ガンプラは初心者でもど素人でも作り方気にせず楽しめちゃうオススメな3つの理由

ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。

ガンプラを33年ぶりに作り始めてようやく一体目が終わりました(^_^;)

HGUCリックドム。
DSC_1477

こんな風に仕上がりましたよ。
DSC03414
DSC03389
DSC03437

ちなみに、最初の素組み、いわゆるただ単にパチパチと組んだときはこんな感じ。
DSC02340

ガンプラを33年ぶりに作ったのですが、やっぱり楽しいですね!!www

当初、わたくしはガンプラ作るの躊躇してました。

だって、塗装ができないんですよ、住宅事情で。

しかも塗装ってハードル高そうだし・・・。

だけども、最近のガンプラは塗装しなくても楽しめちゃう、ってことがわかったのでちょっと作ってみることにしたワケです。

 

今回のメニュー

オススメ理由1)
カガンプラ初心者最初の一体目はHG(2015年あたりに発売されたモノ)

オススメ理由2)
ガンプラ展示会などで新しい世界を知れる

オススメ理由3)
ガンプラをかっこよく仕上げたければちょっとずつ手を加える

オススメ理由1)
ガンプラ初心者最初の一体目はHG(2015年あたりに発売されたモノ)

ガンプラって色々とシリーズがありまして主に以下の4種類があります。
HG:ハイグレード
RG:リアルグレード
MG:マスターグレード
PG:パーフェクトグレード

で、それぞれに特徴があるのですが、特にHG:ハイグレードはパーツ数もさほど多くない上に、パーツにほとんど色がついているのでそのまま組み立てても問題なしにかっこいい!!

さらにいうと、最近、まぁ2015年あたりでしょうか、このあたりから発売されたHGはパーツ同士の合せ目もほとんどわからないような設計になっています。

ガンプラの仕上がりが、いかにも安っぽくおもちゃみたいになっちゃうのは「合せ目」「ゲート跡」(ニッパーで切った跡)「表面のテカり具合」ですから。

わたくし、最近、バルバトスを買いましてね。
DSC03117

もうね、このキットの完成度がヤバイですよ。

ほら!
DSC04938

DSC04947

DSC04983
DSC04950

これ、ニッパーでパーツ切り取って組んだだけですよ!!

なんとまぁ素晴らしい出来具合!!!

これだけで飾ってますよ、ウチはね。
DSC05020

まぁもしかすると、2014年あたりに発売されたHGガンプラも合せ目とかほとんど目立たない仕様になってるかもしれません。

詳しくはバンダイホビーサイトを見てください↓
http://bandai-hobby.net/site/gunpla_hg.html

鉄血のオルフェンズのガンプラサイト↓
http://bandai-hobby.net/tekketsu/gunpla.html

わたくしは最近、さらにガンダムオリジンのシャアザクを買いました。
DSC_1807

これもほとんど合せ目とか気にしなくてよくて、さらにカッコイイ!!

なんて素敵はガンプラなんでしょうか!!

ガンダムオリジンのガンプラサイト↓
http://bandai-hobby.net/site/20150216theorigin.html

ということで、塗装とか、合せ目消しとか、難しいことを考えなくてもまずはHGあたりを作ってみちゃうことをオススメします。

 

オススメ理由2)
ガンプラ展示会などで新しい世界を知れる

ガンプラを作り始めると、やっぱり上級者の作品を生で見たいと思いはじめるもんですよね~。

わたくしはツイッターなどで展示会などの情報を仕入れまして、チラっとのぞきに行ったりするようになりました。

そんで先日はガンプラEXPOが秋葉原で開催されまして、
「ガンプラビルダーズワールドカップ2015 日本大会」
の最終審査ってことでファイナルに残った作品が展示されていたワケです!

もう感動とかそういうレベルじゃなくて、世界観がすごすぎて別世界に来たようです!

 

42歳おっさん、今までガンプラから33年間遠ざかっていたワケです。

で、ガンプラ作り始めてフォローさせていただいている方々の素晴らしい作品なんかも見ているワケです!

ガンプラの素晴らしい作品見るのって

超楽しいっすよ!!www

自分としては美術館行ってるのと同じ感覚です。

これを作った方々は、どんだけ時間かけたのかな、とか。

どんだけ集中してたのかな、とか色々想ったりしたり、自分と同じように見に来ている人たちもいたり。

新しい世界観、発見w

ガンプラやプラモデルの展示会なんかに行くと、製作者の方が話しかけてくれたりして、その方の世界観や技法なんか聞いてると、とても楽しいですよ。

行ったことない方はぜひオススメです。

オススメ理由3)
ガンプラをかっこく仕上げたければちょっとずつ手を加える

まぁいうてもですね、やっぱりガンプラを展示会に展示されているようなかっこいいガンプラに仕上げたいじゃないですか!っていう欲求は沸きますよね。

ええ、当然です。

で、最初から色々やるのもいいのですが、わたくしのようにこんなことになったり、結構時間かかったりしちゃいます。やっぱり時間かかるとモチベーションも下がりますから。

なので、最初は楽しく組んでですね、ひとつずつ技法を試していくのがよさそうですよ。

最初はつや消しトップコートなんかがよいかと思います。

つや消しトップコートで表面を落ち着いたカンジにすると、グッとグレードがあがりますぜ!

その後、合せ目消しや、スミ入れなんかにも挑戦すると、さらにグレードアップですよね!自分ももっと挑戦していくつもりですよ!

 

まとめ

ガンプラは、最初の初心者の頃は、あまり深く考えずに楽しく組んでいくのがいいですよね。

自分もまだHGUCリックドムとバルバトスしか組んでないワケですが、一体に深く時間かけるよりも、たくさん組んでいく方が技術はあがるな~と思っています。

いずれは何かのコンテストにだしてみたい!!!
DSC03436