eyecatch-20170920-2

ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


ガンプラの武器って、作る時に既に心が折れてません?わたくしは折れてる事多々あり(^_^;)


まぁガンプラの武器は最後に作ることが多いだけな話なんですけどね。


もしくは、あんまり武器に対して思い入れがないとか(笑)


ということで、今回製作している「HG局地型ガンダム」は早めの段階で武器に着手してます。

しかし、ガンプラの武器ってのは細かいところが多くて加工や合わせ目消しがムズイから、どうも苦手っていうガンプラ初心者さんは多いはず。


わたくしもそうだったんですけど、ガンプラ製作の道具を揃えていくうち、やれることが増えてきたので、最初の頃よりは苦手意識がなくなってきました!


むしろ、武器の製作が楽しくなってくるくらいでさぁ!


ということで、今回は道具を揃えると武器の製作楽しくなってくるよ、っていうガンプラ初心者以外の方々にはクソみたいにどうでもイイ話です(^_^;)


ってなことで、今回もいつも通り、ガンプラ初心者の方々の参考になれば幸いですm(_ _)m



ガンプラ武器製作のために駆使した14の道具たち



今回のマシンガンは「HG局地型ガンダム」のモノ。
eyecatch-20170827-2
【過去記事】:HG局地型ガンダムは90分で素組み終了したけどレビューするよ!


「HG局地型ガンダム」の武器であるマシンガンを製作するにあたって使った道具ですが、こちらです。
DSC08140-1

めっちゃ多いですよねぇ(^_^;)


よくもまぁこんだけ揃えたもんだ。


この道具たちの一覧は以下の通り。
DSC08140

①ファンテック:スジ彫りカーバイト0.1mm

②ファンテック:超硬スクレーパー

③ハイキューパーツ:リタックスティックハーフ
※リタックスティックハーフはさらに半分に切りまして、紙ヤスリの400番600番1000番をそれぞれ貼り付けてます。

④スジボリ堂:ハンディ鉄ヤスリ 二代目 鬼斬 細目

⑤ゴッドハンド:神ヤス スポンジ布ヤスリ(400番600番)

⑥ファンテック:磨き・ケバ立ち取りブラシ

⑦ゴッドハンド:エッジ出しヤスリ

⑧スジボリ堂:木の板に貼り付けたヤスリ

⑨スジボリ堂:BMCタガネ(0.2mm 0.6mm)

⑩タミヤ:ドリル刃

⑪ゴッドハンド:スピンブレード(1mm)

⑫ハセガワ:モデリング ソー スクライバー (模型用けがきノコギリ)

⑬スジボリ堂:微美鬼斬 四角

⑭上野文盛堂:Y201 精密ヤスリ 平



決して積んではいない道具たち


積みプラ同様、よさげな道具があると、積み道具してしまう次第。


いや、でも、この道具たちは使ってるワケだから「積み道具」でなないよね。


こんだけ道具あると、たいていの事は出来るワケで、あとは技術(←これがいちばん問題だ)


これらの道具をどうやって使ったか、というのを全部紹介するのは、わたくしの心が折れるので、一部を紹介していきます~。



ガンプラの武器の合わせ目消し作業がムズイ!



まず、武器にも合わせ目はあるワケですから、合わせ目消しをやっていかなアカン。


最近のガンプラは、武器の合わせ目がだいぶ減りましたけど(←バンダイの技術ってすごいよね!)それでも多少はありますからね。


今回の「HG局地型ガンダム」の武器であるマシンガンの合わせ目消し、これは「Mr.セメントSP」を使ってみました。
eyecatch-20170917-2

ガンプラ初心者でも、ワリと簡単にムニュっと出来ますからね。
【過去記事】:ガンプラ初心者の合わせ目消しにMr.セメントSPが最適な2つの理由



しかし、この「Mr.セメントSP」は速乾ということで、合わせ目に流し込んだ直後から速攻で揮発していくので、武器の合わせ目全体に流し込んでムニュ、というのはムリ!


こうなると、部分的に流し込んでムニュ、とやりたいところですが、武器ってのはたいていは長いワケですから、一部をムニュとやったら、他の部分はもうすでに合わさってしまってますがな(^_^;)


そうなると、「Mr.セメントSP」を流し込む隙間は、もうない・・・。


「Mr.セメントSP」の速乾が凄すぎて、ちょっと待てちょっと待てお兄さん、的なラッスンゴレライになるのは私だけでしょうか・・・。



武器の合わせ目消し接着剤は今後の課題


ってなことは、ガンプラの武器の合わせ目消しの場合、「黒い瞬間接着剤」の方が良いのだろうか?
DSC05908

しかし、「黒い瞬間接着剤」はどうしても盛り過ぎてしまいがち、かつ、削るのが大変・・・。
【参考記事】:ガンプラの合せ目消しを初心者にもできる簡単な5工程にまとめたよ!


となると、ノーマルな瞬間接着剤が良いのだろうか・・・。


いや、普通に接着剤で、ムニュっとさせて、乾燥させるのがよいのか(1週間くらいは乾燥させたいので時間はかかるが)。


このあたりは、今後も研究が必要だ(笑)


ちなみに、合わせ目に「Mr.セメントSP」を流し込むために、ダボ処理もキチンとやりました笑い
DSC08030

【参考記事】:ガンプラ初心者の合わせ目消しにMr.セメントSPが最適な2つの理由



ガンプラの武器の整面に便利な道具たち



今回の「HG局地型ガンダム」の武器であるマシンガンは、どうにか「Mr.セメントSP」でのムニュができました(笑)
DSC08052
DSC08053

しかし、まぁどうしても、余計なところに接着剤が流れ込んでいきますよね(^_^;)


そうなると、そういうところも削っていかないいけない。


とりあえず、簡単なムニュなところとか、ゲート処理してないところから削っていきます。
DSC08067
DSC08069



ガンプラ武器製作にデフォルトで必要な道具たち


おっと、冒頭で書き忘れましたけど、ガンプラ武器製作において、スタンドルーペ 拡大ルーペとパーフェクトバイス1号はデフォルトで必要かと(^_^;)
DSC00328
【参考記事】:【ガンプラ初心者用】スジ彫りは道具があればうまくいく!最初に揃えるべき必須3アイテム!



DSC00123
【参考記事】:ガンプラ初心者こそスジボリ堂パーフェクトバイス1号を使うべき2つの理由


スタンドルーペはパーツを拡大してみるためには絶対必要!(←特に44歳のおっさんには必須w)。


さらに、パーフェクトバイス1号はパーツを削る際、固定するのに絶対必要!(←ガンプラ初心者がひとつレベルの段階あがるのに必須w)。



ガンプラの小さい面に便利な道具たち


面積の広いところは、ゴッドハンドの「エッジ出しヤスリ」で削っていきます。これであればゲート処理も整面もエッジ出しも全部同時にできちゃう優れもの。




DSC08080


すでに持っている「ハンディ鉄ヤスリ 二代目 鬼斬 細目」でも良いのですが、これは細目ではあるのですが、武器なんかの小さいパーツの小さい面とかにはちょい不向き(削りすぎちゃう)。
eyecatch-20170730-2
【参考記事】:ガンプラ初心者の上達への近道にオススメ!スジボリ堂の道具3選!


逆に、ちょいと大きなパーツ面であれば、面出しがあっという間にキレイに終わる最強ツールさんですよ!MGのガンプラなんかには重宝しそう。


「エッジ出しヤスリ」なんかでムニュ部分が削れないところは、もはやお馴染みすぎるファンテックの「超硬スクレーパー」で削ってあげますよ。
DSC03365
DSC03445
【参考記事】:【ガンプラ初心者用】超硬スクレーパーはエッジ出し面出しのキレイ仕げがサクサクできる救世主ツールだよ!



その後の整面やエッジ出しなんかは
上野文盛堂の「Y201 精密ヤスリ 平」とかで!
DSC06110
DSC06114

さらに、スジボリ堂の「微美鬼斬 四角」なんぞも使ったりしてますよ。
DSC07357
DSC07358



あとはスジボリ堂の「木の板に貼り付けたヤスリ」とか、ゴッドハンドの「神ヤス スポンジ布ヤスリ」なんかも使っていきます。
DSC07104
【参考記事】:MGデルタプラスのゲート処理に抜群の効果を発揮したスジボリ堂木の板に貼り付けたヤスリ!


DSC05919
【参考記事】:【ガンプラ初心者用】やすりがけが劇的に楽しくなる!スポンジ布ヤスリ3つのメリット!

「木の板に貼り付けたヤスリ」「スポンジ布ヤスリ」も自由な形にカットできるからありがたい。



ガンプラ武器の埋まったモールドを彫りおこす道具たち



埋まってしまったモールドなんかを彫りおこすときは、これまた恒例のファンテックの「スジ彫りカーバイト」やスジボリ堂の「BMCタガネ」なんかで彫りおこしてあげます。

刃幅が細い(0.1mmとか0.2mm)のがあると便利ですね。


こういう丸いモールドは、まずはタミヤのドリル刃でちょいと穴をあけまして、その後にゴッドハンドのスピンブレードで彫った底面を整えたりします。
DSC08101
DSC08102
【参考記事】:今まで困っていたエッジ出しの救世主アイテムにスピンブレードを推す3つの理由



ガンプラ武器にサフを吹いて状況確認



たくさんの道具たちを駆使しまして、合わせ目のムニュなんぞを削ったら、進捗具合を確認するためにスプレー缶のサーフェイサーを吹いてみましたよ。
DSC08142

サーフェイサーはいつものGSIクレオスMr.フィニッシングサーフェイサー 1000 グレー
surfacer-1000

サーフェイサーを吹くと、状況がよくわかりますが、合わせ目が残ってたりとかしますねぇ。
DSC08145
DSC08151
DSC08148

ちなみに、サフについてはタミヤのもよさげ、的なのをフォロワーさんから教えていただきました!
貴重な情報、もうホントにありがたいです!感謝!

そんで、ここなんかは、サフで埋まっちゃいました(^_^;)
DSC08150

埋まってない合わせ目は、黒い瞬間接着剤で埋めるしかないかなぁ、とか対策を講じることができますね。



まとめ



こうやって揃えた道具たちを見ると、もうなんていうんですか、「釣り○カ日誌」の社長さんを思い出しちゃいますね(^_^;)


道具だけはイイやつ揃えてる、みたいな(^_^;)いや、もうマジで。


でも、ホラ、釣りの場合はイイ道具を揃えてもさ、釣れないときは釣れないワケですが、ガンプラの場合はそれなりに結果を出してくれまさぁ。


まぁ、とはいえ、道具を使うのは人間なワケで、上手く使いこなせないと、意味ないよね(-_-;)


でもね、おっさんになるとさ、仕事もしているワケで、家事もしているワケで、道具でガンプラ作業が時短できるなら、そこにお小遣いを投資をしてもいいかな、と思うワケで、父さん、富良野は今日も寒いワケで・・・。


_0011_普通

嫁:「もしや今回の記事、道具を買いすぎてることを晒して贖罪してるつもりなの?あとなんで急に父さんと富良野なの?」


_0004_困惑
がく:「いや、決してそんなことはないワケで、今後は積みプラも積み道具も控えたいと思っている所存なワケで、富良野には行ったことないワケで、いやあんた、北の国から知らんの?そういう世代あらわれたことにおっさんビックリ!富良野といえば20年くらい前、地元のやつが転勤になって遊びにいったことあったな。そいつはいま支店長になってるよ、いや~すごいよね(←もっとも得意と自負する話はぐらかし戦法!)」


_0011_普通
嫁:「五郎さんは富良野にいるんだろうから、富良野の状況を報告する意味、なくね?恐ろしく下手くそな話はぐらかし戦法が終わったならば、資源ゴミだしておいてね」



_0004_困惑
がく:「・・・・・・。」


もうね、今後は積みプラも、積み道具も、マジで控えていかなきゃな、って再認識する趣旨な記事でした・・・。


そっ・・・。
DSC08193








スポンサーリンク