ガンプラのスミ入れで何度もやってしまう2つの失敗

記事内に広告を含みます

がく
がく

ども、がく(@oskgaku
です。

久々にガンプラのスミ入れ。またしても、同じ失敗をやらかしてしまった。


▲スミが綺麗に流れていかない。なので、無理くり塗りまくる始末。仕上が汚い・・・。

ガンプラの、スミ入れ失敗の代表的2例。

  • スミが綺麗に流れない
  • スミが薄い

ガンプラ歴7年で、スミ入れは何度もやってるのに繰り返しやらかす過ち。

なぜ同じ過ちを繰り返すのか?→面倒くさがって下処理をしないから

繰り返しやらかしてしまうこの失敗、自責の念を持って振り返ることにします。

何度もやってる失敗なので、リカバリーは簡単に終わった。

▲スミ入れして、水転写デカール貼り、つや消し、で仕上げ。

あのモビルスーツが1位?
Amazonガンプラストアの売れ筋ランキングはこちら

スミが綺麗に流れないのは何故か?


▲ガンダムヘッド(RX-78-1 プロトタイプガンダム)。
参考 EXCEED MODEL SERIES|ガシャポンオフィシャルサイトEXCEED MODEL SERIES|ガシャポンオフィシャルサイト

スミ入れ開始。そして、微妙な流れ方・・・。

スミが綺麗に流れないと、仕上がりはやっぱり汚い。

これって既存のモールド(溝)が浅いんですよね

がく
ガンダムヘッドの既存モールド、見た目はかなりしっかりしているから余裕で流れ込んでいくと思いましたが、甘かったなぁ。

綺麗なスミ入れにしたいなら、やはりモールド(溝)彫り直し作業は必須

ちなみに、ガンダムヘッドのスミ入れに使ったのはタミヤのスミ入れ塗料ダークグレイ

▲白いガンダムにブラックはメリハリが強すぎるのでダークグレイがちょうどよい。

モールド彫り直しでスミが流れる


▲使う道具はスジボリ堂のBMCタガネの0.5mm。
参考 BMCタガネ、スジボリ(スジ彫り)工具です。ガンプラ、フィギュア、プラモデルに使用できます。スジボリ堂

がく
やることはシンプル。BMCタガネでモールド(溝)を彫り直すだけ。

BMCタガネは切れ味抜群。彫った後のめくれも少ない。

超絶便利アイテムゆえ、高価で入手しづらいのがちょい残念w

スジボリ堂(Sujiborido)
¥4,800 (2024/05/28 15:06:22時点 Amazon調べ-詳細)

既存モールドを彫り直してスミ入れ塗料を流し込めば、スィ~と綺麗に流れ込んでくれます。


これで解決、とはいかず。見た目、なんだかちょい微妙。

スミが薄くなってしまうのは何故か?

▲仕上がりがちょい微妙。何故か?

がく
スミが、薄い。


▲スミ入れした箇所を、アップでみるとよくわかる。

彫り直したモールドは太い

何故にスミが薄いか?

既存モールドのイメージとしては、最初はこんな感じ。
web-02-1

このままスミを流しても、見た目は綺麗ではない。
web-02-3

彫り直すとこうなる(イメージ)。モールドの底面も平たく太くなった
web-01-1

底面が平らで太くなった分、スミを塗る面積が広くなれば相応のスミ量が必要、という具合。
web-01-2

がく
こうなると、スミ入れ塗料でスミを流し込む程度では仕上がりは薄い。

ただこれは、今回のガンダムヘッドの既存モールドが元から太かった、というのがありますね。

HGサイズのガンプラなら、彫り直した程度でスミは薄くなりません(大抵は)。

タミヤスミ入れ塗料は薄い

それと、そもそもなのですが、タミヤのスミ入れ塗料はスミの濃さとしては、薄い。

▲スミ入れ塗料はエナメル塗料を、薄め液(溶剤)で最初から希釈(濃度を下げるためにエナメル塗料の量を増加する)してある製品。
参考 タミヤ メイクアップ材シリーズ スミ入れ塗料 (ダークグレイ) | タミヤwww.tamiya.com

その希釈の割合が塗料2、溶剤8くらい。


▲沈殿しているのがエナメル塗料。この見た目の希釈率だとかなり薄いのがわかります。

これくらいの薄さだと、HGサイズのガンプラならばしっかりとした濃さのスミ入れは可能。

でも、今回のガンダムヘッドのような太い既存モールドには薄め

さて、どうしたものか。答えはシンプル。

太いモールドはスミを塗る

太いモールドに濃いスミ入れをするにはどうすれがいいか?

答えはシンプル。

がく
流し込むのではなく塗ればヨシ。

塗るためにはどうすればよいか?

スミ入れ塗料は使わない。

エナメル塗料を薄め液(溶剤)で希釈して好みの濃さにする。

▲エナメル塗料のシャーマングレイと薄め液。

田宮模型
¥545 (2024/05/28 15:06:22時点 Amazon調べ-詳細)

エナメル塗料1、薄め液1、要するに同じ分量くらいの割合で希釈。

▲まぁ、目分量です。エナメル塗料は希釈しないと濃すぎます。

筆はタミヤ モデリングブラシHG 面相筆 超極細

これで塗りつければOK。


▲長々と書いてきたけど、これだけのことなのよね。

エナメル塗料の特性に気をつける

やることはシンプルだけど、エナメル塗料の特性には気をつけないとイケない。

エナメル塗料(正しくはエナメル塗料の溶剤)は塗りすぎると、パーツを割ってしまうことがある。

▲過去の実験で、スミ入れ塗料でプラ板を割る実験をしてみた。ヒビが入ってます。

調子に乗ってベタベタと塗りすぎると、パーツが割れてしまうかもなので注意が必要。

がく
とはいえ、わたくしはエナメル塗料でパーツが割れたことはありません。

エナメル塗料以外でもスミ入れは出来る

エナメル塗料を自分で希釈って、ダルいな。
エナメル塗料、薄め液、塗料皿、筆、ダルい!
片付けもダルい!他にないんかい!

がく
正直、わたくしもダルいです。
なので、ガンダムマーカーとかでもイイんですよね。


▲今回に関しては、マジでガンダムマーカー流し込みスミ入れペンでもよかった。
GSI クレオス(GSI Creos)
¥410 (2024/05/28 15:06:27時点 Amazon調べ-詳細)

ガンダムマーカーの詳細はこちら

ただ、このガンダムマーカーは素組み専用と書いてあるとおり、素組みの場合に有効なアイテム。

▲これには注意が必要。

がく
塗装したパーツの上からこのガンダムマーカーを使ったら、下地の塗装を溶かしちゃうかもです。

ガンダムマーカーを使わなかった理由

昨今、わたくしは、あまりガンダムマーカー流し込みスミ入れペンを使ってません。

何故かというと、不器用なんでドバっと流し込み過ぎてしまうのです。

それらを踏まえると、エナメル塗料と薄め液を希釈する方法は失敗が少ない。

それともうひとつ、今回のような太いモールドだと、やっぱり塗った方が早い(濃さをコントロール出来るので)。

がく
とはいえ、塗料皿とか筆とか用意するのは面倒。
最初のウチはガンダムマーカーでも良いですね。

ガンダムヘッド完成までの工程


▲兎にも角にも、スミ入れは無事に終了。

あとは水転写デカールを貼って、つや消しを吹き付けて終わり。

過去の水転写デカール貼り作業は、手間が多くて時間がかかるので疲れるばかりの日々。

しかし、クイックトレイデカールスキージーを使うようになってからは、作業効率がグッと上がって短時間で終わるようになりました。

▲一気にたくさんの水転写デカールを貼ることが出来る。これは本当に便利。
参考 デカーリングQuickトレイ – プラモ向上委員会プラモ向上委員会


▲先端のスポンジが、曲面パーツにフィットして水転写デカールが密着。
参考 HIQPARTS / デカールスキージー(1本入)

デカールはハイキューパーツのコーションデカール

ピンセットはゴッドハンドのパワーピンセットショットタイプ

▲水転写デカール貼り作業は、精度の高いピンセットを使うだけで作業効率が劇的に上がる。


つや消しはスプレー缶、GSIクレオスのMr.スーパースムースクリアー

ガンダムヘッド完成

ガンプラって、スミ入れを施せばビシっと引き締まる。

▲凹凸がハッキリとわかるので、全体的に際立ってかっこいい。


▲素組み。


▲スミ入れ、水転写デカール、つや消し後。

がく
今回は下処理せずスミ入れしたので、返って面倒なことになってしまった。
スミ入れするなら、モールドを彫り直すのはデフォルト作業ですね。

認めろ、己の技量とスペックを。
どうせまた失敗したことも忘れるんだから、失敗込みの製作時間を想定しておけ。

その方が、無難かもしれない(^_^;)

でもまぁ、ガンダムヘッドに関しては、この程度の作業なら1日で終わりますよ♪


▲1日で完成するのは嬉しい限りよね。

あのモビルスーツが1位?
Amazonガンプラストアの売れ筋ランキングはこちら

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku