20180930_アイキャッチ

_0003_喜
ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


_0011_普通
嫁:「最近の記事、なんだかんだで全然ガンプラ初心者向けじゃないな

_0004_困惑
私:「(い、いきなり?)と、申されますと?

_0011_普通
嫁:「結局、ガンプラに塗装とかしちゃってるやん。それに微美鬼斬の紹介とか、ペンサンダーの紹介とかしちゃってるやん。。ガンプラ初心者さまがいきなりペンサンダーとか使えるかぁ?

_0004_困惑
私:「まぁホントにガンプラ始めたばかりの、ガンプラ初心者さまには確かにハードルは高めかもしれませんが・・・。

_0008_怒
嫁:「本当にガンプラ初心者向けに、塗装なしで、かっこいいガンプラ作る、みたいな記事書けや!このブログ、本来そういう目的ちゃうんかいな!

_0005_普通
私:「(なぜに、めっちゃキレ気味・・・。)ま、まぁそうですけども・・・。

_0008_怒
嫁:「ったく、最近調子に乗ってるんちゃうか!アンタの過去の記事読むと、つや消しとスミ入れとやらでガンプラ仕上げとるやん?それでいけや!

_0005_普通
私:「(なぜに、めっちゃキレ気味・・・なぜに関西弁・・・。)

_0006_楽
嫁:「ということで、今回は原点にかえりまして、以下のような趣旨でガンプラ初心者さま向けに、ガンプラを仕上げていきますよ。

苦笑い
私:「主導権が完全に嫁に持っていかれている・・・。


対象者レベル
・ガンプラを初めて作ってから3体目のキットに挑戦レベル

ガンプラ仕上げ方法
・スミ入れ、つや消し(塗装はしない)

使う道具
・ケロロニッパー
・パーツオープナー


ガンプラ
・HGUC 1/144 RX-121-1 ガンダム TR-1 [ヘイズル改]

※2018年10月3日追記
「塗装なしで、かっこいいガンプラ作る」というコンセプトでHGUCヘイズル改を製作していきますが、仕上げのつや消しは厳密にいえば「つや消しクリア」のスプレー塗装、ということになるんです。ですが、まぁ色を塗るワケではないので、塗装なし、ってな解釈をしていただけると幸いです&ということでご了承くださいませ。





ガンプラ始めてから3体目にはヘイズル改がオススメ



_0005_普通
私:「っていうか、冒頭でも触れておりますが、スミ入れつや消し仕上げのガンプラ、過去にやってるんですよねぇ


_0011_普通
嫁:「アンタ、その記事のガンプラ、ガンダムベースの前のガンダムフロント東京の限定ガンプラ『HG 1/144 ガンダム Ver.GFT』やないけ。

_0005_普通
私:「まぁそうですけども・・・。

_0011_普通
嫁:「このガンプラ、家電量販店とかの店頭で買えへんから、お気軽に入手できへんやん。参考にならへんやん。

_0011_普通
嫁:「それに、確かに過去にスミ入れつや消し仕上げのガンプラ製作記事やったかもしれへん。だけどな、いつもアンタも『大事なことは何度言ってもエエんや!』って言うてるやん?

_0005_普通
私:「まぁ、確かにそうです・・・。でもなぁ、HGのブグでもやってるしなぁ。


_0008_怒
嫁:「やかましっ!このおたんこナースがっ!それにアンタ、ブグって。これ、ガンプラ3体目とかの初心者さんがテンションあがるか?

_0005_普通
私:「(お、おたんこ・・・俺、看護師絡み全く無いし・・・)それは人によるかと・・・。しかも何故に3体目限定・・・。

_0011_普通
嫁:「ガンプラは1体目と2体目はめっちゃ好きなの楽しく作るパターンやん!それでエエんや!それがエエんや!そんで3体目から技術的な事考え始めるやん?だから3体目や!

苦笑い
私:「(嫁がめっちゃガンプラ詳しくなってる)ちなみに、その1体目とかも、好きなガンプラといえど、明らかに難しいガンプラに挑戦すると泣くことになったりします。どんなガンプラがいいかは過去記事をどぞw

_0011_普通
嫁:「そんで、3体目はガンプラ初心者もテンションの上げるガンダム系にせいや。そんで、なるべく作るのが簡単で、スミ入れとかしやすいキット選べや。

_0005_普通
私:「(ガンダム系がテンションあがるかどうかは人によるかと・・・。)そうすると、ガンキャノンとか?キット自体もかなり新しいから作りやすいと思われ。


_0008_怒
嫁:「ガンキャノンはスミ入れがつまらんやろが。

_0005_普通
私:「(嫁がガンプラに詳しくなり始めてる件・・・。)

_0011_普通
嫁:「こんだけ積みプラしてるんやから、なんかあるやろ。
DSC06033

_0005_普通
私:「ではこのHGUCヘイズル改。一応、ガンダム系どす。パーツ数も少ないしスミ入れもやりがいがあるかとw(理由は後述)
DSC08176

_0011_普通
嫁:「まぁエエやろ。


ガンプラ初心者の強い味方!ケロロニッパー!



_0011_普通
嫁:「そんで、道具は限りなく最小限の数におさえろや。

_0005_普通
私:「まぁガンプラ初心者向けの記事ならば、それは大事ですよねぇ。そしたらば、まずはアルティメットニッパー5.0を・・・。
DSC06463


_0008_怒
嫁:「アホんだら!!このヤンピコンピがっ!!

_0001_哀
私:「ヒィィィっっ!ヤンピコンピの使い方っ!

_0011_普通
嫁:「それ、なんだかんだで勝手に大騒ぎして買ったアルティメットニッパー5.0やろが。ワリとお値段お高めの。

※アルティメットニッパー5.0はお値段お高めではありますが、切れ味抜群で素晴らしいニッパーですよ♪

_0005_普通
私:「まぁ、そうですけども・・・。

_0011_普通
嫁:「ガンプラ初心者さま、しかもガンプラ3体目の初心者さまが、いきなりアルティメットニッパー5.0買うかぁ?ガンプラ初心者さまの参考にならん。ケロロニッパーにせいや。
DSC06474

_0005_普通
私:「まぁ、確かにアルティメットニッパー5.0は切れ味抜群で、カットした跡が綺麗だから素組みにこそ使ってほしいが、3体目のガンプラで買うって貴族かよ、って感じですもんねぇ

_0000_楽
私:「ということで、ガンプラ初心者さまで3体目のキットとなれば、現実的にはケロロニッパーですね。



ケロロニッパーでHGUCヘイズル改を素組み



ということで、今回はとりあえず「ケロロニッパー」で「HGUCヘイズル改」を素組みをしていきます。
DSC05375
DSC08176

スミ入れとか、つや消しとかの道具についても紹介したいのですが、今回それをやるとかなり長くなってしまうので、そのあたりは次回のブログ記事以降に。


さて、「HGUCヘイズル改」ですが、恒例の重量測定w
DSC03563

303gでございますw


これが軽いんだか重いんだか、よくわからんですよね(笑)


ってなことで、参考として、過去に積みプラたちを量りまして、その中で一番軽かったガンプラをご紹介。
HG RX-78-01[N] 局地型ガンダム」。
DSC03562


そんで、一番重かったガンプラは・・・過去記事をどぞ(笑)

まぁともかく「HGUCヘイズル改」は重さ的にはかなり軽い部類。なのでランナーも少ない部類に入り、ガンプラ初心者も作りやすい。


ってなことで、ランナーを見てみます。4枚ですね。ガンプラ初心者に優しいでございますなぁ(笑)
DSC08196

この「HGUCヘイズル改」、2005年9月の発売ということで、今から13年前のガンプラですが、ランナーの色分けが素晴らしい!

ちなみに、2005年9月発売というのは「ガンプラカタログ2018 HG編」で知りました(笑)

個々のパーツを見ますと、最初からモールド(溝)が彫られているので、そこにはスミ入れはやりやすそうなのがわかります♪

ちなみに、素組みのときは、100均ダイソーの水切り&お皿スタンドが便利です♪



ケロロニッパーで二度切り


では「ケロロニッパー」でカットしていきますよ。


ケロロニッパー」でも二度切りした方が、ゲート跡は綺麗になりますね。
DSC08262
DSC08263
nidogiri

ガンプラを作り始めの頃は、二度切りした方がパーツを傷つけることも少ないし、無難。


ケロロニッパーでダボ処理


そんで、なるべくならば、綺麗にパーツをハメめて、スキマとかなくしたい。
DSC08267

なので、パーツがハメやすくなるようにダボ処理もやっていきます。
dabosyori
DSC08275

ダボ処理の詳細については過去記事をご覧くださいませ。

まぁこのダボ処理も、他に道具があるともっと楽なんですけどね。例えば、ファンテックの「超硬スクレーパー」があればガンプラ初心者さんでも、楽にダボ処理できるんです。
DSC03365



▼例えば、こういうダボの受け口を・・・
DSC08596

▼「超硬スクレーパー」でこんな具合に削りまして・・・
DSC08598

▼こんな具合にします。
DSC08599

これならば、カットしすぎてしまうというリスクを減らせます。


まぁ今回はあんまり道具を使わない、ってな方針なので「ケロロニッパー」でカットしてダボ処理しますが・・・
DSC08607

あんまりカットしすぎるとガバガバになっちゃうので、様子みながらカットしてくださいませ。

パーツを外しやすくするためにもダボ処理


それと、先程、キチっとパーツをハメるためにダボ処理する、って感じで書きましたけども、逆のパターンで、
パーツを外しやすくする
という意味でもダボ処理をした方がよかったりします。


っていうのは、今後スミ入れをする時に、なるべくならばパーツをバラしてスミ入れしたいんです。


だったらわざわざ組みあげずに、パーツがバラけている段階でスミ入れせいや。


ってな意見もあるかと(^_^;)


まぁそれもそうなのですが、スミ入れするにしても、一度は組み上げる「仮組み」はしておきたい。


何故かと言うと、やっぱり一度組んでみると、どこにスミ入れが必要で、どこにスミ入れは必要ないか、ってのがわかったりしますので。


まぁそんなこともありますので、もしスミ入れをするならば、パーツを外す事を考慮して、ダボ処理は出来ずとも、あまりガッチリとパーツハメこまない方がいいですね。


そんで、パーツを外すときに、大活躍してくれるのが「パーツオープナー」です。
DSC08624
DSC08628

パーツを外すときに、爪とかだとスキマに入らんし、カッターの刃とかは細いのでスキマに入ってくれますがパーツを傷つける可能性が・・・。


なので、そんなに高価なモノではないので、ひとつ用意しておくことをオススメします。


HGUCヘイズル改、素組み完成



さて、そんなこんなで素組み完成。

DSCF0281
DSCF0279
DSCF0286

ゲート跡を見てみますよ。

う~む、やっぱり全てのゲート跡を綺麗にカットするのはムズイか・・・。それなりに目立ちはしますなぁ(^_^;)
DSC08389
DSC08395
DSC08475

ケロロニッパー」だと、ゲート跡のギリギリをカットする、ってのが難しいですからねぇ。


ゲート跡のギリギリをカットしようとすると、パーツをえぐってしまうという悲しい出来事が起こります(T_T)

よりにもって、目立つお顔のアンテナをえぐるなんてよぉ・・・。まぁこれはどんなニッパーでも起こりうることですが・・・。

ケロロニッパーなら楽しく安心して作れる


こういうことが起きたりとか、綺麗にカットできないとかがあると、「ケロロニッパー」はアカンのちゃうんかいな、って思ったりする方もいるかと。


でも、「ケロロニッパー」ならば、ガンプラ初心者には安心して使える、っていうのはあるんです(←これ、楽しく作るためには何気に大事w)。


アルティメットニッパー5.0だと、刃先がとても薄いので折れてしまう心配があります。特に最初の頃は慣れてませんのでねぇ。


でも、「ケロロニッパー」ならば、そういう心配はなく、気軽にパチパチとカットできます。


刃が折れる心配もない(←これ、楽しく作るためには何気に大事w)。


そんで、何よりも、お値段がお優しい(笑)


ケロロニッパー」はゴッドハンドの製品なので、ゴッドハンドのwebサイトを見てみると、お値段は
 1,296円(税込)
となっております(2018年9月30日現在)。

このお値段で、この切れ味は素晴らしい。


ガンプラ作り始めたけど、今後どれくらいのペースで作っていくは、よくわからん


ってな方は「ケロロニッパー」で問題ないかと♪


ケロロニッパー」の詳細については過去記事をどぞ。



まとめ


今回は、「HGUCヘイズル改」を
・つや消し
・スミ入れ仕上げ

をするための導入って感じなので、あまり有益な情報提供できずにすみません(^_^;)


まぁ今回は、ガンプラ初心者さんが、つや消しスミ入れ簡単仕上げでかっこいいガンプラを作るにあたっては
・キットは「HGUCヘイズル改」がいいよ
・ダボ処理は可能ならやっておいた方がいいよ
・最初のニッパーは「ケロロニッパー」でいいよ

っていうことですね。


ということで、次回は「HGUCヘイズル改」にスミ入れをしていきたいと思います~。
「HGUCヘイズル改」のスミ入れ記事はこちら。

今回のHGUCヘイズル改の記事が参考になりましたならばシェアボタンをポチっていただけると、幸いです(笑)やっぱり、多くの人に読んでもらえると、嬉しいです(^^)


Twitterもフォローしてくれると嬉しいです(^^)
がく@oskgaku





▼その他のガンプラ初心者向け素組みレビュー記事





スポンサーリンク