がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

プレミアムトップコートをさっと吹くだけ!素組みガンプラも塗装仕上げの美しさ!

_0000_楽
ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。

プレミアムトップコート(つや消し)、ついにわたくしも使いましたよ!
DSC01828

結論からいいますと、

プレミアムトップコート、最高やないかい!

ってことですね(^^)

今回はHGブグに・・・
DSCF7061

プレミアムトップコートを吹き付けてみましたよ。
DSCF7100

詳細は本文にて!

 

今回のメニュー

HGブグは素組みでもカッコイイ!

プレミアムトップコート <つや消し>は高品質原料

つや消しトップコートとの違いを比較

HGブグにプレミアムトップコート <つや消し>を!

プレミアムトップコート <つや消し>を吹いたらHGブグが超プレミアムに!

プレミアムトップコート <つや消し>を使用して率直な感想

プレミアムトップコート <つや消し>の水性の利点

プレミアムトップコート <つや消し>の塗膜の強さについて

プレミアムトップコート <つや消し>のデメリット

まとめ

 

 

今回使う道具

Mr.HOBBY:
プレミアムトップコート <つや消し> スプレー
トップコート(水性スプレー) つや消し

HGブグは素組みでもカッコイイ!

嫁が素組みしたHGブグ。
DSC01113


嫁が上半身だけ作りましたが見ているウチに愛着とかっこよさを感じちゃいまして、思わず残りの下半身を勝手に組み上げちゃいました(笑)

そんで、このHGブグ、非常に優秀なキットでして、素組みでも十分カッコイイ!
なので、スミ入れしたあとつや消しスプレーしただけでもかなりイケてるのではなかろうかと!

ということで、前々から使ってみたかったプレミアムトップコートを吹いてみることにしました~。

プレミアムトップコート <つや消し>は高品質原料

プレムアムトップコートは、発売はGSIクレオスのMr.HOBBYの製品。

ちなみに、Mr.HOBBYというのは

Mr.HOBBYはGSIクレオス ホビー部の展開する模型関連商材を総称したブランド名です。

引用:Mr.HOBBY.com/株式会社GSIクレオス ホビー部

ということだそうです。ブランド名ってことなんですね。

そんで、プレミアムトップコートのwebサイト見てましたが、詳しい成分などについては記載されておりませんでした。

表面仕上げ用の水性つや消しコート剤です。吹きすぎによる白化現象を極限まで抑えた高品質原料を使用したことで、塗装面の色の質感を大事にしながらツヤを消すことができます。

引用:Mr.HOBBY.com/プレミアムトップコート 

ちなみに、GSIクレオスのwebサイトには、プレミアムトップコートの撹拌方法や吹き方などの動画がありまして、非常にわかりやすいです。

そんで、プレミアムトップコートのスプレー缶の裏の成分記載を見ますと、従来のつや消しトップコートと同じことが記載されています。

こちらがプレミアムトップコート。
DSC01838

こちらがつや消しトップコート。
DSC01836

容量も一緒ですね。

成分的な違いはハッキリとはわかりませんがプレミアムトップコートは高品質原料を使用した、ってところに期待大(笑)

とはいえ、成分的には今までと変わらないのであればちょい不安も・・・。記載されている成分自体が高品質原料を使ってるのかしら(笑)

「吹きすぎによる白化現象を極限まで抑えた」とあるので、もしこれが本当なら、思い切って(ある意味手軽に)スプレーを吹けて、ステキなつや消しな表面が出来上がり、ってことになりますね。

つや消しトップコートとの違いを比較

試しに従来のつや消しトップコートと、プレミアムトップコートを旧ザクのパーツに吹いてみることにしましたよ。

同じ条件で吹きかけたいので、両方とも新品を使って・・・
DSC01697

こんな具合にセットしました。
DSC01709

本当ならパーツとの距離をもうちょい離して、パーツを動かすorスプレー缶を動かして吹く、というところですが、まぁこれは実験ってことで敢えて一点集中砲火(笑)

パーツとスプレー缶の距離は約10cm。近っ(笑)
DSC01712

まぁこの距離で白化しちゃうのか?もわかるのでちょうどよいかと。

ちなみに、つや消しトップコートもプレミアムトップコートも1分間振りました!しっかり振らないとスプレー缶の中の塗料が撹拌されないので。1分間でも少ないくらいだ!(笑)
スプレー缶の吹き方については過去記事を参考にしてください。

 

つや消しトップコート

まずはこちらがつや消しトップコートで吹いたパーツ。
DSC01790

スプレーとの距離が近いので表面がめっちゃ白化しちゃうかと思ったのですが、キレイにつや消しできてますな。

新品なんで、スプレーの噴射力がすごい(笑)

1分間振ったとはいえ、かなり勢いよく噴射しちゃいましたので、液ダレしてそこが白化してますな。

とはいえ、パーツ表面部分は白化してません。なので、10cmくらいの距離ならば、液ダレなどでつや消しトップコートが溜まらなければ大丈夫ってことですね。

プレミアムトップコート

そして、こちらがプレミアムプトップコート。
DSC01783

おおおっっっ!パーツ表面にキレイなつや消しがされています!今まで見たことないようなつや消し!

パーツの全体を均等にしっかりとつや消ししてくれてます。
(液ダレしているところは白化しちゃってるけどw)

密度が濃い!

って感じです。

もうなんなら美しいよね(笑)

並べて見るとプレミアムトップコートの方が表面の密度と濃度が高くビッシリ、って感じですね。

 

白化について

この実験、つや消しトップコートもプレミアムトップコートも、液ダレで溜まってしまった部分は思い切り白化しちゃいましたね。

やはり10cmの距離で一点集中砲火すれば白化は避けらないかと。

プレミアムトップコートはかなりきめ細かく、濃度も高めな印象なので、今回のような一点集中砲火さえしなければ白化はしそうにない感じです。

まぁそもそも、つや消しトップコートもプレミアムトップコートも、動かしながら吹きかければ白化は回避できる!

HGブグにプレミアムトップコート <つや消し>を!

ということで、ガンプラに実際にプレミアムトップコートを吹きかけてみますよ!

プレミアムトップコートを吹く前の素組み状態なHGブグの姿。
DSC01620

いや~素組みでも十分カッコイイですな。

そんで、スミ入れ。

 

スミ入れはタミヤのスミ入れ塗料ブラックを使いました。

 

ブラックが色としてちょいと濃いなぁ、って方はダークグレイもありますよ♪

ってなことで、デカールも貼っておきますよ~。

 

プレミアムトップコート <つや消し>を吹いたらHGブグが超プレミアムに!

プレミアムトップコートを吹くにあたっては、パーツは全部バラさず、大体の部位ごとに吹きました。

そんで、組み上げてみた。
DSCF7100

おお、すっげぇーイイ感じです!かなりイイ感じ!

かなりのキメ細かさでつや消しされています!ちょい、いや、かなり感動!(^^)

ちょいと素組みと比較。
こちら素組み。
DSC01620

こちらプレミアムトップコートでつや消し。
DSC01926

プレミアムトップコート、こいつ、凄すぎるのではなかろうか!
DSCF7169

 

我々はもしかして、とんでもな製品と出会ってしまったのかもしれない(笑)

 

プレミアムトップコート <つや消し>を使用して率直な感想

プレミアムトップコートを使った感想をすっごく端的に申し上げますと、

簡単だけど、キレイにつや消しスプレーできるよ

ってことです。

端的すぎてすみません(笑)

しかし、本当にそのとおりなんですよ。つや消しトップコートの場合はパーツ表面に対しキレイに均等につや消しするには結構コツみたいのが必要でした。

パーツとスプレー缶の距離とか、スプレー缶を動かして一点集中させないように吹くとか、しっかりとスプレー缶を振って中身を撹拌させておくとか、そういうことを意識して注意しておかないと表面にキレイにつや消しできない。

しかし、プレミアムトップコートなら、あんまり深く考えずに、とにかくさっと吹き付ければキレイにつや消しできてる!って感じです(あくまで印象としてよw)。

とはいえ、しっかりスプレー缶を振って中身の塗料を撹拌しておくのと、スプレーの吹き始めに吹き付けない(2秒くらいスプレーを吹いてから吹きつけ)っていう基本は大事です。プレミアムトップコートといえどスプレー缶なんでね。

1)スプレー缶をよく振る

2)スプレーを2秒くらい吹きだした状態で・・・

3)パーツに対して左右に往復して吹きかける

4)パーツに対して上下に往復して吹きかける

そんぐらいでも十分キレイなつや消しになるかと!

でもまぁ結局、このあたりは、やはり個人のスプレー缶吹きつけの技術力がどうしてもでてきちゃいますね(^_^;)

実際、わたくしもこのHGブグは、プレミアムトップコートがまだらな吹きつけになってるところが、いくつかは見受けられます。

吹きつけ技術に自信がない場合は、1回吹きつけて、乾いてから2回目の吹きつけをすればよし、ですね。

 

プレミアムトップコート <つや消し>の水性の利点

つや消しスプレーは油性(いわゆるラッカー系)のもあるんです。
DSC06730

この油性の方がパーツへの食いつきもいいし、塗膜も強いし、キレイにつや消しできる、ってのはありますね。

わたくしも、油性の方を使ったりもしておりました。

でも、油性だとパーツ表面にスミ入れのスミが滲むとか、デカールが溶けるとか、そういう可能性が高くなるんですよね。
そのあたりのことを過去記事に書きましたのでそちらもぜひ読んでみてください。

しかし、水性ならば、そういう心配もほとんどなし(しかし、水性だって近い距離で思い切り吹き付ければスミは滲んだりしますよね)。

なので、水性でこんだけ簡単キレイにつや消しできるプレミアムトップコートは凄すぎます!!

プレミアムトップコート <つや消し>の塗膜の強さについて

つや消しトップコートのパーツ表面にスジ彫りカーバイトの0.5mmで、ちょっと線をひいてみました。
DSC01815

ワリと簡単にスィっとひけた。

こらちはプレミアムトップコートで同様にやってみましたよ。
DSC01823

塗膜の密度が濃いせいか、引っかかって上手くひけませんでしたね~。

結構、塗膜は強い印象はあります。つや消しトップコートで吹いた表面よりかは強いかと。

とはいえ、やっぱり油性のつや消しクリアーの方が塗膜は強いって印象もまた事実(^_^;)

なので、プレミアムトップコートといえど、塗膜の強さはあまり期待しない方がいいかと・・・。まぁ水性ですからね。

 

プレミアムトップコート <つや消し>のデメリット

すんげぇ優れまくっている感のあるプレミアムトップコート。

しかし、コスパの面では少々見劣り(^_^;)。

そもそも、スプレー缶自体がコスパよくないですから。

このプレミアムトップコート、つや消しトップコートに比べて、お値段が少々お高め。

お値段は、Mr.HOBBYのwebサイトで確認すると税込み648円(2017年3月5日現在)

つや消しトップコートは税込み540円(2017年3月5日現在)

100円以上違うワケですねぇ。

1本ならともかく、何本も買うとなると・・・って感じですね。

ちなみに、HGブグに対しては、プレミアムトップコートを全部使うことはなかったのですが、90%は使ってしまいましたねぇ(まぁこれは個人差がありますね)。

HGブグで、確実に全てのパーツにプレミアムトップコートでつや消ししたいなら、2本は用意しておきたいところですなぁ。

 

まとめ

お値段としては、少々お高めではあるが、手軽に吹けて仕上がり具合が最高なのは最高ですwww

つや消しトップコートは慎重にやらなければなので、それなりに時間と労力を要しました。

しかし、プレミアムトップコートはそういう慎重さはほとんど必要なく、吹き付ければプレミアムなつや消し(笑)

わたくしのように、週末などしかガンプラを触る時間のない人間にとっては、こういう道具は非常にありがたい!

時間と労力について、解決できる道具があるなら使わない手はない!(まぁ道具のお値段によりますけどね)。

今後は最後の仕上げは、これでもよいかもしれない。

あまりの便利さに、感動して思わず2本ストック分をポチったのでした(笑)
DSC01841

ということで、今回のプレミアムトップコートの記事が皆さまの参考になれば幸いです。