ども、がく(@oskgaku)です。


「ガンダムマーク2って、ちゃっちくないですか?」


20代前半の知人がそんなこと言ってきましたわ。


ビックバンインパクト!!


を喰らわせようかと心底思いましたよ、ええ。


ガンダムマーク2がちゃっちい?


ガンダムマーク2がちゃっちい?


あなたが言ってるガンダムマーク2はこれですよね?
DSC03603

おっさんはハッキリと言っておきたい。


ガンダムマーク2ほど美しいプロポーションかつ、スタイリッシュなガンダムが他にありますか?いいえ、ありません!!


もうこれ言っちゃえばこっちのもんだ。


今日のブログ記事終わったようなもんだ。


いや、マジで。


昨今の若者はユニコーンガンダムとか、バルバトスとか見てるのだろうから、まぁおっさんとは価値観違うかもしれませんけどね。


ただね、ファーストガンダムを見ていたおっさん世代としたらね、やっぱり美しいガンダムはファーストガンダムなんですよね!!


「あぁ、始まった、おっさん臭いガンダム話っ!」


そう思った20代の若者。


ごもっともだ。


ただ、それでもおっさんはこう言いたい。


「ああ、それで結構だ!おっさん臭くて一向に構わんよ!」


とね。


いい機会だ。


おっさんがガンダムマーク2を見たときの衝撃の話をしようじゃないか。


拒否権はない。


ただし、安心なさい、ガンダムマーク2の美しさを理解してもらおうとは思わない。


ただ、おっさんがガンダムマーク2を見たときの衝撃の話をするだけだ。


そして、このブログ記事を読んだアラフォーが、共感してくれればそれでいいwww


宇宙世紀シリーズのガンダムで育ったガンダム世代の思いを、後世に残していくのは、もはや我々アラフォーの義務と思っている!!(^_^)


おっと、その前に、昨今は「宇宙世紀」シリーズを知らん若者が多いので超ざっくり簡単に「宇宙世紀」シリーズを説明しておくと「ファーストガンダムの話が続いてるシリーズ」と思ってもらえばいいw


ここでは難しい話は面倒なんでしない。


話の本筋じゃないし。


要するに、ファーストガンダムの舞台設定の世紀が宇宙世紀なワケ。


Zガンダムはファーストガンダムにでてたシャアもでてくるしアムロもでてくるしブライトもでてくるでしょ?


なので、Zガンダムは宇宙世紀シリーズよ。


ユニコーンガンダムも、ブライトがでてくるでしょ?だから宇宙世紀シリーズよ。


宇宙世紀シリーズの話ここまで!


ガンダムマーク2の話に戻る!


もう忘れもしない30年前。


小学校6年生の春(だった気がする)。


友人の石橋くんが


「今度さ、ガンダムの続編アニメやるらしいぜ!」


と私に教えてくれた。


30年前といえば、インターネットなんぞはないし、世の中の情報は現在のように簡単に出回るものではなく、情報源はたいていはテレビ、雑誌、新聞、であった。


どうやら石橋くんはテレビのCMでそれを知ったらしい。


「そんなバカな」


当時のわたくしは本気でそう思った。


だって、あのファーストガンダムの続編ですよ。


というか、そもそもファーストガンダムで続編でるなんて夢にも思ってない。


というか、当時の少年たちみんながそんなこと夢にも思ってない。


だって、当時のアニメで続編でてるアニメなんてほとんどないですからね!


なので、ファーストガンダムに関しては、終わったときには


「あぁ、アムロ、無事でよかったね。ホントよかったよ。」


と思うだけで、その先、アムロがどうなるかなんて、寝る前に妄想するくらいだし、あとはせいぜい小学6年生同士で


「アムロってあの後どうなっちゃったんだろうね?」


「フラウ・ボゥと結婚するんじゃね?」


くらいのしょうもない会話しかしてないワケだ。


そのガンダムの続編ですよ?


あのガンダムに続きがある???


狂喜乱舞ですよ!!!


ガンダムに続きがぁ!!!


アムロはでてくるのか??


ブライトは??


見たい!!


ともかく見たい!!


まずはCMを見たい!!


30年前、目的のCMがいつ放送されるかなんて、誰にも全くわからない。


「ビデオのどっかにCM入ってんじゃないの?」


いまの若者ならそういうだろうさ。


若者よ、30年前をナメてもらっちゃ困るよ。


ビデオデッキなんて持ってる家庭は、クラスにひとりいるかいないかの時代だよ!


当時のビデオデッキは超高級品。


というか、マジでビデオデッキを持つ、という発想もなかったと思う。


そんな30年前なんで、たとえCMだろうと、なんとか生で見るしかない時代。


しかし、そんなわたくしに朗報が。


「ウチのビデオにZガンダムのCM、入ってたぞ」


山本、ありがとう。


いや、マジで。


今日さ、塾行く前に一瞬見せてくんない?


そう山本くんにノータイムでお願いしたよね。


「ウチのオカンが買い物行ってる瞬間に来いよ」


行く、山本くん、行くよ。


キン消しのアシュラマン、2つあげるさ。


そう約束して見せてもらうことになったZガンダムのCM。


山本くんのオカンが妹を連れて買い物に行った瞬間を狙ってビデオデッキのあるリビングへ潜入。


リビングにはゴテゴテした木の枠に入ったブラウン管テレビとその上に置かれたビデオデッキが鎮座。


山本くんは、ご丁寧に一時停止しておいてくれた。


そのブラウン管テレビに映っていたのはなんと



黒いガンダムやんけ!!!

な、なんじゃこりゃ!!!

超絶カッコイイ!!!



ガンダムは白でしょ?!


このガンダム、黒よ!ちょっ、アンタ、なんで冷静やねんな!!


「ガンダムも変わったねぇ」


そう発言する山本くん、なんだか急に大人の階段登ったねぇ。


まぁ山本くんはガンダムに全く興味ないから仕方ない。


その傍らで、興奮を抑えきれないわたくし。


そして、黒いガンダムのプロポーション。


ファーストガンダムに比べて、あきらかに進化している!!


もはや、ファーストガンダムがシンプルに見えるレベル!!


この黒い装甲をまとったようなガンダム。


「う、美しい。」


30年前、12歳の少年だったわたくしは、本気でそう思いましたね。


オカンが帰ってくるからさっさと塾に行け、と促す山本くんに、アシュラマンマンのキン消しに加え、サンシャイン(ニューバージョン)のキン消しをひとつあげることを条件に、ビデオを3回巻き戻して見せてもらった。


興奮が冷めない。


塾行っても、何も頭に入らん。


いや~、ホントに感動しましたよ、黒いガンダム。


で、結局は、Zガンダムは、リアルタイム時間は部活があったり塾があったりで見れず、友人にビデオ録画を頼むこともできず、という状況だった。


しかし、塾や部活が休みのときにたまに見たり、友人が録画したのを見せてもらったりして、黒いガンダムマーク2をたっぷり見たり、エゥーゴバージョンの白いマーク2を見て、さらに感動をしたりしていた。
DSC08384


というか、ガンダムマーク2は、ティターンズ仕様だろうと、エゥーゴ仕様だろうと、結局どっちもすっげーカッコイイのである。


もし、いま、20代の若者が


「ガンダムマーク2って、ティターンズ仕様と、エゥーゴ仕様、どっちがカッコイイかって決められないっすよね」


ってなことを話しかけてきたら、とりあえず飲みに連れていってやるよね。


刺身の盛り合わせ、2つ頼んでいいぞ!


当時、Zガンダムは、とばしとばしで放送回を見ていたので、カミーユを見ても最初は


「これ、どこの子」


くらいなもんでしたし、カミーユってワリと面倒くさいヤツなんで、感情移入できませんしたが、トシをとってからDVDで見るようになってドップリはまってましたな。


しかし、Zガンダムを初めてみたときは


「おっ、カッコイイ」


とは思ったものの、ガンダムマーク2を初めて見たときの度肝を抜かれる感動はなかった。


だから、敢えてこう言いたい。


「おれ、ガンプラのHGリバイブ、ガンダムマーク2すでに1個持ってるけど、もう1個買うけど何か問題でも?」

DSC08383

ガンプラの昔話カテゴリー






スポンサーリンク