がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

ガンプラ初心者にケロロニッパーをおすすめする2つの理由!

_0003_喜
ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。

ケロロニッパー、買いました(^^)

過去のブログ記事で、ケロロニッパーが欲しい!的なことは書いてたんです。ウチはたまに嫁さんもガンプラを作る(作らせる?)こともあるので、嫁さん用にいいかなぁ、なんて思ってましてね。

そんで、買ってみて、使ってみて、ケロロニッパーどうなのよ、って結論を先にいっちゃいますと、

ケロロニッパー、ガンプラ初心者にはオススメ!

ってことですね(笑)

ガンプラを初めて買って、ニッパーは最初何を買えばいいんだろう?って方々にオススメしたいのが、このケロロニッパー。

その理由や詳細を書いていきます~。

ということで、生意気にも今回はケロロニッパーのレビュー(?)的な内容です。

フォロワーさんにもありがたいことに、レビューを期待されてますので(笑)

ガンプラ初心者の方々の参考になれば幸いです~。

ケロロニッパーおすすめ理由の2つはシンプル

ケロロニッパー、おすすめ理由の2つはシンプル!以下の2つです。

1)切れ味いいです!

2)堅牢性あります!

ケロロニッパーについては、もうこれしか言うことがないくらいです(笑)

ちなみに、「堅牢性」とは

物がしっかりと、壊れにくくできていること。また、そのさま

引用:けんろう【堅牢】の意味 - goo国語辞書

ということです。

まぁ頑丈ということですわ。

さて、ケロロニッパーについては、上記2点以外、ぶっちゃけ特筆すべきような特徴があるワケじゃないんですよね(笑)

ゴッドハンドのwebサイトでも、使用感についてはあまり詳細は書いてなくて、書いてあることは以下の2点。

 

・使いやすさを重視した刃形状。適度な切れ味と高い耐久性
・パッキンバネ採用。グリップも握りやすい!

【引用元のゴッドハンドwebサイト】

パッキンバネ?
これを調べていて、同じくパッキンバネが採用されている「普通のニッパー改」というニッパーを発見~。

 

ゴッドハンド「普通のニッパー改」

この「普通のニッパー改」というニッパー、ゴッドハンドからでているニッパーですね。

「普通のニッパー改」
【参考webサイト】:【ネコポス対応】 ゴッドハンド 普通のニッパー | メーカー,ゴッドハンド | 模型工具専門店のゴッドハンド

ケロロニッパーと見た目そっくり(笑)
も、もしかすると、ケロロニッパーはこの「普通のニッパー改」にケロロの刻印をしただけ?(^_^;)

お値段はだいぶ違うようではありますが・・・。

実際のところはどうだかはよくわかりません。見た目同じでも刃先とかの性能もだいぶ違うかもですし。

まぁここではその点はおいときまして、「パッキンバネ」についてですがゴッドハンドの「普通のニッパー改」のwebサイトを見ますと以下のように書かれています。

ある一定の位置まで握りを開くとストッパーが解除され、全開まで開くことが可能です。

引用:【ネコポス対応】 ゴッドハンド 普通のニッパー | メーカー,ゴッドハンド | 模型工具専門店のゴッドハンド

この機能は何気嬉しい。ニッパーの扱いに慣れていないガンプラ初心者としては可動範囲が広いのは助かりますよね。
DSC05371

ケロロニッパーにも、「パッキンバネ」はついているのであります!w

ケロロニッパーはニッパーとして優秀

話しを戻しまして、冒頭でも書いたとおり、ケロロニッパーはニッパーとして特筆すべきことがない、という点が特筆すべき点なのかもしれません(笑)

でも、それは、むしろ、シンプルに、

「普通に切れ味良くて、頑丈よ」

ってことでありまして、

シンプルに

「ニッパーとして優秀」

といえますね(笑)

ただ、ガンプラをある程度作っている人にとってみると、ケロロニッパーがゴッドハンドのニッパーということで、「ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー5.0」と比較しがちだろうと思うんですよね。だって、わたくしがそうですから(笑)
DSC08984

切れ味抜群!究極の極薄刃片刃ニッパーの「ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー5.0」の詳細についてはゴッドハンドのwebサイトをご覧ください。

【参考webサイト】

ちなみに、わたくしも「ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー5.0」については過去に記事を書いてますので参考までにどぞ。

ということで、ケロロニッパーアルティメットニッパーを、「切れ味」「堅牢性」という二つの視点から比べてみたいと思います。

ケロロニッパーを普通にレビューしたら「切れ味よくて頑丈だし、オススメだよ!」でお終わっちゃうのでね(笑)

ケロロニッパーおすすめ理由1)
切れ味良し!

まず、切れ味。

アルティメットニッパーとケロロニッパーの切り口を比較してみます。

こちらがケロロニッパーの切り口。
DSC05397

こちらがアルティメットニッパーの切り口。
DSC05392

やはりアルティメットニッパーの方が切れ味がイイ分、「白化」は少ないですねぇ。
※白化については過去記事を参考にどぞ。

でもそれは、ケロロニッパーが「ニッパー」として劣っているのではなく、「アルティメットニッパー」がニッパーとして「すげぇ切れ味!」というだけの話。

ってなことでして、わたくしは

ケロロニッパーの切れ味については、全く問題ない

と感じています(^^)。

ってか切れ味イイです。

ニッパーで切ったあとゲート処理をして、塗装するのであれば、ケロロニッパーでも十分かと!

キレイな切り口はゲート処理も楽

そりゃまあね、ケロロニッパーよりもアルティメットニッパーを使った方が、ゲートに白化も起きづらいでしょうし、ゲート跡もキレイでしょうね。

ゲート跡がキレイな方が、そのあとのゲート処理や表面処理も楽だし、何よりパーツ表面がキレイに仕上がるとと思うんですよ。

でもまぁそれは
ガンプラを作り続けるうえで、さらなる高みのステージにあがるときになってアルティメットニッパーの購入を検討
してもいいわけですしね。

なので、
ガンプラを始めるにあたって、今後ガンプラをどれくらいの頻度で作るかとか、飽きちゃうかもなぁ、とか迷ってる人は、最初のニッパーはケロロニッパーで十分
ですね。

ケロロニッパーおすすめ理由2)
頑丈!

次に堅牢性ですが、これはアルティメットニッパーよりも、ケロロニッパーに軍配があがります。

もう持った感じが頑丈そう(笑)
DSC05375

パワーピンセットのとき「持った感じが違う」という感覚的なことを書いてしまいましたが、こういう感覚って、結構大事ですよね。

だって、道具として違いがあるから、感覚が違うんですもん!

ゴッドハンドさんが作る道具ってのは、他とはやっぱり違うんでしょうねぇ(^^)

まぁ感覚的なことばかりいってもどうかと思うので、ケロロニッパーとアルティメットニッパーの刃の部分を見比べてみましょう。

画像の
上のが「アルティメットニッパー」
下のが「ケロロニッパー」
DSC05382

まぁ、当然ケロロニッパーの方が刃の厚みはありますね(笑)

アルティメットニッパーは薄刃ニッパーというくらいですから、その切れ味の反面、刃が折れやすいというリスクもあります。

ついでなんで、アルティメットニッパーの堅牢性についてチラっと書きますよ。

アルティメットニッパーの刃、なんだかんで折れないよ

実際のところ、実はわたくし、アルティメットニッパーの刃を一度折ってしまったことがあります(笑)

テーブルの上から落としたことがありましてね。

普通に落とすのではなく、弧を描いて落としましたよ、いや、マジで(笑)

落ちる瞬間、時間がとまるレベルで弧を描きました(^_^;)

「静かにしろい この音がオレを蘇らせる、何度でもよ」と呟けるレベル(笑)

そんくらいのレベルで落としたものですから、刃先がパキっといってしまいました(笑)

っていうか、そんくらいのレベルでニッパー落としたら、普通のニッパーでも刃先は折れるかもな(^_^;)

机の上から落としたときに刃が折れたくらいで、他の作業では刃が折れたことはないです。普通に使ってれば、刃が折れるようなことはないかと。

アルティメットニッパーの刃、なんだかんで曲がらないよ

アルティメットニッパーは曲がってしまう、ということもあるようですが、これは相当ムリして、捻ったりして使ったからだと思います(個人の感想ですw)。

刃先が折れてしまったアルティメットニッパー、もう使えないと思いまして、どれくらいやったら曲がるかもちょいと試しました。

そのときは、かなり太いランナーを、思い切り捻りながらカットして曲げたのを覚えています。そんで、ようやく曲がりました(笑)

まぁ個人差は当然あるでしょうけどね。

 

細い箇所へのゲート処理はケロロニッパーがよかったりする

さらにもうひとつ付け加えると、アルティメットニッパーよりも、ケロロニッパーの方が刃先は鋭くなっています。
DSC05382

なので、パーツの形状によっては、
細い箇所に入り込めるニッパーはケロロニッパー
というパターンの時もありますよ。

たまにパーツのゲート処理においては、かなり入り組んだ細い箇所にゲート跡があったりして、そんなときはケロロニッパーの方がよかったりしますよ。

まとめ

なんだかんだで、色々ごちゃごちゃと書きましたが、ケロロニッパーはとても優秀だと思います。ってか優秀です!

そんで、お値段ですが、ゴッドハンドのwebサイトによると、2017年6月11日現在で1296円とのことですが、1296円でこの切れ味と頑丈さ、コストパフォーマンスは相当イイ!

そりゃね、わたくしも1000円前後のニッパーはケロロニッパーしか買ったことありませんよ(笑)

でも、1296円のニッパーでここまでの切れ味と、頑丈さがあれば十分すぎるのではなかろうか!

わたくしはとしては、ケロロニッパーは高評価!その証拠がこちら!

2つ買いました(笑)
DSC05407

ひとつ目は嫁用、そんでもうひとつは、あんまりケロロニッパーが優れたニッパーでしたので、友人へのプレゼント用(笑)

今度、友人に積みプラからケンプファーをあげる予定でして、
ranking_12

ニッパーがないということなんで、思わずケロロニッパーも買ってあげちゃうことにしちゃいました(笑)

なんて優しいオレ!

でもね、「ガンプラを初めてつくるという初心者にはケロロニッパーが最適!」なワケなので、ついプレゼントしたくなっちゃうのよね。

っていうか、他のメーカーの1000円前後のニッパーで、ケロロニッパーと同等レベルのモノもあるかもしれないけど、ケロロニッパーは、「ケロロ」がついてるぶん、それでお得じゃね(笑)

っていうか、昭和生まれのわたくし、ケロロって、軍曹っていうことを今回初めて知りました(笑)

ブログ記事が参考になれば幸いです(^_^)シェアは以下のボタンからお願い致します。

Twitterもフォローしてくれると嬉しいです(^^)
がく@oskgaku

ゴッドハンド製品レビュー記事セレクション