_0003_喜
ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


現在製作中のガンプラ「HGUC ユニコーンガンダム ユニコーンモード」
タグ>HGUCユニコーンガンダムユニコーンモード
IMG_20160911_172318

いくつかエッジ出しや面出しの記事を書いておりまして、さぞやキレイな仕上がりを施しているようにに書いてますけど、現実は全然たいしことないっす(笑)


実際のところ、道具は素晴らしいので効率は爆発的にあがりましたが、最後の仕上がりは自分の技術。まだまだ修行が必要なんですよね。


といことで、実際のパーツの仕上がり(エッジ出しとか面出しとか)はどんなもんか包み隠さずお見せしたいと思います(^_^;)


今回の目的はガンプラ初心者さんが


このおっさん、ガンプラ歴1年でこの程度かよ!俺の方が全然イケてんじゃん!


って思ってくれれば本望です!(笑)いや、マジで。




今回のメニュー踵のパーツエッジ出し面出しゲート処理

足の外側パーツエッジ出し面出しゲート処理

足の甲パーツエッジ出し面出しゲート処理

エッジ出し面出しゲート処理前後の比較

まとめ



今回使う道具ファンテック:超硬スクレーパー





踵のパーツエッジ出し面出しゲート処理


ガンプラ「HGUC ユニコーンガンダム ユニコーンモード」の足首パーツを超硬スクレーパーでエッジ出し+面出ししていきます。
DSC03365
DSC03793






ちなみに、「エッジってなによ?」という方はこちらの記事に解説みたいなのを書きましたので参考にしてくださいね。
▼参考記事


では、踵のパーツから。ゲート処理は超硬スクレーパーで慣れればサクサクできちゃいますね。
DSC03850

DSC03859

エッジ出しと面出し作業後の踵のパーツ・・・
DSC03892


超硬スクレーパーでサクサクとパーツは削れちゃうのでありますが、整えるのは自分の技術なワケで・・・


何もしてないパーツと比較してみると、まだまだ甘いなぁ~と実感。


足の外側パーツエッジ出し面出しゲート処理


次はこのパーツのエッジ出しと面出し。特に矢印のあたりは平面にしたい。

web-01

これも超硬スクレーパーでエッジ出し+面出し。あ~だこ~だとやりまして・・・
DSC03966

こんな具合になった。
DSC03989

これ、パーツが白いから目立ちませんが、エッジ出しが非常に甘い(^_^;)



足の甲パーツエッジ出し面出しゲート処理


そんで、足の甲のパーツもこうやってエッジ出しをやっていきます~。
DSC03998
 
こういうとき、超硬スクレーパーは非常にありがたい!
DSC03994
サクサクできるわぁ~♪


でもサクサクできるのをいいことに、適当にやってるもんだから、よくよくみるとエッジが曲がったりしちゃっます(-_-;) 


超硬スクレーパーとパーツの面を平行にするなど、注意してやらんといけませんね! 




エッジ出し面出しゲート処理前後の比較


エッジ出し面出し前と比較してみます。


左がエッジ出し面出ししたパーツ。右が何もしてないパーツ。
DSC04005
 
あんまり変わってねぇ!(笑) 


まぁよくよく見ると多少はできてるなぁ、程度(^_^;)


それに、エッジ出しがちょっと曲がったりしちゃってるしなぁ。



まとめ




こうやって画像で振り返ると自分の技術の未熟さがよくわかるわぁ。


そういう意味ではこういう振り返りは大事ですね。


それに「ちょっとしか変わってないなぁ」と思っても、全部のパーツを組んでみると全体的には「シュッ」としてたりしますからね。


こういう小さな積み重ねが全体像に影響してくるっ!はずですよね(笑)
▼参考記事

だから、未熟なりにもコツコツやっていきます!


ってことで、


このおっさん、ガンプラ歴1年でこの程度かよ!俺の方が全然イケてんじゃん!


って思ってくれました?(笑)いや、マジで。


ってなことで、今回の記事が参考になりましたならばシェアボタンをポチっていただけると、幸いです(笑)やっぱり、多くの人に読んでもらえると、嬉しいです(^^)


Twitterもフォローしてくれると嬉しいです(^^)
がく@oskgaku


▼その他のガンプラ初心者向け技術解説の記事





スポンサーリンク