ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


超音波洗浄機、パーツ洗浄にめっちゃ便利です!


ガンプラ初心者にもめっちゃオススメです!


今回は先に言いたいことをズバッといっちゃしました(笑)


ってなことで、今回はわたくしが購入した東芝超音波洗浄機「TKS-210」の使い方なんぞをご紹介でします~。
DSC04029
DSC04038

ガンプラ初心者の方々の参考になれば幸いです。





今回のメニュー超音波洗浄機TKS0210の概要

一度に洗浄できるパーツ量は?

超音波洗浄機TKS-210の使い方3手順

超音波洗浄機TKS-210の洗浄力がすげぇ!

パーツ紛失を防ぐ2重対策

洗浄終了後のパーツの状態は?

まとめ



今回使う道具東芝:超音波洗浄機「TKS-210」





超音波洗浄機TKS0210の概要



まずですね、超音波洗浄機が何なのか?とかなぜにこの東芝超音波洗浄機「TKS-210」を買ったのか?なんかについては過去の記事を参考にしてもらえればと思います。
【参考記事】:ガンプラパーツの洗浄ストレスから解放されたい!超音波洗浄機をいくつか検討して選んでみたよ!


さて、東芝超音波洗浄機「TKS-210」ですが、その洗浄機の実寸サイズなんかはサイトを見てもらった方が早いですね。
こちらが「TKS-210」のwebサイト
http://tlet.co.jp/pr/tks_210tw.htm


そんでこちらが「TKS-210」の使用表などのwebサイト(説明書がPDFでダウンロードできるのがありがたいw)
http://tlet.co.jp/pro_sonic/tks_210/index_j.htm


実際のサイズ感はどうか、ってことで500mlのペットボトルと並べてみました。
DSC04043
DSC04046

かなりコンパクトです。場所をとらないってのは狭い家に住んでいる身としてはありがたい(笑)


同梱物も一緒に並べてみましたよ。
DSC04052

同梱物は
1.洗浄かご
2.アクセサリーホルダー
3.DVD/CDスタンド

です。


まぁこのあたりの詳細は「TKS-210」のwebサイトをご覧いただければとwww


重さは説明書の使用表によると約1250gとのこと。


持ってみるとかなり軽いですよ。


ここまで、ちっとも自分の意見をいわず、「TKS-210」のwebに頼りきりなことには触れてはいけないwww



一度に洗浄できるパーツ量は?



コンパクトゆえ、一度に洗えるパーツ数はあまり多くないですね。


まぁ入るには入るのですが、ワリとぎちぎちになっちゃう。そうすると洗浄力落ちちゃうかな、という洗濯機と同じ発想(笑)


実際のところは超音波の洗浄なんでパーツをぎちぎちにいれても関係ないかも?ですけどね(笑)


「TKS-210」の説明書には一度に洗えるプラモデルのパーツ量は書いてませんから、そのあたりのことは正直よくわかりません(^_^;)



超音波洗浄機TKS-210の使い方3手順



使い方はホントにシンプル。手順は3つだけ。


1)水を「MAX」の線までいれる


2)パーツを入れる


3)タイマーをセットしてスタート


それで終わりですw


「TKS-210」の説明書には「洗浄のしかた」として9つの手順が記載されていますけど、それは説明書として超親切丁寧に書いてくれてますのでね(笑)


実際のところ、慣れちゃえば(まぁ慣れもいらないくらいです)手順は簡単です。


ではひとつずつ見ていきます。


1)水を「MAX」の線までいれる


いきなりですが、この水を入れるときor捨てるときの使い勝手がこの洗浄機の最大の特徴であり利点といえますね!


わたくし、これが気に入って買ったワケであります!


この洗浄槽と本体を分離できる構造、最高に便利です!
DSC03369
DSC03374

洗浄槽を外して洗面台まで持っていって水を入れる。
DSC03383


すっげぇ楽です!


「洗浄槽が分離できないタイプだって、ヤカンかポットなんかに水を入れて超音波洗浄機に水を入れればエエがな」、と思う方もいらっしゃるかもですね。


ただ、実際のところ、ヤカンだかポットだか用意しなきゃだし、洗浄槽に水を入れるときこぼしそうだし、それらを考えると、省ける手間は可能な限り省きたいですよね~。


あともうひとつの方法として、超音波洗浄機自体を洗面台とかに持っていく、ってな方法もありますね。


でも、コンセントついてる機器を洗面台に持っていって直接水を入れるのって、ちょい抵抗ないですか?(笑)


コンセント部分、濡らしたらやだなぁ、みたいな。


まぁともかく、洗浄槽を分離できるのは楽ですね、ってことで洗浄槽に水を入れました。
DSC04068



2)パーツを入れる


次はパーツをいれます。
DSC03198

ガンプラパーツですが、プカプカ浮いてきちゃって水面から顔だしちゃうんですよね(^_^;)


水面から浮いちゃってると超音波も届かない?だろうから意味ないですもんね。


なので本来は洗う対象物の下にいれて引き上げるための洗浄かごを上から押さえつけるようにします。
DSC03199

小さいパーツは洗浄かごを通り抜けて浮いてきちゃいますけど、まぁそれは仕方ないですね。
DSC03202



3)タイマーをセットしてスタート


さて、あとはタイマーをセットします。
DSC03185

タイマーの時間は秒数で
60/120/180/240/300秒
の5段階から選びます。


汚れがさほどひどくないようなら180秒で十分かと。







超音波洗浄機TKS-210の洗浄力がすげぇ!



わたくし、このパーツ洗浄しているHGユニコーンガンダム、そこそこにエッジだしやら面だしやらやりました。
【参考記事】:バンダイエッジを削りたいガンプラ初心者に試してほしい超硬スクレーパーによるエッジ出し3手順


そんで、ざっとではありますが、ファンテックの「磨き・ケバ立ち取りブラシ」で削りカスを落としております。
DSC05970
DSC06671


【参考記事】:スジ彫り彫った後の処理って何気に難しくない?というあなたには「磨き・ケバ立ち取りブラシ」がオススメ!


なので、あんまり超音波洗浄機やる意味ないんかなぁ、なんて思ったり(笑)


超音波洗浄機やったところでさほど削りカスとか取れないんじゃないか、みたいな。


みなさんもそう思いませんか?(笑)


っなことですが、まぁやってみます。


タイマーを180にセットしてスタート!
DSC03185

終わるときは特にブザーがなるワケでもなく、洗浄の音が終わるだけ。シンプルでよい(笑)
DSC03187

さて、確認してみます。全体的には水が激しく濁っている、というワケではないですが、ちょっと濁ってますな(画像だとわかりづらいですけども)
DSC03204

まぁパーツたちは、手作業でそれなりに削りカスをとりましたからねぇ。


むしろ、削りカスなんてあるのかしら?


そう思った奥様方、ホラ、見て見て、水面をよ~く見て!


削りカスが結構浮き上がってます!
DSC03207
DSC03209

削りカスはほとんど取れないと思ってた奥様方、どうです?取れるもんでしょう(笑)


うわぁ~すご~い(という観覧席の声をイメージでw)


っていうおふさげはともかく、実際マジで細かいところまで削りカスをとってくれてるんですよ。すげぇ、のひとことw


パーツを超音波洗浄機に入れてスイッチ押すだけで、細かいところに入った細かい削りカスがこんだけとれるんですからスゴイ!!


これ、手作業で歯ブラシなんかで一生懸命やってたときが懐かしい(^_^;)


中性洗剤について


超音波洗浄機での洗浄は中性洗剤を2、3滴たらしたりする、というのもありますが、この「TKS-210」の説明書にはそのやり方は記載されていませんでした。


ということで、わたくしは中性洗剤は特に使ってません。


中性洗剤使わずとも、十分削りカス落ちてるし、パーツ表面もキレイになりますよ。



パーツ紛失を防ぐ2重対策 



さぁ終わったらパーツを取り出すワケですが、どうするかと言いますと、わたくしのやり方をご紹介。


まずは100均の「V字型シンク排水口用フィルター」を用意。
DSC03167

さらに、排水口用の水切りネットをかぶせます。
DSC03172

そして、洗面台に移動しまして、洗面台のフタをしておきます。
DSC03173
DSC03175

超音波洗浄機の洗浄槽を外して、「V字型シンク排水口用フィルター」に流します。
DSC03213

これであれば、小さいパーツが流れていってしまうこともありません。


もし仮に、「V字型シンク排水口用フィルター」からパーツがこぼれおちても、洗面台のフタをしているので発見できる、という次第。


パーツを失くさないための対策を2重に施してます(笑)素晴らしい危機管理能力(笑)


最後は軽くすすいで終わりです。



洗浄終了後のパーツの状態は?



ということで、こちらが洗浄したパーツ(一部)。
DSC03278

パーツ表面もキレイになってます。手の脂なんかがついてたんでしょうねぇ。
DSC03284

パーツの汚れなんかは中性洗剤を2、3滴入れればさらに落ちそうですね。

中性洗剤じゃなくて、プラモデル用の洗剤的なのないんかなぁと調べていたら、ホビーツール用としてこんなのもありました。


こりゃよさげだ(笑)今度ポチってみようかなぁ。


削りカスは十分とれてますね。
DSC03293



まとめ



この東芝超音波洗浄機「TKS-210」、パーツ洗浄として買って本当によかった(^^)


超音波洗浄機は高価なモノから安価なものまでたくさん種類あるんですよね。

参考:Amazon.co.jp: 超音波洗浄機: キッチンストア”超音波洗浄機”


ジュエリー洗浄機とかでこんなのもあったりします(笑)


まぁわたくしのガンプラ製作にここまでのモノは求めていないので、ここまで高価である必要はないのですが、かといって、安価すぎるのもちょい不安。


安価なモノって、安価の意味がありますからね。まぁそのあたりのことは43歳になればよくわかってくる(笑)


わたくしが今回購入した東芝超音波洗浄機「TKS-210」はちょいお高め。


以前の超音波洗浄機の記事で洗浄力のことも書きましたけど、「TKS-210」よりも安くて洗浄力は同じ、ってなブツは結構あったりしました。


「TKS-210」は洗浄槽が分離できる分だけ製作のコストがかかってるでしょうから、お値段がちょいお高いのは仕方なし、かとは思います。しかし、この使い勝手を考えると、全然ちょいお高めじゃない!!(笑)


だって、超音波洗浄機「TKS-210」はこれから何度も使うワケで、そのときに要する労力軽減考えたら超ありがたい構造!!


それに、洗浄槽が分離するから、お手入れと片付けが楽だったりします。


東芝超音波洗浄機「TKS-210」は長い付き合いになりそうです(^^)



ブログ記事が参考になれば幸いです(^_^)シェアは以下のボタンからお願い致します。



スポンサーリンク