エアブラシ初心者必読!サーフェイサー塗装で知らないと困惑する超基礎知識

記事内に広告を含みます

この記事はエアブラシ塗装の初心者が対象です。

がく
がく

ども、がく(@oskgaku
です。

今回は私がエアブラシを始めたばかりの頃、よく失敗していたサーフェイサー塗装の話。

サーフェイサーのエアブラシ塗装、最初は塗装できてるけど途中から詰まって噴射しない!ってことがありませんか?

▲実は先端に塗料が固まって詰まってるだけ。
がく
がく

当時の私は、どうして詰まるのわかりませんでした。
ただただ困惑するばかり。

この詰まり、塗料が垂れてそれが乾燥して固まったもの

でも、

  • どうして詰まるのか?
  • 詰まらないためにはどうすればいいか?
がく
がく

この悩み、案外多くの初心者さんが抱えているのでは?

結論としては、サーフェイサーと薄め液を
1:3
くらいで希釈して吹き付ければヨシ。

ただ、この希釈の配合、エアブラシ塗装の初心者はなかなかできない。

適当な希釈で、薄めシャバシャバで垂れてきてしまう。

それは、正確な容量を計って希釈ができないから(1ccと3ccみたいな)。

そこで便利なのが計量スプーン。

▲正確な塗料の計量に便利なスプーン。1ccから計量できるので初心者の希釈には大変ありがたい!
和田助製作所
¥236 (2024/02/24 07:54:37時点 Amazon調べ-詳細)
がく
がく

私のサーフェイサー塗装失敗談、同じ悩みを抱えている同志には、役立つはずです。

希釈割合に絶対の正解はありません。今回のは私の経験に基づいた話なのであしからず。

サーフェイサーの特性を理解すれば失敗を防げる

私がエアブラシ塗装を始めた頃の話。

最初はサーフェイサーがエアブラシから噴出されるのに、途中から出なくなってしまい、困惑してました。

このサーフェイサーが詰まって出ない、という失敗の根本的な原因はサーフェイサーの特性を理解してなかったから。

そもそも、サーフェイサーは普通の塗料よりも詰まりやすい

それは、塗料の粒子が大きいから(パーツの傷埋めなどの役割もあるので)。

サーフェイサーには「体質顔料」というのが使われているそうです。

体質顔料 サーフェイサー」でgoogle検索すると、参考になるwebサイトがたくさんでてきます。

サーフェイサーの基本的な役割は、塗装の下地を作ること。

他の役割としては、こんなのがあります。

サーフェイサーの役割
  • パーツの小さいなキズを埋める
  • 塗装の下地として色を揃える
  • 塗料を食い付きやすくする
  • 傷などパーツの状態を確認できる

「サーフェイサー塗装」の記事一覧

サーフェイサーで下地塗装してから、色の塗料で塗装。

この手間をかけることで、より綺麗な塗装に仕上がるよ、ってことです(なので、別に無理してやる必要はないw)。

がく
がく

サーフェイサー塗料は、他の塗料に比べて詰まりやすい。
これを意識しているだけで詰まる失敗をかなり防げる。

サーフェイサー塗装でエアブラシ先端が詰まる原因

この失敗の原因、時系列で再現するとわかりやすい。

サーフェイサーの希釈が濃い(←すでにここで失敗)

エアブラシから噴射されない(出にくい)

濃いサーフェイサーを薄める

薄めすぎる(←失敗)

薄いのでエアブラシ先端に垂れて付着

垂れた付着した塗料が固まって詰まる

時系列で並べると、ちょっと複雑な気もしますね。

がく
がく

この複雑な感じ、初心者の頃の自分では原因はわからないよなぁ・・・。

繰り返しになりますが、サーフェイサーは普通の塗料よりも詰まりやすい。

それも失敗原因が複雑になってる要因。

これらの根本的な原因は希釈

正確な希釈割合で詰まり解消

サーフェイサー希釈、濃かったり薄かったりの失敗回避には、以下の割合での希釈。

1:3
(サーフェイサー1:薄め液3)
※普通の塗料よりも、ちょい薄めに希釈

この希釈、エアブラシ塗装初心者にとって重要なのは

サーフェイサーと薄め液、それぞれを正確に計量して希釈すること!

がく
がく

初心者が目分量で希釈すると、大体は失敗する。

初心者の頃は、適正な希釈具合がわからないので、目分量だと失敗するのは当然の道理ですがw

ではどのようにすれば、正確に計量して希釈できるのか?

スポイトで1ccと3ccを吸い取るのも難しい。

正確な希釈割合に便利なマテリアル

正確な計量のために、以下のマテリアルを使います。

  • 計量スプーン
  • DP ボトル
和田助製作所
¥236 (2024/02/24 07:54:37時点 Amazon調べ-詳細)

この計量スプーンは、1cc。

これが塗料の希釈にちょうどよいサイズ!

計量スプーンを、塗料瓶にダンクして塗料を掬います。

▲この瓶にはダンクできましたが、ガイアノーツの瓶にはダンクできませんでした。
▲これで1cc。

超絶正確な計量!というワケではないけども、目分量よりかはよっぽど正確

そのまま紙コップへ。

次は薄め液。

薄め液の瓶は大概大きい。

計量スプーンをダンクできない。

なので、このようなボトルに移し替えておく。

▲ハイキューパーツのDPボトル。

DPボトルが超便利な理由

今まで使っていた多くのボトルは、液垂れしやすかった。

注ぐたびに机に塗料や薄め液が垂れる。

拭く手間がストレスなんですよ、これが。

そこで便利なのがDPボトル。こんなメリットがあります。

  • 液垂れしにくい
  • 片手の開閉可能
  • 少量を注げる


私の実感としては

少量の希釈に超便利!

1ccの計量スプーンへ注ぐとき、ちょうど良い塩梅の少量がちょっとずつ出せます。

がく
がく

DPボトルなら、液垂れしにくいので拭く手間が減らせる。

普通に注ぐ分には問題ナシ(ドバドバと注ぐと液垂れしちゃいますが)。

それに、他のボトルだと使ってるウチに液垂れしてくる。

でも、DPボトルはそれがないから優秀ですね。

ハイキューパーツ(HiQparts)
¥228 (2024/02/24 10:11:20時点 Amazon調べ-詳細)

50mlはちょい不安定なのだが、専用のスタンドがあるご様子。

ちなみに、エアブラシ清掃などで超少量の薄め液やツールクリーナーを出したいときは、ニードルボトルが便利。

希釈する

話を希釈に戻します。

希釈は
1:3
すでに1のサーフェイサーは計量スプーンで紙コップに入れてます。

次は薄め液。

DPボトルに入れた薄め液を、計量スプーンに注いでから紙コップへ(3ccなので3回)。

あとは紙コップ内をしっかり撹拌(かき混ぜる)すればヨシ。

※撹拌には撹拌棒を使いましょう。割り箸はカスが入ったりしますので。

希釈したら必ずテスト塗装

最後にテスト塗装。希釈したあとは必ず一度ジャンクパーツに吹きつけて様子を見る。

▲私は100均のスプーンにテスト塗装。スプーンの湾曲で垂れ具合もよくわかる。

サンナップ(Sunnap)
¥385 (2024/02/24 12:11:28時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ|希釈割合に絶対の正解はない!

最後に、希釈において注意すべき点。

希釈に絶対的な正解はない!

がく
がく

これも、初心者の頃に勘違いしてたこと。

何故かといえば、塗料の状態は千差万別(長期放置してると瓶の中身がドロドロになってたりする)。

店頭の商品でも、長期間陳列されてる塗料は中身ドロドロかもですし。

それらを考慮すれば、塗料によって希釈具合は変わってきます。

エアブラシ塗装に慣れている人だと、塗料の状態によって希釈具合を上手にコントロールされている。

がく
がく

結局のところ、上達に必要なのはトライアンドエラーですよね。

先日、久々にエアブラシ塗装したところ、やっぱり最初はちょい詰まり気味でしたw

初めて1200番のサーフェイサーを使ったので、希釈具合がよくわからず。

今後も、トライアンドエラーを積み重ねて、上級者への仲間入りを果たしたいと思いますw

ブログ更新をTwitterでお知らせ

ガンプラ製作進捗やマテリアル紹介をツイート。

がく(@oskgaku