引越しの物件探しで大事で必要なことは条件をわりきること!

ども、がく(@oskgaku)です。

最近、街を歩いているとアパート探しで不動産家さんと歩いてる人をチラホラ見かけます。

引っ越す知人もでてきて物件探しの話を聞いてますが、色々迷いすぎて、こだわりすぎて結局最後のババ引くのをよくみかけるんですよぉ。

わたくしは引越し経験2回しかありませんが、その2回は一応成功だと思ってますね。

その成功経験から引越し物件探しで感じたことをちょっと書いてみます。

多少でも参考になれば幸いです。

物件の条件は2つまで

わたくしもね、最初引っ越す時は心おどりましたよ。

無印良品の家具揃えて、食器も統一して・・・、ってな具合に。

まぁそれだけならまだしも、当時実家に住んでおりまして、それに似た環境を探しちゃいましてね。

それが物件探し難航の始まり。

例えば、実家暮らしのときは朝起きる時、ベッドのすぐ横にカーテンあったんですわ。

で、そのカーテンを開け、光を部屋に取り込んで起きてたワケです。

それが合ってたんですね、自分の起き方に。

そうすると、それに見合った物件も視野に入れてしまうんですわ。

そうすると、どうなるか。

家賃。

間取り。

駅からの距離。

ベッド位置(窓のそば)

これだけで物件の条件が難航しちゃってます。

実家と同じポジションにベッド置ける物件、ありそうでないですよ、実際は。

それに加えて、テレビの位置なんぞを気にしちゃったらもう大変ですわ。

条件が複合しすぎてパニックルームですわ。

わたくしの場合

わたくしの場合、もう面倒臭くなってきて、マジでスパっと割り切って

・家賃

・駅からの距離

これだけ重要視しました。

もう部屋の間取りとかほぼどうでもいい!ってことにしたんです。

結果、とてもよかったです。成功です。

そりゃまぁイケてない部分もありましたよ(笑)

例えば部屋の位置。

1階の一番端っこだったので、部屋に全然太陽の光が入ってきませんでしたwww

日当たりはよくなかった・・・。

午前中しか明るくない。

でも、土日しか昼間はいないし、風通しはよかったのでさほど気になりませんでした。

それとすぐ隣に原っぱがあったので、ベランダにカメムシが大量発生して、ベランダに侵入し、パンツの中にカメムシついたりしてとんでもないことになったりしました!

でも、結果、住んでしまえばどうにかなってましたね。

いまは2度目の引越し先で嫁さんと住んでます。

ここでも日当たりの悪い部屋だし、最初に思い描いていた家具の場所に置けなかったりしてますが、家賃と駅からの距離が最高なんで満足してます。

まとめ

住んでしまえばなんとかなります。

大部分が、住んでしまえばどうにかなります。

なっちゃうんですよねぇ。

ただ、一点きをつけなければいけないのは、騒音ですかね。

隣の部屋とか車の音とか。

これは防ぐ方法や回避する方法があまりないので注意した方がよいですよ。