がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

盲腸炎(からの腹膜炎)で入院したときの血液検査CRP経過レポート

ども、がく(@oskgaku)です。

先日、大腸憩室炎で入院中のCRP値経過についてブログ書きましたが、実は盲腸炎(からの腹膜炎)の入院時にもCRPをとっておりました。
※CRPについてはこちらの記事を参考にしくてださい。
大腸憩室炎の血液検査で気になる値「CRP」について調べてみた

CRPは体内に炎症が起きてるときに数値があがるそうなので、盲腸炎悪化して大腸と小腸の一部を切除して入院したときもやはり上がってましたね。

お医者さんからもこの数値については何度か説明されましたし。

で、この入院のときは、大腸憩室炎の入院のときとは違って、CRPの値の下がり方が少々鈍かったんです。

CRP検査は13日入院で5回

CRPの検査は血液検査ってことで、13日間入院していて5回とりました(^_^;)

約2週間のあいだに5回も血液検査をやるような事態になるとはな~。

で、肝心のCRP値ですが

1日目(1回目)
5.76

3日目(2回目)
8.93

5日目(3回目)
7.68

7日目(4回目)
2.29

10日目(5回目)
0.99

入院初日よりも3日目の方がCRP値は高かったんです。

というのも、手術したのは入院2日目で3日目は手術翌日だったのでそれらも要因でしょうね。

まぁ手術をしたこともあり、2日おきに血液検査っていうなんとも痛々しい状況(^_^;)

ただ、もはや血液とるぐらいはもうなんともなく、このときは術後の傷口が痛くてたまりませんでした。

手術して丸3日はろくに眠れませんでしたからね・・・。

この話すると

「3日間も眠れないとかあるんかいな?」

と言われますがあるんです!!(笑)

自分でも

「痛すぎて眠れないってどんな状況やねん」

とは思いましたね。

CRPが下がってきたのは入院7日目

で、入院7日目の4回目の検査でようやくかなり下がりました。

このときは、本当に嬉しかったのを覚えています。

というのも、お医者さんからは

「CRPの下がり方が鈍いと、他の症状も併発している可能性がある」

みたいなことを言われ、そうすると最悪もう一度手術もあり得るかも、ってことだったので。

術後の状態のつらさ真っ最中の自分からすると、もう手術はこりごりだ!と心底思っていましたので。

CRP値、下がってホントによかったwww

入院10日目、5回目の検査はほとんど正常値に。 

まとめ

大腸憩室炎で入院したときの3回の血液検査CRP経過レポートのときと同じこと書いちゃいますけどCRPの経過については人それぞれなところありますからまずはお医者さんにキチンと聞くのが第一かと思います。

人によっても回復力違うでしょうしね。

でもこの入院時は、大腸と小腸の一部を切ってたので、かなり痛みが激しく、あまりCRPの値を気にする余裕はありませんでした(^_^;)