メガネ型ルーペで見えた!小指サイズの目玉を筆塗りできるかもしれん!

記事内に広告を含みます

がく
がく

ども、がく(@oskgaku
です。

プラモデルで目を描いたりする細かい塗装、神業すぎますよね?

パッケージ横の作例。こんな感じで目玉を塗るなんてムリだぁ。

老眼なら尚更ムリ!と思いがちですが諦めるのはまだ早い。

がく
がく

メガネ型ルーペがあれば、アラフィフ老眼でも戦える、という話。

グッダグダな塗装に見えるかもですが、メガネ型ルーペがなかったら、このレベルにすら達することができいのよw
エナメル塗料でどうにか塗れた。

3倍率のヘッド型ルーペとは全く違う視界です。

メガネ型ルーペで初めて見えた別世界

メガネ型ルーペ、製品の構成としてはシンプル。

同梱物はレンズ4種類程度(10倍、15倍、20倍、25倍の4種類)。それとバンド。

レンズ度数が記載されているのは何気に嬉しい。

さて、メカコレクションの孫悟空ジェットバギーに挑戦。悟空の顔を塗装。

マクロレンズで撮影すれば、目の境目なんぞは見えるけども。

3倍のヘッドルーペ程度では、色の境目などの細部が全く見えない。

3倍のヘッドルーペ、見え方としてはこの程度。

見えないからハミだす。勘で塗ってるんだもの。ハミだすはずだよね。

もっとアップで見えるヘッド型のルーペはないものか?

そんな思いから最大25倍のメガネ型ルーペを導入してみた。

結果、大正解(私には15倍がちょうどよかった)。

パーツの細部が大きく見えるので塗り分け可能!(簡単とは言わないが)。

かなり頑張れた方だと思うよw以前はこんな塗り分けできなかった。

面相筆の先端も拡大して見える!これなら、塗るときにどの程度の細さが必要か?というのがよくわかる。

イメージとしてはこんな具合に見える。爪楊枝先端と比較。
がく
がく

悟空の顔、細部を塗るならもっと細い面相筆があればいいのになぁ、というのもよくわかったりします。

今回は神ふでショートを使いました。高価なだけあって塗りやすかったけど、もっと細いのあればいいなぁw

ゴッドハンド(GodHand)
¥1,082 (2024/04/20 09:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

使い捨てと割り切って、こういうのを使うのもアリかも。面相筆も使ってるウチに筆先が広がってしまうので。

大きく見えれば細かい作業もできる道理!

よくよく考えれば、これは当然の道理。

例えば、PCでの画像編集。

左手首を消してみる。まずは境目を消したい。
そもそも、境目に沿って塗れないw

でも、画像をドアップにすれば、簡単よ。

楽々で左手首を消せた。
嫁

当たり前の道理やな。髪の毛を摘むのは難しいが箸を摘むのは簡単やろが。

がく
がく

仰るとおりです。

どんなに不器用さんでも、大きく見ることができれば細かい作業のハードルは下がりますもんね。

ではここから、今回入手したメガネ型ルーペを使った感想をメリットデメリットにわけてレポートします。

メガネ型ルーペのメリット・デメリット

メリット

  • 拡大してハッキリ見える
  • 安価
  • 軽い
  • レンズが4種類
  • ライト

デメリット

  • ボタン電池式
  • ライトのON・OFFが不安定
  • 作りがチープ

まずデメリットについて。

素材はほぼプラスチックなのだろうけども、正直、ちょっと作りが頼りないw

レンズを上下しているウチに折れてしまわないか心配になる。

https://twitter.com/oskgaku/status/1768815006609752182

それと、ライトのON・OFF。

ダイヤルを回すのですが、これまたちょっと頼りない。

https://twitter.com/oskgaku/status/1768815217293836500

なので、しっかりとONにしないと点滅しはじめて、ちょっと消えそうになったりします。

あと、ライトがアルカリボタン電池。

充電式の方が手軽なんですけどね。使い捨て電池はちょっと効率悪く感じる。

実は最大のメリット?!軽いは正義!

だがしかし、軽いので負担は少ない!

がく
がく

頭に装着するので軽いのは大きなメリット!
疲れないし作業しやすい!

試しに量ってみた。まずヘッドルーペ。

アルカリ電池3つ入って54g。

次、メガネ型ルーペ。

レンズ2つ、それぞれにアルカリ電池3個で計6個。でも55g。

アルカリ電池の数がヘッドルーペの倍なのにこの軽さ。軽さ的には優秀。

メガネ型ルーペを躊躇していた理由

今まで私が高倍率のメガネ型ルーペを導入しなかったのは、視野が狭そうだなと思ったから。

ヘッド型ルーペは一枚のレンズでパーツ全体を見れます。

しかし、メガネ型ルーペは片方ずつにレンズがあって、両目で見るときピント合わせるのが大変そうだったので。

メガネ型ルーペは片目で見る

でもまぁそれは当然の道理だったようです。

ググって調べたところ、高倍率のルーペというのは、対象物とレンズ、レンズと目の距離がどうしても近くなってしまう様子。

参考webサイト→ルーペ(虫眼鏡)の選び方 | ルーペの専門店ルーペスタジオ

そのため、両目でピント合わせて見るのが難しい(というか無理)みたいです。

がく
がく

そもそも、両目の視力がまったく同じということもないだろうし。

要するに、高倍率のルーペは片目で見る。

基本的には対象物の確認用(鑑定とか)。

メガネ型になっているのは、対象物を両手で持てるように、ということらしい。

がく
がく

メガネ式なのは、両手で作業するためかと思ってました。

両手で作業するとしてもワンポイントのちょっとした作業。

電池交換とか。

まぁ対象物とレンズの距離が近いので、作業はやりづらいですね。

それと、高倍率を長時間見るという行為は、目がとても疲れます。

そういう意味でも、やはり作業としてはワンポイントなのでしょうね。

メガネ型ルーペを使う上での注意点

今回初めてメガネ型ルーペを使って感じたことをまとめると以下2点。

  1. 長時間作業は無理
  2. 慣れが必要

慣れ、というのはレンズとパーツの距離が近いので、塗る時に筆をパーツに近づけるのがちょい難しい。

レンズ越しの視野に筆を入れてくるときに、余計な箇所を触ってしまう。

要するに、パーツとの距離感を掴みづらいのです。

これは慣れが必要そうです。

がく
がく

15倍とかの高倍率ルーペは、基本的には確認用。
作業向きではないので止む得ないところです。

まとめ

総合的に判断して、これはよい買い物をしました。

過去に40倍拡大鏡ルーペを買いましたが、コレはコレとして、パーツの加工した状態を確認するためとしてアリ。

メガネ型ルーペは細かい筆塗りワンポイント用、という使い分けです。

メガネ型ルーペでのスジボリやヤスリがけはちょっと無理だな、と私は感じました。

がく
がく

細かいワンポイントの筆塗り専用、と割り切って使うくらいがちょうどいいかもです。

ブログ更新をX(旧Twitter)でお知らせ

ガンプラ製作進捗やマテリアル紹介をツイート。

がく(@oskgaku