MG百式Ver.2.0のアンダーゲートをアルティメットニッパーで超キレイに仕上げる方法!


もはやアルティメットニッパーニッパーで切る作業が楽しくすらある!(笑)


ゲート跡がキレイにに切れる!


まだまだ修行は必要ですが、それでも今までよりは全然楽な上にキレイに仕上がるんです。


このようになりました~。
DSC04822
DSC04824
DSC04841

とはいえ、切り方が甘いですなぁ~。


それでもアルティメットニッパーのおかげでこの程度で済んでいる、ともいえる(^^;)


さぁゲート処理をしていきますよ。



ゲート処理2)
400番紙フィニッシングペーパーでやする


最初のゲート処理は400番フィニッシングペーパーで大まかに。


というか、最初からスポンジ布ヤスリでもいいんですけどね。


ただ、ちょっとコスト高なので(^^;)
参考記事【ガンプラ初心者用】やすりがけが劇的に楽しくなる!スポンジ布ヤスリ3つのメリット!


ってことで、耐水ペーパーでもあるタミヤフィニッシングペーパーの紙やすりを水にちつけて作業開始。
DSC04845

そんで、ゲート跡を削りやすいようにフィニッシングペーパーをこんな形にします。
DSC04850

そんで削っていきます。
DSC04852

こんな具合になりましたよ。
DSC04857
※フィニッシングペーパーは当て木に貼り付けて使ってもいいですね。
参考記事【ガンプラ初心者用】ハイキューパーツのリタックスティックハーフなら小さい面をサッサッと整地!


次は600番のフィニッシングペーパーです。



ゲート処理3)
600番フィニッシングペーパーでやする


ここもタミヤフィニッシングペーパーでやすります。
DSC04862

本当はパーツ全体を600番でやすった方が仕上がりは良いとは思うのですが、今回この面だけを600番でやすりました。まぁ様子見、ってことでね。
DSC04865
やはりまだザラザラですな。



ゲート処理4)
1000番スポンジ布ヤスリでやする


さぁここからいよいよゴッドハンドの神ヤススポンジ布ヤスリを使います!!
web_17
web_18
DSC04869

よぉ~し、やするぞぉ~!!!いっくぞぉ~、いけぇ~僕らの夢を乗せて、そして虹を描け、栄光のドライブシュートぉぉぉ~!!!





の結果。
DSC04875
DSC04873
最初の勢いだけで、内容を思い切り割愛してすみません(^_^;)


感想をいいますと、やはりパーツ全体にかけやすいです!


やすり跡のムラも少ないかと思うのですがどうでしょうかね。


それと、細かいところもやすりをかけやすいです。


こんな感じでスポンジ布ヤスリをニッパーで持てば楽にできますので。
DSC05129




ゲート処理5)
つや消しトップコートをかける


最後の仕上げ。つや消しトップコート。
DSC04798
 
ということで、つや消しトップコートかけた結果がこちらです!
DSC05054



DSC05124
最初と比べるとこんな感じになりましたよ。
web_1

落ち着いた感じになった、と自負はしております(^_^;)


とはいえ、デルタプラスは最初色が落ち着いた色なので、つや消ししないでもカッコイイ感じ、でもありますな。


他の箇所はこんな感じに。
web_2

撮影の際、照明の加減がbeforeとafterで変わってしまったのですが、それでもゲート跡の違いはよぉくわかると思います。ゲート跡がキレイになったと自負しております(^_^;)



最後に注意点


ゴッドハンドの神ヤス スポンジ布ヤスリ、やはりとっても作業しやすいです!!


作業時間も短縮できるし、なにより疲れない。


ただし、注意点もあります。


やすりやすいのをいいことに調子に乗ってシュッシュッやってるとパーツの形が変わってきちゃいます(^^;)
参考記事ガンプラ初心者に実践して欲しいエッジ出しが上達するお手軽簡単な5つのstep


今日やすったデルタプラスの頭部も実はちょっと丸みをおびてしまったなぁ、と感じています。
DSC04873

それと、MGデルタプラスの後頭部にはいわゆる「段落ちモールド」というものがあります。
DSC04876

この部分も調子に乗ってると削ってちゃいます。


実際のところ、わたくしも削ってしまってますし(^^;)
DSC05054


この部分も本当は段落ちモールド処理、というのをやるようなのですが、わたくしにはまだその技術はなしw


それらも覚えていきたいですがまだ先の話。


ガンプラ道はまだまだ長い(笑)


ゆっくりと究めていきます~。


【人気のガンプラ関連記事セレクション】
人気記事1
塗装しないガンプラ、ゲート処理方法を7つの工程にまとめてみた

人気記事2
塗装しないガンプラ製作でコンパウンド表面処理を初心者おっさんが試す!

人気記事3
ガンプラを求める旅。新宿西口と秋葉原のヨドバシカメラ、種類豊富すぎてウキウキです!







スポンサーリンク