嫁が初のスジ彫りで称賛した道具!三種類を比較して選出!

_0000_楽
ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。

ガンプラのスジ彫り、初心者が最初に使うのはどれがいいかの問題(←問題になってるのは私だけw)。

わたくしは以前、ガンプラ初心者のスジ彫りはとりあえずファンテックのスジ彫りカーバイトを使っておけ、ってな記事を書きました。

まぁこれはこれとしていいのですが、主観も入ってるよなぁ・・・とは思うワケです。

ということで、今回はガンプラ超ド級素人の嫁さんに、
3種類のスジ彫り道具を使ってもらい、どれが1番使いやすいのか?
ってのを試してもらいます!

_0011_普通
嫁:「めんどくさっ」

苦笑い
がく:「大変申し訳ございませんが、ご協力のほどよろしくお願い致します」

_0011_普通
嫁:「この代償は高くつくね」


_0001_哀
がく:「ドキドキ・・・。」

 

スジ彫り道具3種類を紹介

今回、嫁に試してもらうスジ彫り道具は以下の3種類。

スジボリ堂:「BMCタガネ
DSC04431

GSIクレオス:「Mr.ラインチゼル
DSC04432

ファンテック:「スジ彫りカーバイト
DSC04436

なぜにこの3種類かといいますと、わたくしが持っているスジ彫り道具、ってなこともありますが、店頭なんかでも最も入手しやすい部類で、ポピュラーな3種類だと思うんですよね。

そんで、嫁さんに試してもらうスジ彫りは、いきなり新規で彫るスジ彫りってのは難しいので、すでにパーツに施されているモールド(溝)を、彫り直すってな作業をやります。

モールド(溝)を彫り直すキットはこれ。
ガンダムオリジンの「HG 1/144 ザクII C型/C-5型」。
DSC04437

パーツは二の腕部分。
DSC04376
DSC04377

スジ彫り作業にルーペはやはり必須!

_0011_普通
嫁:「作業説明はわかったから、はよよこせや。さっさとやって終わらせるから」

苦笑い
がく:「皆さま、これはご機嫌がよろしくないワケではありません。これがデフォルトです」

_0011_普通
嫁:「ちっさ!このパーツにスジ彫りとやらをするのキッツ!」

DSC04377

苦笑い
がく:「やはりそうですよね。HGサイズですしね。ならばやっぱり、スジ彫り作業にルーペは必須!ですかねw」

DSC04439

嫁さんは今まで、素組みは多少やったことあるんです。


なのでルーペなしでも大丈夫かと思いましたが、さすがにスジ彫り加工なんかの作業はルーペないとキツイみたいです(^_^;)

ということで、ルーペも準備したし、早速試していきますよ!

_0011_普通
嫁:「いや、やるの私だから」

スジ彫り初体験 検証道具1)
BMCタガネ

まず最初はスジボリ堂の「BMCタガネ 0.2mm」から。
DSC04431

ザクIIの腕のモールド(溝)を彫り直してもらいますよ。
DSC04377

早速彫ってもらったところ使い勝手は・・・。

_0011_普通
嫁:「普通」

苦笑い
がく:「普通って」

まぁ特に違和感はなかった模様・・・。

こちら、彫ったパーツ。
DSC04384

彫った様子はよくわからんですな(^_^;)

BMCタガネを使った感じとしては、特に違和感なく使えたようです。

スジ彫りを全くやったことない嫁さんでも、案外普通に出来るもんなんですねぇ・・・。

わざわざブログに書くこともなかったかしら(笑)

レポートとしてはつまらんのぉ・・・。

_0011_普通
嫁:「わたしは必要以上のコメントはしない」

 

BMCタガネにはホルダーもあるのだが・・・。

スジボリ堂の「BMCタガネ」は専用のホルダーがあるんですよ。

BMCタガネホルダー レッド
DSC04454

これならさらに安定感の増すのでは!(ちなみに、わたくしはホルダーつけない方がやりやすいw)

ってなことでホルダーをつけて嫁さんに試してもらいます。
DSC04456

_0011_普通
嫁:「やり辛い」

苦笑い
がく:「サラッと言ったなぁ」

まぁこれも好き好きがありますからねぇ・・・。とは言いつつも、夫婦揃ってBMCタガネホルダーが使いづらいという結末はこれまたなんとも・・・。

スジ彫り初体験 検証道具2)
Mr.ラインチゼル

お次はGSIの「Mr.ラインチゼル 0.15mm」。
※わたくしはサイズがわかるようにマスキングテープ貼って「0.15mm」って書いてます(^_^;)
DSC04432

Mr.ラインチゼル」も本来ならばキチンとした専用の持ち手があるワケです。

※どうやら持ち手単品ってのはなく、持ち手+0.3mm刃がセットになっているようです。

しかし、わたくしはすでにゴッドハンドの「ショートパワーピンバイス」などのピンバイスがありますので、それを使います。
DSC02647

 

この「ショートパワーピンバイス」、わたくしは持ちやすくて、手にめっちゃフィットしますのでかなりお気に入りの逸品!

ってなことで、Mr.ラインチゼルを「ショートパワーピンバイス」に装着するところから嫁にやってもらうことにしました(笑)

ショートパワーピンバイス」に「Mr.ラインチゼル」を装着するのも使い勝手に含まれますからね。

_0010_困惑
嫁:「ハメづらっ!」

苦笑い
がく:「まぁ最初はそうなるよね」

_0008_怒
嫁:「っていうか、「Mr.ラインチゼル」専用の持ち手があるならそれ買えや」

_0004_困惑
がく:「い、いや、だから、それがないんですよ~~」

ふぅ~、やっぱり初めて「ショートパワーピンバイス」を使う人にとっては、なかなかハメづらいですよねぇ。

 

ガンプラ初心者のピンバイスについて

わたくしが現在持っているピンバイスは2つ。

タミヤの「精密ピンバイスD-R」とゴッドハンドの「ショートパワーピンバイス」。
DSC04443

1番最初に購入したのがタミヤの「精密ピンバイスD-R」。
DSC04445

嫁さんがピンバイスの装着が難しかったように、わたくしも初めてタミヤの「精密ピンバイスD-R」にスジ彫りカーバイトを装着するときはちょいと手こずりましたからね(^_^;)

そう思うと、各社が専用のピンバイスというか、グリップ(持ち手)を用意するのは当然なのかもしれません。

例えば、もし、
小学1年生の子供
お父さん
の親子2人がガンプラを初めて作って、そして何体かキットを作ってスジ彫りもやってみようか、となったとき、そんな親子のスジ彫りには専用のグリップの方が安定して装着もやりやすいかもですねぇ・・・。
※まぁスジボリ堂のホルダーは、我ら夫婦はアレでしたけど・・・(^_^;)

今まで、あんまりそういう視点で見てませんでしたねぇ・・・。

でもピンバイスの装着のやり辛さは、最初だけだとは思われるのですが・・・。

嫁さんの様子を見ておりますと、「Mr.ラインチゼル」をキッチリと「ショートパワーピンバイス」に装着していない様子・・・。

この状態でスジ彫りを開始すれば、

「すっげぇやり辛っ!」

となるのは必至(^_^;)

安定してませんからね。

さすがに「ショートパワーピンバイス」への装着は見るに見かねて、わたくしがキッチリとハメました(笑)

Mr.ラインチゼルでのスジ彫り開始!

そして、ようやく「Mr.ラインチゼル」のスジ彫り開始!

_0010_困惑
嫁:「これ、やり辛っ!」

_0005_普通
がく:「な、なぬ?やり辛い?Mr.ラインチゼルのスジ彫りがやり辛い?」

わたくしとしては、「Mr.ラインチゼル」は別にやり辛い印象を持ったことはないのですが・・・。

_0011_普通
嫁:「なんかこれ、彫りづらい」

ううむ・・・。もしかすると、「Mr.ラインチゼル」は全くスジ彫りをやったことない初心者が使うにはやり辛いのかもしれません・・・。

確かに、この「Mr.ラインチゼル」の刃先の形状だと、最初の一刀を引っ掛けるのが難しいのかも・・・。
DSC04247

_0006_楽
嫁:「こうすれば多少はやりやすい」↓

DSC04392

すっげぇ先っぽに装着してるな!それ、むしろやりにくくないか?(笑)

_0010_困惑
嫁:「っていうか、そもそも、この短いピンバイス、持ちづらい!」

_0004_困惑
がく:「な、なに~~~~~!!!!」

ショートパワーピンバイス」が持ちづらいですって!!!!

こんなに安定感抜群で作業のやりやすいピンバイスが他にあるかってぇの!!!

_0011_普通
嫁:「他のピンバイスをよこせや」

ぐ、ぐむ~・・・。急にサウザーみたいな態度になりおって・・・。致し方あるまい。タミヤの「精密ピンバイスD-R」をだすか。
DSC04394

_0011_普通
嫁:「こっちの方が断然使いやすいじゃん。最初からこれだせや」

苦笑い
がく:「まさかの「精密ピンバイスD-R」推し」

まぁわたくしも、タミヤの「精密ピンバイスD-R」は、使いににくいとは思ってませんけど、ゴッドハンドの「ショートパワーピンバイス」の方が手にフィットするんだよなぁ。

待てよ。

もしかすると・・・。

実は、嫁さんの方が手のひらが大きい!!指が長い!!

わたくしの方が身長が6cm高いのに、手のひらは嫁さんの方が大きい事実・・・。

ちなみに、足の長さも嫁さんの方が長いという事実・・・。

_0011_普通
嫁:「受け入れろ、現実を。ひとは己を知ることが、生きる上での戦略の第一歩だ」

苦笑い
私:「お、お師匠さま・・・。」

と、ともかく、手のひらというか、指が長い嫁さんにとっては「精密ピンバイスD-R」の方が使いやすいようです。

ガンプラ初心者はピンバイスが重い?!

_0011_普通
嫁:「でもさ、このピンバイスはさ、使いやすいけど、重たいね。長時間使うと疲れそう」

苦笑い
がく:「これまた新しい視点!!」

タミヤの「精密ピンバイスD-R」は、初めてスジ彫りする初心者には重たい、という感想を持つんですねぇ・・・。

まぁ女性だから、ってのもあるかもですね。

スジ彫りもそれなりに長い時間の作業を要しますから、これは大事なことですね。

初めてやることは何でも疲れますから、スジ彫り作業もそれなりに疲れるかとは思いますけど、グリップを重たいと感じたら、なおのこと疲れそう・・・。

そう思うと、ゴッドハンドの「BMCタガネ」は、ホルダーを付けなくても持つことが出来るので、そういう意味での作業のやりやすさもあるのかもですね。

ちなみに、これが「Mr.ラインチゼル」と「精密ピンバイスD-R」で彫ったスジ彫りです。
DSC04386

やはり、画像からは違いはよくわからんですな(^_^;)

ということは、仕上がりの見た目としては、少なくとも初心者レベルではさほど違いはないということになりそうですね。

スジ彫り初体験 検証道具3)
スジ彫りカーバイト

最後はファンテックの「スジ彫りカーバイト 0.1mm」。
DSC04436

これまたピンバイスへの装着は難しそうなご様子(^_^;)

そして、これまた謎の装着方法。スジ彫りカーバイト装着のクセがすごいw
DSC04446

せっかくラベル部分があるんだから、普通はこうするよね。
DSC04397

_0009_喜
嫁:「これはやりやすい!!」

_0003_喜
がく:「おおっ、そうなんですねぇ。スジ彫りカーバイトは使いやすいんですねぇ。」

_0009_喜
嫁:スジ彫りカーバイトと精密ピンバイスD-Rの組み合わせがいちばんやりやすい

_0003_喜
がく:「でました星3つ!」

_0011_普通
嫁:「いや、星はあげていない」

ということで、こちらが「スジ彫りカーバイト」と「精密ピンバイスD-R」のコンボで彫ったスジ彫りです。
DSC04390

やはり、こちらも画像からは違いはよくわからんですな(^_^;)

ということは、繰り返しになりますが、仕上がりの見た目としては、少なくとも初心者レベルではさほど違いはない、ということになりそう。

 

まとめ

今回、ガンプラ超ド級素人でスジ彫り初体験の嫁さんには

 

BMCタガネ
Mr.ラインチゼル
スジ彫りカーバイト

の3種類のスジ彫りを試してもらいました。

その結果、仕上がりはほぼ同じ。そうなると、あとの違いは使い勝手。

嫁さんは
精密ピンバイスD-R」に「スジ彫りカーバイト
を装着させたものが1番使いやすかったようですね。

まぁこれはあくまで指が長い嫁さんの場合ですが(^_^;)

指が短いわたくしには、ショートパワーピンバイスの方が使いやすいです。

ただ、「スジ彫りカーバイト」も、ファンテックから専用のグリップがありますから、これが使いやすいのかもです。

ってな具合で、やはり人によって使いやすいスジ彫りってのも違ってきそうです。

そして、本当の初心者さんに、最初のスジ彫り道具として「Mr.ラインチゼル」ってのは、ちょいと難しいのかもしれませねぇ・・・。

まぁファンテックの「スジ彫りカーバイト」はお値段もガンプラ初心者には優しいお値段ですしね(笑)

 

ということで、今回の3種類のスジ彫り道具検証記事がガンプラ初心者様方の参考になれば幸いです。
そんで、シェアボタンをポチっていただけると、さらに幸いです(笑)
やっぱり、多くの人に読んでもらえると、嬉しいです(笑)
Twitterもフォローしてくれると嬉しいです(^^)
がく@oskgaku

▼他のスジ彫り記事はこちら