DSC00679
_0000_楽
ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


ガンプラ塗装の際、ユニコーンガンダムやマーク2のようににボディが白の場合、白で塗装しますよね。


その時、下地としてグレーのサーフェイサーをパーツに吹いたんですけど、
グレーの上に白の塗料吹きかける
ってなことをしたので、
下地のグレーが透けてしまう!
ってことが起きてしまったんですよねぇ・・・。
DSC00374

その原因なんかについては前回のブログ記事に書きましたので参考にしてくださいませ。

この下地のグレーのサーフェイサーが透けないためには
白を重ねて吹く
というのが一般的だと思うのですが、もっと根本的な解決策を示唆してくれたのが、月刊ホビージャパンの2017年3月号の「きみにもできる!!鉄血のガンプラ製作法」 の記事!


今回はその解決策を試してみます!





今回のメニュー素朴な3つの疑問

疑問1)
白サフは傷のチェックができるのか


疑問2)
黒サフは傷のチェックができるのか?


疑問3)
黒サフ→白サフ→塗装って大丈夫?


まとめ



今回使う道具GSIクレオス:Mr.フィニッシングサーフェイサー 1500 ホワイト スプレータイプ

GSIクレオス:Mr.フィニッシングサーフェイサー 1500 ブラック スプレータイプ

ファンテック:超硬けがきニードル10°





素朴な3つの疑問



月刊ホビージャパンの2017年3月号の「きみにもできる!!鉄血のガンプラ製作法」 の記事を要約しますと以下のとおり。


・HGガンダムフラウロスのサーモンピンクのパーツを白に塗装する→白で重ね塗りしても成型色のサーモンピンクが透ける
※これが「HGガンダムフラウロス」です。


・サーモンピンクのような彩度の高いパーツを白に塗り替え塗装する場合、黒サフ→白サフ→白で塗装、ってやると発色の良い白になる



ということです。これ、超要約してますから、詳しくは月刊ホビージャパンの2017年3月号をどうぞ(笑)
2017年2月5日付けのAmazon「模型・フィギュア・プラモデルの雑誌 の売れ筋ランキング」では1位だったので読み応えは充分!わたくしも大変満足しております!


まぁ要するに、彩度の高い成型色のパーツに白を塗り替えてキレイに発色させたければ、
黒サフ吹く→白サフを重ねて吹く
のがよろし、ってことですね。


そんで、さらにこの記事から一部引用させていただきますと
「白いMSを製作するときは基本工作後に黒サフを吹いて傷をチェックし、白サフで発色というのが2017年のスタンダードになるでしょう。」
ということです。


総合的にいいますと、パーツが白いガンプラの場合、


黒サフで傷のチェックして、白サフでキレイに発色。


ということですね。


しかし、わたくし、ある疑問が浮かびました。


疑問その1)
いきなり白サフ吹いてはダメなのか?


ユニコーンガンダムとかは成型色が白(HGフラウロスのようなサーモンピンクではないよ)のパーツだから、黒いサフ吹かずにいきなり白いサフでもいいのではなかろうか?


まぁでも、普通に考えたら、成型色が白なんだから、白いサフだと、傷(スジ彫りやエッジ出しなんかも)のチェックができませんよね。白に白じゃ目立ちませんから。


でも、一応やってみないと気が済まない(^_^;)


もしかしたら、案外、傷のチェックできるかもよwww


疑問2)
黒サフで傷のチェックはできるのか?


っていうか、黒いサフだって、傷やスジ彫り、エッジ出しのチェックができないのでは?


黒って、黒だから暗くて見えなくね?www



疑問3)
黒サフ→白サフ→塗装って大丈夫?


そもそも、月刊ホビージャパンさんが仰っているような、白い成型色に、


黒いサフ→白いサフ→白い塗料


というのは効果があるのだろうか?


ってな3つの疑問を解消すべく、作業に進みま~す。


疑問1)
白サフは傷のチェックができるのか



検証用パーツとして用意したユニコーンガンダムの足。
DSC00509

これにはスジ彫りしてあります。
DSC00515

ちなみに、このスジ彫りはファンテックので「超硬けがきニードル10°」でやりました。
DSC07527

この「超硬けがきニードル10°」はHGの小さいパーツでも細くスジ彫りできるし、その他諸々なことにも便利なんで、ガンプラ初心者もひとつ持ってると重宝しますよ。っていうか、持っておいた方がいいw


その他にも、ゴッドハンドの「スジ彫りヤスリ」なんかも便利ですよ。



さて、このスジ彫りしたパーツ、エッジ出しはしてませんが、スジ彫りのチェックができれば、エッジ出しも大丈夫であろう(^_^;)


そして、この白いパーツに白サフを吹きますよ。


白サフは月刊ホビージャパン2017年3月号の「きみにもできる!!鉄血のガンプラ製作法」 で紹介されていた「GSIクレオス Mr.フィニッシングサーフェイサー 1500 ホワイト スプレータイプ」を使用します。
DSC00548


吹いてみた結果がこちら(料理番組っぽいなw)。
DSC00587

まぁ当初の予想どおり、成型色が白なんでね、あんまり変化がわからないですよね(^_^;)


とはいえ、肉眼だと、成型色よりもキレイな白になってるのは明らかです。


そんで、先ほど触れたとおり


白い成型色に白のサフ吹いたら、元が白なんだから、ちゃんと吹けてるかよくわからんだろうに


ってことですが、はい、そのとおりです(^_^;)


横着して、白い成型色のパーツに白のサフを吹くってのは、やっぱりムリがありますね。


一応、スジ彫りの具合とかはわかりますが・・・
DSC00586

これは白サフを吹かないときの状態とあまり変わりませんね・・・。


パーツ表面の細かい傷とかは、ちょっとわからないかな。


疑問2)
黒サフは傷のチェックができるのか?



さてお次はこちらも月刊ホビージャパン2017年3月号の「きみにもできる!!鉄血のガンプラ製作法」 で紹介されていた「Mr.フィニッシングサーフェイサー 1500 ブラック スプレータイプ
DSC00544



こちらも同じくユニコーンガンダムの足のパーツを用意しましたので、黒サフを吹いてみます。
DSC00528

結果がこちら(一応言わせてください、料理番組みたいじゃね?w)
DSC00599

あっ、なんかすごくいいかも♪


パーツの状態がすごくわかりやすい。


一応、違う角度からも。
DSC00612


黒サフでの傷のチェック


スジ彫りした跡も見えてますね。なんなら白サフで見えなかったような小さいな傷も発見できてます。
web_01

黒サフでもスジ彫りの具合、パーツの傷のチェックなんかはできますね。


でも、まぁグレーのサフの方がスジ彫り具合や傷なんかはわかりすいかな(笑)


疑問3)
黒サフ→白サフ→塗装って大丈夫?



さて、最後は黒サフ→白サフ→白の塗装ですが、まずは先ほどの黒サフ吹いたパーツの上から、白サフを吹いてみました。それがこちらです。
DSC00635

ちょい黒が透けてるようにも見えますが、それなりに白サフとしての役割は果たしてくれたかと。


まぁ正直なところ、スプレー缶の白サフについては、吹き方の技術も必要になってきますね。


実際のところ、黒になったパーツを白にするために、ちょいと厚めに2、3回吹き重ねてしまったので、パーツが厚くなってしまいました。
DSC00641

そして、この白サフに白の塗装をしてみますよ。


使うのはGSIクレオスからでている「ガンダムカラー UG01 MSホワイト」
DSC02449



これをエアブラシで吹きました。


しかし、エアブラシ吹くとき、ちょっと油断してまして、こんなことに(^_^;)

ちょっとしたパーツとかだと、段ボールの中に新聞紙入れてエアブラシ吹いたりしてるんですよ。


段ボールの中に埃がたくさんあったんでしょうなぁ。悲惨・・・。


皆さまも、エアブラシを吹く時は、環境に十分注意してくださいw
まぁ素直に塗装ブースでやればよかったんですけどね(^_^;)

ということで、塗装に関しては別パーツでやりました(笑)


▼まず黒サフ状態。
DSC00661

▼そんで、こちらが白サフ吹いた状態。
DSC00667

そして最後、白でエアブラシ塗装しました。わたくしとしては、キレイに発色できたなぁと満足(^^)
DSC00684

以前、グレーのサフの上から「ガンダムカラー UG01 MSホワイト」でエアブラシ塗装したガンダムマーク2と比較してみましたよ。
DSC00679

画像だとちょっとわかりづらいですねぇ(^_^;)


しかし、肉眼だと、明らかに今回の方が白の発色がいいのがわかりますよ。


まとめ



彩度の高いパーツを白に塗り替える、そして白いMSを白塗装するときについては、月刊ホビージャパンの2017年3月号の「きみにもできる!!鉄血のガンプラ製作法」 の記事どおりでしたね!


さすがは月刊ホビージャパンさん!(スリスリ)


その記事どおり、これからは
「白いMSを製作するときは基本工作後に黒サフを吹いて傷をチェックし、白サフで発色というのが2017年のスタンダードになるでしょう。」
ということですかね。


シャアザクとかパワードジムカーディガンみたいな彩度の高いカラーリングのガンプラは
黒サフ→白サフ→塗装




バンシィやケンプファーみたいな彩度の低いカラーリングのガンプラは
グレーサフ→塗装


というのがよさげですね♪


あと、繰り返しになりますけど、今回のは、あくまで
彩度の高い色のパーツを塗り替える
とか
白いガンプラに白を塗装する
ってときの話よ(笑)



ってなことで、今回の記事が参考になりましたならばシェアボタンをポチっていただけると、幸いです(笑)やっぱり、多くの人に読んでもらえると、嬉しいです(^^)


Twitterもフォローしてくれると嬉しいです(^^)
がく@oskgaku


▼その他のガンプラ初心者向け技術解説の記事







スポンサーリンク