サーフェイサー塗装が簡単に!超感謝の常設塗装ブースと乾燥ブースのメリットとは?

記事内に広告を含みます

がく

ども、がく(@oskgaku)です。

今回は「捨てサフを週末に吹き付けられる環境になって本当によかった」という感謝を述べるだけの話w

ガンプラ製作の専用部屋がある、というのは憧れではあるけれど、実現するのはなかなか難しいですよね?

私も、以前は夫婦2人で1LDKに住んでいたため、ガンプラ製作部屋を作るなんて夢のまた夢でした。

▲極小スペースでガンプラ製作。

エアブラシ塗装も、どうにかやれてはいましたが塗装ブースを都度セッティングするので大変な労力を要していた・・・。

▲塗装のたびに、これをイチからセッティングしていた。

アネスト岩田キャンベル
¥19,709
(2024/05/29 18:20:37時点 Amazon調べ-詳細)

タミヤ(TAMIYA)
¥38,799
(2024/05/30 02:42:35時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、引っ越しをして、塗装ブースと乾燥ブースを常設できる環境になったのです!

これにより、特にサーフェイサー塗装が簡単にできるようになったことに感謝!

サーフェイサー塗装が簡単に出来るようになると、ガンプラ完成までの道のりがギュッっと短縮されるのです!週末モデラーにとって、これは超助かるのです!超感謝なのです!

がく
今回は、初心を忘れず、ではありませんが、塗装ブースと乾燥ブースを常設できる環境のありがたみを忘れないため、感謝の気持ちをブログ記事にします。

ガンプラ製作好き必見!Amazonの売れ筋ランキングでトップのアイテムをご紹介!今すぐチェック!

ガンプラ好き必見!GSIクレオスストアで今すぐお買い物!塗装道具から接着剤まで、あなたの製作をサポート!

ガンプラ製作の最大のボトルネック? サーフェイサー塗装によって進行が遅れる理由

繰り返しになりますが、サーフェイサー塗装が簡単に出来る環境になったことには、本当に感謝なんです。

ガンプラやプラモデルの製作には、様々な工程があり、完成までに何度もパーツをヤスリがけしたり、整面したりします。

そのたびに、パーツの状態を確認したいのでサーフェイサー塗装が必要。


▲これは合わせ目作業で状態確認のサーフェイサー塗装です。

このサーフェイサー塗装、引っ越し前はほぼ出来ず。

なにせ、1LDKでしたのでリビングに塗装ブースを都度設置するしかなく、嫁さんがいない日(平日休みとか)を狙ってやることになっていました。

この調子だと、サーフェイサー塗装の頻度が少ないので完成までの道のりは長期間になる。

さらに、サーフェイサー塗装を出来たはいいけども、乾くまで何もできず、たかだか1時間のサーフェイサー塗装で1日が終わってしまうことも・・・。

サーフェイサー塗装でこんだけ長期間を要してるのだから、本塗装が終わるのはいつになることやら。

がく
サーフェイサー塗装は、整面のたびに何度も行うので、環境が整っていないと面倒なんですよね(塗装ブースを出したり片付けたり)。

引っ越しに伴いエアブラシ塗装環境が大幅に改善

でも今は、塗装ブースを常設することで作業効率が大幅に向上!。

がく
実際、これほどの効果があるとは思いませんでした。

塗装ブースを常設したことで、都度やっていた

  • 設置
  • 片付け

という面倒臭い作業を、やらなくて済むようになったのです(あたりまえかw)。

また、塗装専用の部屋を作ったことで、嫁さんがいる土日でもエアブラシ塗装ができるようになったのも大きい。

▲この部屋をガンプラ製作部屋として使用することが許された!

エアブラシ塗装は、リビングで嫁さんがくつろいでいる隣で行うことはできませんから。

塗装出来る部屋の確保により、エアブラシ塗装ができる時間が増え、サーフェイサー塗装を頻繁に行えるようになった次第。

ガンプラの完成までの時間が大幅に短縮です!

私がBUSTER BOOTHの塗装ブースを選んだ理由

エアブラシ塗装部屋が出来たのであれば、塗装ブースが常設出来る!

早速の速攻購入!

私が購入した塗装ブースはBUSTER BOOTH(@BUSTER_BOOTH_)さんの塗装ブースです。

この塗装ブースを選んだ理由は、排気ダクトをカスタマイズ注文できるから!

私の塗装部屋には、排気ダクトを設置できる窓がベランダに通じる扉窓しかありませんでした。

そのため、排気ダクトや窓枠を探していましたが、Amazonで見つけることができず、困っていたんです・・・。

BUSTER BOOTHさんのカスタマイズ可能な個人製作の塗装ブースが魅力的!

そんなとき、TwitterでBUSTER BOOTH(@BUSTER_BOOTH_)さんを知りました。

個人で塗装ブースを販売している方なので、最初は正直、不安でした。

しかし、Twitterで製品を見ると、製品自体のスペックは問題なさそう。

また、個人で製作されているので、顧客の細かいカスタマイズ注文にも柔軟に対応してくれそうだと分かりました。

Twitterで話題の塗装ブース!紳士な対応に感銘を受けて注文!

そして、さらにTwitterを見ていくと、たくさんの方が購入しているご様子。

これなら大丈夫そうだなぁ、と恐る恐るフォローしてDMで連絡を取ってみると、とても紳士で丁寧な対応をしてくれる方でした!

窓枠パネルについても、我が家の状況を細かく聞いてくださり、こちらからのリクエストにも柔軟に対応してくれました。

そのような対応に感銘を受けて、注文を決めました!

BUSTER BOOTHの塗装ブースは完璧な配送と丁寧なアフターケアが魅力!使い勝手も抜群で大満足!

配送の梱包は完璧で、商品が届いた後もアフターケアは超絶丁寧でした(これは本当に助かりました)。

で、塗装ブース自体の使い勝手は、当然の如く申し分ナシ。

がく
本当に買ってよかった。自信を持ってオススメできます。塗装ブース購入を迷っている方は、ぜひBUSTER BOOTHさんを選択肢に入れてみてください。

サーフェイサー塗装作業時間を半日短縮!乾燥ブース導入の効果とは?

塗装ブースに加え、乾燥ブースを常設することも、サーフェイサー塗装の頻度を上げるのには効果的でした。

以前はサーフェイサー塗装をした場合、半日以上の乾燥時間が必要だったんです。

実際にはもっと早く乾いていたかもしれませんが、判断がつかないために、念のため半日以上の時間を乾燥に費やしていました。

半日を費やすということは、

サーフェイサー塗装が乾燥

ヤスリがけ整面

という作業のあと、再度サーフェイサー塗装しようと思うと、もう夕方になり出来ない!

しかし、乾燥ブースを導入したことで、作業時間が大幅に短縮なのです!

乾燥ブースは、塗装したパーツを短時間でしっかりと乾燥させることができ、見た目や触感からも乾燥具合がわかるため、安心感が違います。

そういう心理的効果もあり、

サーフェイサー塗装

ヤスリがけ

状況確認サーフェイサー塗装

という作業も半日で済むようになり、作業効率が倍以上に向上しました。

がく
午後も同じ作業を行うことができるため、生産性が向上したと言えますね。

私が山善の乾燥ブースを選んだ理由

プラモデル塗装の乾燥ブースとえいば、山善の食器乾燥機一択なのが現実なのではないでしょうか?笑

山善の食器乾燥機は、自然対流式。

温風を強く当てることがないため、パーツ表面が傷つきにくく、傷みを最小限に抑えることができます。

これは、塗装乾燥後の仕上がりをビシっと綺麗に保つためには重要ですね。

またファンやモーターがないため、動作音が静かで使いやすいのもgood。

さらに、山善の食器乾燥機は、タイマー付き。

これにより、塗料の種類や塗り方に合わせて、最適な乾燥時間を調整できます(スイッチの切り忘れもなくて安心)。

ただし、山善の食器乾燥機は、本来は食器を乾燥させるためのもの。そのため、塗装の乾燥に使用する場合は、自己責任で行う必要があります。
山善食器乾燥機がもたらす革命!エアブラシ塗装の作業効率が劇的アップ!

まとめ|狭い部屋ならせめて乾燥ブースだけでも!

塗装ブースと乾燥ブースの最強コンボで、エアブラシ塗装の作業効率大幅アップ!

塗装ブースと乾燥ブースの最強コンボで、エアブラシ塗装の作業時間大幅短縮!

ガンプラの完成が早くなれば、ガンプラ製作が楽しくなる!

このような環境に身を置けたこと、超絶感謝なのであります。

ガンプラがなかなかに完成しない!どうすればいい?と困っている週末モデラーの皆様、ぜひ塗装・乾燥ブースの導入をぜひ検討してみてください。

無茶なことを言うな。
こんなバカでかい塗装ブースとか乾燥ブース、簡単に置けるか。引っ越しが必要やろが。
がく
それはマジでごもっともでございます。

わたくしも、引っ越したので塗装ブースと乾燥ブースを置けるようになったワケで・・・。

自宅に空き部屋があったりとか、いま住んでいる部屋が超広かったりとか、っていう条件がないと難しいですよね。

なので、そういう条件が揃ってる人は、ぜひ塗装ブースや乾燥ブースの導入を検討してみてくださいませw

広い部屋がなくても、せめて乾燥ブースの導入だけでも検討をw

がく
筆塗りをする場合でも、乾燥ブースがあるとパーツがすばやく乾いて、次の作業にすぐに移れます。この方法は作業効率を大幅に向上させるので、オススメ。

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku