ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


今回はガンプラを撮影するため、ガンプラ初心者なりに撮影ブースを自作してみました。


一応、100円ショップのグッズで揃えてます(笑)


100均といえど、それなりに費用はかかってしまったのですがね(^_^;)


まぁでもそのぶん作りはしっかりしてます。


材料の詳細などをレポートしますのでガンプラ初心者の方々の参考になれば幸いですっ!





今回のメニューガンプラ撮影ブースの完成品をご覧ください

ガンプラ撮影ブース作り方1)
フレーム材料ハメるだけ

ガンプラ撮影ブース作り方2)
背面材料を貼るだけ

ガンプラ撮影ブース作り方3)
側面材料を置くだけ

ガンプラ撮影ブース作り方4)
ライトを置くだけ

ガンプラ撮影ブースで撮影

まとめ


今回使う道具フレーム×6袋

ジョイント×4袋

天板×1枚

両面テープ×1セット

A3画用紙×1セット

A3発泡スチロール×2セット






ガンプラ撮影ブースの完成品をご覧ください


こちらが100均グッズで製作したガンプラ撮影ブースです。


100円ショップで揃えたモノといえど、しっかりとした安定感のあるつくりです。MGシリーズのガンプラも置けちゃいますよ。

そんで撮影したガンプラ。こちらはHG。
DSC03511

わたくし的にはイイ感じに撮れてるんですけどね(笑)


まぁ専用のライトとかで撮影しているワケではないから、これだけ撮れれば十分かな、ってね(笑)


ではガンプラ撮影ブースの材料なんかの詳細についてお伝えしていきます~。



ガンプラ撮影ブース作り方1)
フレーム材料ハメるだけ




これらの材料、100円ショップの「セリア」で買いました。


セリアは全国展開されてるようなので、皆さまの住まいの近くのどこかにあるかと(笑)


フレームや板はセリアで買ったものでして、もともとは棚としてひとつずつ連結していくモノのようです。簡単にハメられます。
DSC03237

買ったフレーム詳細は以下のとおり。


フレーム縦分(高さ)39cm×2袋
(全部で4本)
DSC03230

幅、奥行き分30.5cm×4袋
(全部で8本)
DSC03228

ジョイントL型×4袋
(全部で8個)
DSC03234

天板×2
(わたくしが実際に使ったのは1枚だけ)
DSC03232

そんで、このフレームがこうなって
DSC03235

天板をのせまして
DSC03236

そんでこうなります。
DSC03238-2




ガンプラ撮影ブース作り方2)
背面材料を貼るだけ


フレームができちゃえばもうこっちのもんだ(笑)


背面は「ダイソー」で買ってきたA3サイズの画用紙(画像ではフライングで側面に発泡スチロール置いちゃってますけどw)
IMG_20160909_215019
 

背面紙の長さが足らなかったのでちょいと継ぎ足してますけど。


両面テープ(キレイに剥がせるタイプ)をフレームに貼って画用紙とめてるだけ~。




ガンプラ撮影ブース作り方3)
側面材料を置くだけ


あとは側面に発泡スチロール置くだけ。


この発泡スチロールも「ダイソー」のA3サイズのモノ。 
(2枚入り×2)
DSC03469

置くだけでもいいのですが、わたくしはこれも両面テープ(キレイに剥がせるタイプ)を貼って固定してます。
DSC_3377

天板をする場合ものせるだけ。

撮影時に上からライトをあてないのであれば天板をのせた方が撮影ブース全体に光が反射してまわってくれるんですよ~。


あと、ストロボとかあれば、天板が役立つんですけどね。



ガンプラ撮影ブース側面に発泡スチロールの理由

背面に紙を貼ってますから、側面も紙でよさそうなものですが、発泡スチロールの方が光を反射するみたいなんですよねぇ。


あくまでも個人的見解で科学的根拠はないんですけどね(^_^;)




ガンプラ撮影ブース作り方4)
ライトを置くだけ


あとは卓上スタンドライト置くだけ。

DSC_2206

こんな感じで撮影しております。
DSC03514

わたくしは卓上スタンドライトにトレーシングペーパーを貼って光を拡散しております。トレーシングペーパーなしだと光がガンプラに強くあたってしまい、テカってしまうんですよね。


ちなみに、この卓上スタンドライトはかなり古いの型番はわからないのですが、裏面にはこのように貼ってありました。
DSC_3384

1060ルーメンだから結構明るい。それに蛍光灯だと、やっぱり光が広がるからいいっすね~。


LEDは照らす方向が全方向とかもありますけど、やっぱりちょっと照らす範囲が狭いというか、スポット気味になるように思います。




ガンプラ撮影ブースで撮影


この状態で撮影した結果がこちら(冒頭でも紹介しましたけども)

DSC03511

しかし、卓上スタンドライトだとやっぱりちょっと暗いかな、とは思います。


場合によっては、こんな風にLEDライトをもうひとつ足してもいいですな。
DSC03518

これだとさらに明るい!!


これで撮影したのがこちら。
DSC03509

こちらもなかなかよい感じwww


けど、蛍光灯とLEDだから色が違っちゃうんですよ・・・。


だから、最初から同じクリップライトを4つとか買って、正面のフレームに4つくらいつけるのがいいかもです。

わたくしは、予算の都合により、いまある環境で頑張ります(^_^;)



まとめ


このガンプラ撮影ブースを製作するのにかかった費用は以下のとおり。


フレーム×6袋

ジョイント×4袋

天板×1枚

両面テープ×1セット

A3画用紙×1セット

A3発泡スチロール×2セット


計15点


15×108円=1620円
 


ガンプラ撮影にも絶対的な正解なんてない!



ガンプラ同様、写真撮影も非常に奥が深い世界!


基本的な技術はもちろんあるでしょうけど、自分の表現したいことがあればやり方もひとそれぞれ。正解なんてない!!


ということで、自分なりの表現したいやり方で撮影すればいいですよね!
【参考記事】:ガンプラ撮影ブースを100均グッズで自作した後カスタマイズ!あなただけの表現を見つけよう!

▼合わせて読みたい

ガンプラパーツ表面処理をSEL30M35マクロレンズで実況見分したら大事なことが見えてきたよ

ガンプラど素人が初心者に訴える!ゲート処理の白化は強い力が加わってできたワケだから丁寧にやればよさげですよ♪






スポンサーリンク