ガンダムユニコーンの最終回を見て宇宙世紀シリーズの最終回を思い出して感慨にふけるだけの話

ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。

 

ガンダムユニコーン、終わっちゃいましたね。
わたくし、いいトシした43歳のおっさんなんですが虚脱感とか寂しい感情がハンパないです(^_^;)
テレビシリーズのガンダム、しかも宇宙世紀モノをシーズン通して見るのは久しぶり~、な状況で最終回をむかえました。
宇宙世紀モノでしたから、約30年前、ファーストガンダムの最終回を見た当時小学生だった自分の記憶が急に蘇ってきちゃいましたね。
ってことで、今回はその思い出を勝手に回顧しちゃいます。

ってことで、今回のブログ記事、アラフォーにギリ共感してもらえるかな、程度の記事なんです。すみません(^_^;)

お忙しい方、どうぞ思う存分スルーしてくださいwww

 

セイラさんともう会えない!?

 

約30年前、43歳のおっさんが小学校3、4年生だったとき、テレビでガンダムが最終回をむかえようとしてました。そりゃもうクラスは大パニックでしたね(笑)

「ガンダム、次で最終回じゃね?」
っていう空気が充満してましたよ(男子限定)
子供としてはガンダムが終わるなんてことは想像もしてませんでしたからねぇ。
当時はビデオなんてモノは激レアで超一部の家庭しかありませんので、最終回をむかえたら永遠にアムロとかホワイトベースのみんなとサヨナラなんですよ!
そんな現実受け止められますか!いいや、ムリだね!(笑)
セイラさんとお別れなんてイヤだ!

そんな心境でしたよ、いや、マジで。

そんで、ガンダムの顔面が吹っ飛んだときはそりゃもう衝撃でした。

「たかがメインカメラがやられただけだ!」
「いやいや、あんた、もうガンダムの面影あらへんがな!」
子供ながらにアムロに突っ込んでみたりしてwww

 

アムロって実はさ・・・

 

っていうか、今までロボットアニメでも、最終回でメインのロボットが壊れてなくなる、なんてパターンはほとんどありませんでしたから、まさかガンダムがぶっ壊れてなくなる、なんて衝撃的でした。

そういう点でも、当時のガンダムは斬新なアニメでしたねぇ。
あと今でもよく覚えてるのが、アムロが ア・バオア・クー内でシャアとの激戦終えたあと、ウロウロ迷ってるとき
「ちょっ、ホワイトベースの誰かアムロ探しにいったれや~。ホンマええかげんにしときや~。」

とホンキで思ってどっぷりガンダムの世界観に入ってました。

アムロがどうなってしまうのか、ホンキで心配しちゃうワケです。

そんで大人になってガンダムオリジンでシャアの数奇な運命を映像で見ちゃったら
「アムロって、ただのメカオタクじゃね?」

とか思っちゃったりしてねwww

 

Zガンダムの最終回も思い出してみる

 

いずれにせよ、子供のときはガンダムの最終回見たあと1週間くらいはその話題でもちきりだったと思います。

当時は情報が視聴者側にあまりまわってこなかったので、ガンダムにはもう会えない、と思ってましたから。
Zガンダムの最終回のときも思い出してみると、中学生にはなっていましたが、これまた衝撃受けましたね。
ネタバレになっちゃうので詳細はかきませんけども(このブログ読んでくださる方々は顛末を知ってると思いますけど)あんな終わり方するアニメ、昨今ありました?みたいなね。
ただ、中学生になると、もうみんなあんまりガンダム見ないんですよね(^_^;)
なので、共感する友人がめっちゃ限られ、しかもそういうアニメの話をしてると女子から
「あいつ、めっちゃオタクやん」
っていう目で見られるのが恥ずかしい年頃なんで、あんまりそういう話しはしませんでした。
ちなみに、わたくしは当時毎月アニメージュを買ってましたが、学年11クラスあって、アニメージュ買ってる男子にあったこと1度もありませんでしたね。当時はそういうアニメ文化、ほとんど皆無!ナウシカが人気キャラ投票でずっと1位だったなぁ

 

ZZガンダムの最終回を思い出してみる

 

ZZガンダムの最終回も思い出してみると、こちらはなんだか清々しい気分で見終われましたね。

ただ、ZZガンダムは最終回の手前あたりで大好きなモビルスーツたちがぁぁぁ!ってのもあり、悲しい別れもあったりで・・・。うん、感慨深い。

個人的にはジュドーは相当好きなんですけど、その後あんまりガンダムファンでは注目されませんよね・・・。

ってか、ZZゼータ自体があんまり・・・って感じですな。

アニメの前半でふざけすぎたからかな(笑)

 

最後にガンダムユニコーンの最終回を思い出してみる

 

そんで世は平成。ガンダムユニコーンもテレビシリーズが最終回むかえちゃいました・・・。

もうさ、エンディングとか
「バナージ行かないでぇぇぇ(終わらないで、の意)」
っていう気持ちが溢れすぎて、運動会のとき玉入れで玉入れまくってカゴから溢れまくったのを思い出しましたwww
なんか、置いてけぼり感が半端ないんですよね・・・。

ファーストガンダムから、っていうか宇宙世紀から見つめてきたテーマに、それ相応には一応落ち着いたというか、着地はしたワケですから感慨深い。

しかも、最後はザビ家のミネバさんのメッセージ・・・大きくなったよねぇ。

毎度言いますけど、ウチの嫁さん、ガンダムオリジン一緒に観に行って、ドズルがでてきたとき

「あれ、ミネバの父ちゃん」 

って教えてあげたら驚くのやら信じていいのやら・・・って感じですわ。

終わりなんてない

 

じつはグッときちゃったのがアルベルトの

「また、始めましょう」

ってセリフだったりするんですよねぇ。

43歳にもなると、それなりに人生経験積んできちゃいまして、 いろんなことやものを見てきちゃったりして、いろんなコトやモノや人とお別れしたり出会ったり、あきらめたりさ。

そんなおっさん、「また、始めましょう」 とか言われちゃうと

「おれ、また始めていいのかもしれない」

とか思っちゃって、明るい未来待ってる気がしませんか?(笑)

ってか、今のセリフ、「ヒカルの○」で聞いたことあるような(^_^;)

まぁだいたいね、終わりなんてものは最後の最後の最後までないですよね!そう、終わりなんてない!(あれ、これもどこかで聞いたようなセリフ・・・)

ってなことで、おっさんはまたファーストガンダムから見始めてますよ!ZZガンダム見終わるまでめっちゃかかりそう(笑)終わりなんてない!

ガンプラの昔話カテゴリー