がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

ガンプラ初心者が簡単キレイに丸型モールドを彫りたいならスピンブレードとドリル刃の最強コンボがおすすめ

ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。

このたび、美しい丸型モールドを彫るために、ドリル刃、ゲットしました(笑)
DSC07106

サンタさんから送られる前に、自分でゲットしましたwww

前回のブログではGodHand(ゴッドハンド)のスピンブレードによる丸型モールドを彫りまして、ドリル刃あった方がいいかなぁ、と思う的なこと書きましたけど、速攻でゲットしちゃました(笑)

今回はまぁ丸型モールド彫るならドリル刃あると、さらに簡単にキレイに丸型モールド彫れるよ、ってなだけな話なんですけどね(^_^;)

ドリル刃使ってみて、いくつか思うところもあったのであえて記事にしてみましたよ。

 

 

今回のメニュー

丸型モールドを彫ってみての問題点

ドリル刃とスピンブレードは最強のコンボ

3mmの丸型モールドも可能

まとめ

 

 

今回使う道具

タミヤ:クラフトツールシリーズ No.49 ベーシックドリル刃セット

ゴッドハンド:スピンブレード

ファンテック:「磨き・ケバ立ち取りブラシ」

 

丸型モールドを彫ってみての問題点

まず、前回「スピンブレードだけ」で丸型モールド彫るにあたり、以下の点が少々気になったんです。

・キレイな円を描けてない?

・底面がキレイに仕上がらない

・大きいサイズの刃幅だと丸型モールド彫れない

ということで、各項目について以下詳細をば。

 

キレイな円を描けてない?

DSC07132

キレイな円を描けていない、ってことに関すると、まぁこれは当然といえば当然かも(^_^;)

丸型モールドを彫るにあたりまして、丸型(円)の中心をスピンブレードの刃幅の「線」で捉えてますからね。
DSC07143

慎重にスピンブレードを回せばある程度はキレイな円を描けますけど、ちょいと難しいかもですね。

 

底面がキレイに仕上がらない

キレイな円が描けてないので、スピンブレードが円の中心を基点としてまわってないことによるものですね。
DSC07200

そのため丸型(円)の真ん中が彫れてない、というだけの話。

 

大きいサイズの刃幅だと丸型モールド彫れない

スピンブレードの刃幅が3mmとかになると、かなり強い力を加えないと丸型(円)で彫れません(^_^;)

刃幅が大きい分、強い力が必要なのは必然ですわな。

まぁスピンブレードの刃幅による直線だけで円を描いて彫ろうとしてますからねぇ。

これはちょいとハードルが高いですよね。

 

ゴッドハンドのwebサイトは親切丁寧

それらのことを考えると、ゴッドハンドでスピンブレードの使い方を説明してくれているwebサイトはとても親切丁寧です!
●参考webサイト
スピンブレード【 ゴッドハンドオリジナル 】  【 GH-SB-1-3 】 【 ゴッドハンド 】 【 ネコポス可 】 | メーカー,ゴッドハンド | 模型工具専門店のゴッドハンド
※上記サイトから画像を引用させていただきました。
web_01

丸型モールド彫るんだったら、ドリル刃オススメやで、と紹介してくれてますから、そのとおりにやっておくのが吉ですね(笑)

ドリル刃とスピンブレードは最強のコンボ

ということで、早速ドリル刃を使って丸型モールドを彫ってみます。

わたくしがゲットしたドリル刃はタミヤの「クラフトツールシリーズ No.49 ベーシックドリル刃セット」
DSC07128

ちょうどスピンブレードと同じサイズの刃幅の分(1mm、1.5mm、2mm、2.5mm、3mm)が5本分がセットになってます。

こりゃちょうどいいや。

 

タミヤのドリル刃を使ってみる

まずは一番細い1mmを使ってみますよ。画像の一番左が1mmです。
DSC07114

ドリル刃をタミヤの精密ピンバイス D-R (0.1-3.2mm)にセットします。
DSC07150

タミヤのドリル刃は1mmだと、軸の部分も細いのでピンバイスにセットするのがちょい難しいですねぇ(笑)おっさんにはツライ。

ドリル刃なら余裕で彫れる!

そんで、ドリル刃なので、彫ることに関しては余裕なワケで、どんどんパーツを彫っていきます。というか、彫っていってしまいます(笑)
DSC07180

ここで注意!あんまり彫っちゃうと、穴があいてしまうのでほどほどにしときます。ガンプラのHGシリーズとかだとパーツが小さいからすぐ彫れちゃう!あっぶねぇ~。危うく指を切るところだったッス(^^;)

なので、ちょい彫る程度、かな。というか、スピンブレードの刃幅が入るくらい、です。
DSC07186

 

スピンブレードでキレイな丸型モールドを!

そのあとはスピンブレードの出番。
DSC07214

結果、

超絶簡単に丸型モールドがキレイにできますよ!(初めてにしてはうまくいったかとwww)
DSC07277

 

磨き・ケバ立ち取りブラシでさらにキレイ仕上げ

彫ったあとにファンテックの「磨き・ケバ立ち取りブラシ」でケバや削りカスをとればキレイに仕上がりますよ。
DSC07219
「磨き・ケバ立ち取りブラシ」については過去記事を参考にしてください。

 

ドリル刃は中心がとがってますから、キレイな円の丸型モールド彫れます♪(^-^)

3mmの丸型モールドも可能

3mmの大きい刃幅でも、ドリル刃とスピンブレードのコンボなら簡単に丸型モールド彫れますっっっ!
DSC07247

ただ、画像見てもわかるように、丸型の円が少々いびつ(^_^;)

3mmは刃幅が大きい分、強い力で彫ることになりますわな。そうすると、強い力で丁寧に彫るってのはやはりちょいと難しい。

このあたりは修練が必要っすね!!

まとめ

ということでね、結論としては

キレイな丸型モールド彫りたかったら、ドリル刃とスピンブレード、セットで使おう!

ってことになりますかね(笑)

ドリル刃とスピンブレードを揃え、散財と言われればそういう見方もあるよね(^_^;)

でもね、ガンプラに限らずだけど、精度(クオリティ)の高いモノ作るにはそれなりに道具が必要よね。

それにさ、わたくし、お小遣いの範囲内で道具買ってるもんね(言い訳ではない)

それにさ、実は道具ひとつの単価は思った以上に高くないもんね(言い訳ではない)

わたくし、飲み歩いたりしてないから普段お金使ってないもんね(言い訳ではない)

最近さ、老眼が始まった気がしてるけど気にしてないもんね(言い訳ではない)

MGのガンプラ欲しいもんね(切実な正直な気持ち)

ドリル刃、買ってよかったよ、サンタさん(まぁオレだけど)ありがとう。