web_01

ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


みなさん、ガンプラ、積んでますか~?(笑)


もう5月に入って、暖かいどころか暑い!そうすると、行楽シーズンでみんなお出かけ。ってことで、やってきましたヨドバシAkiba!
DSC04992

行楽シーズンってこともあるのでしょうか、ヨドバシAkibaガンプラコーナーはいつにも増してめっちゃすげぇ人だかり。


そうすると、必然的に出会っちゃいますよね、ガンプラを積む(買う)ストーリーに(笑)



マダムなママと息子に出会った~



週末土日の昼間ってのは、ヨドバシAkibaのガンプラコーナーは家族連れ、子供連れが多いんですよ。まぁ当たり前かw


そんで、家族連れで意外と多いパターンが


マダムなお母さん+息子


ってパターンなんです。


「マダム」ってのがポイントね(笑)


マダムなお母さんってのは、まぁなんていうのかな、イメージ的にはユニコーンガンダムでいうと、「マーサ・ビスト・カーバイン」みたいなね(笑)

【参考webサイト】:キャラクター|機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096


そんで、息子はのび太くん的な。


気の強そうなマダムなお母さん
気の弱そうな優しい息子



っていう組み合わせ。


もっとも、いちばん多いのは
お父さん+息子
ですがね。


このお父さん+息子パターンの話しは過去記事で書いてますからよかったら、どぞw

【過去記事】:秋葉原で出会った特殊なガンプラ少年

【過去記事】:ガンプラHGシリーズの番号を巡る攻防!普段の行いがよければガンプラはある?!


今回はパパと息子、ではなくママと息子、なパターンのガンプラ積みプラの攻防です(^_^;)



おっさんも見たいガンプラはガンダムシュバルツリッター



週末昼間のヨドバシAkibaガンプラコーナー、もう人が多すぎて、ガンプラを物色するのも一苦労。


わたくしは今回、どちらかといえば物色するのは道具がメイン!


でも、やっぱりこんだけガンプラあると積みプラを煽られますよね(^_^;)


道具も物色しにきたとはいえね、一応手にとってみたいガンプラがあったんです。


「ガンダムシュバルツリッター」、見てみたいよね~。


いや、積むとは言ってない、一応手にとってみたいじゃないですか(笑)


まずはね、手にとってね、眺めてね、そのときピンときたら、まぁ積むこともあるかもですよね(←結局積むんかい!)


しかし、「ガンダムシュバルツリッター」、売り場のどこにも見あたらないのよね・・・。どこにあるんやぁ、と徘徊しておりますと、典型的なマダムなママと息子に出会いました。


お母さんはもうホントに「マーサ・ビスト・カーバイン」的雰囲気(笑)


まぁかなり若いけどね。アラフォーのわたくしよりかなり若い。教育熱心!っていう雰囲気がすごい(笑)


息子、もうホントにのび太くんw。メガネが大きい!まだ小学2年生くらいでしょうか。


絵心ないわたくしでも描けちゃうような、イラストで描けそうな典型的パターンよ(笑)


さて、この親子、わたくしの真後ろでモメはじめました。まぁガンプラ売り場では超絶よくあるパターンですけどね。


お母さん:「あんたね、いい加減に決めなさいよ。どんだけ見れば気が済むのよ」


息子:「・・・・・・。」


息子、お母さんの言葉に焦りを感じつつもめっちゃガンプラ物色してます。ここでは息子さんを仮にタカヒロくんとします(実際はお母さんはめっちゃ息子の名前連呼してたけど、まぁ一応仮名でw)。


まぁホントによくある光景よね。


タカヒロくん、お母さんに好きなガンプラ買ってもらえるといいね~、なんて太平洋挟むくらいの対岸の火事で呑気にその光景を見ていると、手には2つのガンプラ。


ひとつは「ウイングガンダムゼロ炎」
DSC04990

そしてもうひとつは「ガンダムシュバルツリッター」


ほほっ~、お子様にしてはナイスなチョイスやな。新発売のガンプラ情報なんかもしっかりキャッチしとるやないかい。やるねぇ。


お母さん:「あんたね、2つはダメよ。どっちかよ」


そらそうよw。キミはまだ見た目小学2年生そこそこ。そのトシで積みプラなんて高等テクニックをやろうなんざカツがユニコーンガンダムに乗り込んじゃうくらい早いよね。

※カツが出てくるZガンダムが好きな方はこちの記事もよかったどうぞw
【過去記事】:アラフォーに聞きたい!30年前ガンダムマーク2を初めて見たとき衝撃的なかっこよさだったろ?!


ってか、ひとさまの親子のモメごとを呑気に見てる場合ではない。わたくしも「ガンダムシュバルツリッター」を手に取って見てみなくては。


ってか、「ガンダムシュバルツリッター」、どこにも置いてないぞ・・・。新発売のハズだからデデンと置いてあるかと思ったのだが・・・。


まさか・・・品切れ?!大人気のため品切れ?!いや、可能性としては、なくはない!


ツイッターのタイムラインを見る限り、Zガンダムのときのような賑やかさはなかったが、「ガンダムシュバルツリッター」もそれ相応の話題性はあったから、店頭に置かない、ということはない。


いや、待てよ。逆にそういうガンプラだから、店側もさほどの数は仕入れておらず、いざ店頭にだしたら午前中で完売、ってパターン?!いやまさか・・・。


焦りを感じつつ(積む予定ないなら別に焦る必要なくねw)店内を徘徊しまくるアラフォー。悪魔城ドラキュラの主人公キャラが画面を右往左往する姿を思い出す(笑)


もしや、この棚のこの空きスペース、ここに「ガンダムシュバルツリッター」があったのではあるまいか!!
DSC04991

となると、もしやさっきのお子様、タカヒロくんが持ってたのが最後の1個??


マ、マジか~~。


あいつ、もう買ってやしないだろうな!


対岸の火事どころか、ドリンクバーのドリップコーヒーがオレの前でちょうどなくなったやん!レベルに発展。第1戦闘配備!索敵班急いでよ!



典型的なガンプラ売り場の母子のやりとり



ふと周りを見回すと、タカヒロ少年は2つのガンプラを持ったまま、いまだに徘徊している様子。


お母さん:「よくこんだけ飽きもせず、ウロチョロできるわよね~、ったく~」


タカヒロくん、お母さんのいうとおりだ!まずはその「ガンダムシュバルツリッター」を棚に置きなさい!そんで、よいところのおっぼちゃまらしく、PGシリーズでもねだりなさいw


おっさんはね、キミがその「ガンダムシュバルツリッター」を棚に置いたら速攻でその「ガンダムシュバルツリッター」を奪取するつもりだ!(笑)
どれくらい速攻かというと、承太郎がダニエル・J・ダービーのスキをついて、スタープラチナでジュースを運んできたくらいの速攻だ!


大人気ないと思われても、オレは構わん!(笑)


だって、とりあえず「ガンダムシュバルツリッター」が見てぇんだよ!(積むとは言ってないから)


しかし、タカヒロくんは一向に「ガンダムシュバルツリッター」を置く気配がない・・・。


むしろ、状況が悪化しているご様子。


お母さん:「あなたね、本当にもうそろそろいい加減にしないさよ!さっきからいくつもいくつも選んでは置いて選んでは置いて。もうどんだけここグルグル回ってると思ってるの」


あっ、お母さん、マジ怒り入りました(^_^;)


タカヒロくん:「だって、ボクの欲しいガンプラだすたびに、お母さんが却下するから・・・」


タカヒロくん、めっちゃ泣きそうやん。でもその前に「却下」って言ったの、ちょっと引っかかったね~。


子供にしちゃあずいぶん難しい言葉知ってるね。


お母さん、教育ママって感じだし、タカヒロくん、めっちゃ勉強してそうだもんね(笑)


お母さん:「もう決まらないなら今日は帰るわよ!」


タカヒロくん:「まって!!もう少しだから!!」


お母さん、待ってあげてつかあさい、もうちょっと待ってつかあさい、この子、ちゃんと選べる子ですから!(笑)


しかし、お母さん、マジで帰り支度始めるパターンになってます。


タカヒロくん:「まって!本当にもう決めるから!」


うわ~、子供の時、めっちゃこういうシーンあったわぁ(^_^;)


お母さん、イライラしてもう帰るパターン(笑)


お母さんもストレスたまってるのよね、ってことがアラフォーになってわかったw


タカヒロくん、めっちゃ窮地やで!おっさん、マジで助け舟だそうかと思っちゃうレベルになった瞬間、タカヒロくんに心強い援軍到着!


お父さん:「どうだ、ガンプラは決まったのか?」


お父さん登場(笑)



お父さんが息子の窮地を救う



お父さん、めっちゃ優しそうやん。もう典型的なマスオさんやん(笑)


お母さん:「あなた聞いてよ!タカヒロ、まだ決まらないのよ。30分以上はここにいるのよ!」


30分だったら、まぁアラフォーおっさん的には標準なレベルでけどね。


お父さん:「まぁいいじゃないか、全国模試でランキングに入ったら好きなガンプラ買ってやるって約束したのはお前だろう?」


ええ~~!!全国模試でランキング入っとるん!!??タカヒロ、おまえすげぇな!!そりゃあ「却下」って言葉も使うわな。


ってか、そのトシで模試とか受けるんか??!!おっさんがタカヒロくんのトシの頃なんか「模試」なんて言葉使ったことないよ。


中学生になってから「もしもし、明日、もしかしたら模試かもしれませんけど、もしものことを考えてもしもボックス用意してもらえません」という恐ろしく下らないダジャレを同級生と言い合うレベルでしたけどね。


その模試を受けてるんかいなぁ。すごい!そりゃぁガンプラ買ってもらっても罰はあたらん。


お母さん:「確かに買う約束はしたけど、無制限に迷っていいなんてことは言ってないわ」


うわぁ~オカンってこういうおもちゃ買ってくれるときって、ワケのわからん屁理屈いいだすよね(^_^;)


お父さん:「そりゃあスジの通らないロジックだよ。事前に時間に対する制限を提示してないのに、自分が都合悪くなったら自分の有利になる条件を提示するなんてのはさ」


契約交渉かよ!(笑)


まぁお父さんの言ってることはごもっともだけどね。


お母さん:「まぁそうなんどけも・・・でも、いくらなんでも時間かかりすぎよ」


お父さん:「まぁそうだなぁ、おばあちゃんもタカヒロ来るのを今か今かと待ってるだろうから、あと15分くらいでどうだ?タカヒロ!」


タカヒロくん:「うん、わかった!!」


お父さん:「じゃあパパとママはここで待ってるから好きなガンプラ探しておいで」


タカヒロ:「うん!」


タカヒロくん、めっちゃ全力疾走やん(笑)まぁ普段ならガンプラコーナーで走ってるガキ、いや子供を見るとレッグラリアートを喰らわせてやりたい、なんてミリ単位も思ってませんよ、ええ、ともかく今日は暖かく見守る。


でもね、タカヒロくん、「ガンダムシュバルツリッター」、棚に置いていってくれないか?いや、マジで(笑)



おっさんの胸を突き刺すママの発言!



残されたお父さんお母さん、わたくしの後ろでめっちゃ家族会議始めました(ゆっくりガンプラ見たいんですけど)。


お父さん:「今回のガンプラは別予算で好きなの買ってやるって話だったろぉ。好きなの選ばせてやれよ」


予算って(^_^;)


お母さん:「私はね、予算とか値段の話をしてるんじゃないの。タカヒロの優柔不断すぎる性格の話をしてるの。このまま大人になったら、いつまでも決断できない大人になるわよ」


お父さん:「もうさ、優柔不断ってのは生まれついてのパーソナリティなんだから、ガラっと変えるのは難しいよ。人間なんて考え方は変えられても、性格なんてものは変わらないなんだから」


お母さん:「優柔不断なところ、あたなにそっくりね。わたしたちの結婚式の式場選びのときだって・・・」


お父さん:「だから、もうそれはいいだろうよ」


いや、お父さん、むしろその話、じっくり聞きたい(笑)


お母さん:「しかも、タカヒロが最初に選んだガンプラ、これよ」
DSC04984

HGのクシャトリヤか~(^_^;) 


小学2年生くらいのタカヒロくんには、ちょいとハードル高いかな(笑)


お母さん:「こんな大きなガンプラ、タカヒロに作れるワケないじゃない」


お父さん:「いいじゃないか、本人が欲しいっていうなら」


お母さん:「だってね、こんな大きなガンプラ買ったって、どうせ作れなくなって本棚の上かなんかに積どくだけになるのよ。ガンプラを積どくなんて意味ないでしょ!」


ドキっ!!


お母さん:「ガンプラってのは作るモノなんでしょ?積んでるだけだったら買わずにいた方が家の中に余計なスペースが生まれなくていいでしょう!」


ドキっドキっ!!!!!


いまなんか、胸に刺さった(笑)


いや~本気で耳が痛い。お母さん、アラフォーなわたくし、積んでるだけですみません。
DSC02561

お母さん:「わたし、タカヒロにそれはダメっていったら次何持ってきたと思う?コレよ!」
DSC04985

HGのクシャトリヤ・リペアードかよ(^_^;)


お母さん:「なんで続けて大きいガンプラ持ってくるのよ~。普通大きいのがダメだったら次は小さいの持ってこない?」


あっ、そっち?大きさですか(笑)わたくしはてっきり同じガンプラを持ってくるな、という部分かと。まぁ実際は違うガンプラですけども。


お父さん:「ふ~ん、この2つって、同じ機体なんじゃないの?装備が違うだけで。だから大きいんじゃない?」


お母さん:「そんなのどうでもいいのよ!だいたい何よガンダムって!こんな大きな機体開発するならもっと別なモノを開発した方がよっぽど自国に有効だわ!」


自国ってどこよ(笑)お母さん、急にガンダムをディスり始めましたな(^_^;)


お父さん:「これってアレだろ、ミノフスキー粒子とかいうやつを空気中に散布すると電波とかの電子信号が使えなくなるんだろ。そうするとレーダーとか使えなくなるから敵に近づきやすい人型の機体が必要になった、ってやつ」


お母さん:「あ~も~そういうロシア料理みたいなワケのわからん単語はどうでもいいのよ。大体ね、ウチのブルーレイレコーダーだって電源ボタン押してから起動するまですごい時間かかってるんだから、こんな複雑な機体なんてね、電源ボタンおしてから動き出すためにすごい時間かかるに決まってるんだから!」


なにその独自な発想!!(笑)お母さまは理系出身かはたまたエンジニアですか?(笑)お母さん、クセがすごい!(←最近気に入ってるw)


お父さん:「そういえば、ガンダムの機体のOSを戦闘中に書き換えちゃう話あったよなぁ」


お父さん、それ、ガンダムSEEDです!!(笑)お父さんもひとつどうですか?
【過去記事】:MGバスターガンダムはガンプラ初心者でも作りやすのでオススメ!上半身だけ素組みタイムトライアル!


お母さん:「なにそれ、超人じゃない」



まぁある意味では超人ですよね、彼は(笑)



ママ党か?パパ党か?



この後3分間ほど、よくわからん家族会議は続きまして、お父さんは電話がかかってきてどこかに行ってしまいました。


そして、お母さんは、ずっとクシャトリヤの前でタカヒロくんを待ってる模様(^_^;)


わたくしはこの間、ずっとガンプラコーナーを徘徊してたのでありますが、お母様がずっとクシャトリアの前で立ってるものですから、まぁその、ハッキリ言って、邪魔でした(笑)


ほどなく、タカヒロくんはガンプラを決めたようで、お母さんのところに戻ってきました。やっとクシャトリア付近のガンプラ見れるわ。


お母さん:「はいはい、決まったのね。好きなの買いなさい。もうパパもタカヒロには甘いんだから。タカヒロもパパにすぐ甘えちゃうんだから。パパ党ね。ママはいつも野党よ。」


お母さん、すんげえ皮肉の表現持ってきましたね(^_^;)タカヒロくんにはまだ政治の話早くね。


タカヒロくん:「ボク、パパもママも好きなの。だからみんなの党!」


キュンとしたじゃん(笑)いまおっさんの胸に何か刺さったよ。すんげぇキュンとしたじゃん。


お母さん:「あら、うまいこと言うわね。おだてたって何もでないわよ。うふっ。まぁいいわ。買いたいガンプラに案内してちょうだい。」


タカヒロくん:「うん!!!」


お母さん、ホントはめっちゃ嬉しいちゃうん?(笑)


お母さん:「あと、みんなの党って今ないけど誰が立ち上げていつ終わったか知ってるの?」


タカヒロくん:「えっ、みんなの党っていう政党あったの?」


その会話、なんかホっとしたよ(笑)


でもね、結局ね、この親子は仲良いと思うのよね~。タカヒロくんは将来、なんだかんだでママみたいな気の強い女性を好きになるような気がするw


それと、タカヒロくんに言いたいことがある。「ガンダムシュバルツリッター」、新作コーナーにめっちゃあったわ(笑)
DSC04980

おっさん、視界狭いから新作コーナーにあった「ガンダムシュバルツリッター」見落としてたわ。


たぶんこれ、新作コーナーのカドにあって、かなり売れてたから、積んでる「ガンダムシュバルツリッター」の段が低くなってて見えなかったのね。


これが
DSC04980

こうなってるからね(笑)
DSC04989




まとめ


最後、レジの折り返しで、この親子にすれ違った。


お母さんの手にはガンプラが。よかった!買ってもらうことになったんだね。大きさ的に普通のHG。まぁそれでいいと思うよ。何を買ってもらうのかしら。すれ違いざまに見れるかな(笑)


お母さん:「今日おばあちゃん家で晩御飯何がいい?」


やっぱり普通の親子。ほほえましい光景ですね~。


タカヒロくん:「肉を所望します」


何?!いまなんと?!まさか・・・
DSC04982

モビルレギンレイズ(ジュリエッタ機)!



もう気が強いどころか、新しいギャラルホルンの担い手やん。悪魔の首を取った凛々しき女騎士やん(笑)


ブログ記事楽しんでいただけたら幸いです(^_^)シェアは以下のボタンからお願い致します♪




スポンサーリンク