がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

水転写デカールの密着貼り付けが誰でも簡単に!デカールスキージー!

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

ガンプラの水転写デカールを貼るときって、綿棒使ってる人も多いと思うのですが、パーツに密着させるのがちょいとムズイなぁ~、と思ったりしませんか?

わたくしは結構そんな事を思ったりしてるのですが、まぁ水転写デカールをパーツに貼り付けるには綿棒くらいしかないもんなぁ、と思いながら粛々とやってましたw

しかし、そんな悩みも今回導入した道具で解決なんです!

ハイキューパーツの「デカールスキージー」!

もうね、これさえあればあとはこっちのもんだw

ガンプラのパーツに貼り付けた水転写デカールを、簡単に密着させて貼り付けてくれますよ。

もうマジでスゴイよね、ガンプラ道具への浪費が。
アンタにとっては浪費ではないかもだけど、嫁目線では浪費だよね。アンタさ、同年代の地球に私がいてよかったよね。こんな46歳のおっさんを旦那にもらう人、他におらんぞ。
がく
地球規模っ!
まぁ、お嫁に来てくれた事には感謝けどもw
それはともかくとして、デカールスキージーは浪費ではなく、もう有意義な投資と言っていいですね。

という事でね、今回は新たに導入した「デカールスキージー」を使ってHGUCグフの水転写デカールを貼り付ける話です!

HGUCグフの製作9工程紹介

恒例ではありますが、現在製作しているガンプラ、HGUCグフ(リバイブ版)の製作工程をおさらいします。

全部で9工程です。

工程1
パーティングライン処理
工程2
ゲート処理
工程3
既存モールド彫り直し
工程4
合わせ目の段落ちモールド
工程5
全体を600番でヤスリがけ
工程8
デカール貼り
今回はココ!
工程9
つや消し
 

製作工程は今回のデカールを含めてあと2工程。

ようやくゴールが見えてきたような(^^;)

デカール貼りの詳細は過去記事をどぞw

がく
今回はHGUCグフ(リバイブ版)に、水転写デカールを貼り付けていくワケですが、もうね、ぶっちゃけ、水転写デカール作業の詳細は過去記事読んでください、って感じですw
負担激減!ガンプラの水転写デカール貼り付け作業に便利な4つの道具
またかよ!
だったら書くなよ、ブログ記事をよぉ。過去記事を紹介するだけなら書くなよ、ブログ記事をよぉ。
読者様に失礼だろうがよぉ。
がく
そうなんですけどもぉ、HGUCグフに関しては、以前から言ってるとおり、作業工程全てを紹介したいと思いまして・・・。
知らんがな!
アンタのどうでもいい都合に読者様をつき合わせるなよ。
がく
まぁそうなんですけども、これも毎回言っておりますが、こんな記事でも世間の誰かさまのお役に立てるかと・・・。
あと今回は冒頭でも触れましたけどハイキューパーツの「デカールスキージー」のレポートも兼ねてますから、そのあたりがお役に立てるかと。
あっそ。
では私も読者様に毎回申し上げてる事を申し上げます。水転写デカールの貼り付け方法が多少でもわかってる方は、今回のブログを読んでもミリ単位で面白くありません。全力でこのブログから離脱してくださいませ。
がく
全力まで言うかぁ。

水転写デカール貼り付けに便利な4つの道具

水転写デカールの貼り付けで、わたくしが使用している道具は以下の4点。

  1. ヘッドルーペ
  2. パワーピンセット
  3. クラフト綿棒
  4. Mr.マークセッター

GSI クレオス(GSI Creos)

ガンプラ初心者さまでも、上記4点を持っていれば、ある程度のクオリティで水転写デカールの貼り付けは出来ると思います。

不器用天下一武道会に、毎年ベスト4に入るアンタがこの4つの道具でソコソコ出来てるんだから、これは説得力あるな。
がく
不器用天下一武道会に毎年ベスト4はかなりの強者!
でもまぁ実際のところ、この4つの道具は水転写デカールの貼り付けに便利です。詳細はこれも過去記事を参考にしてくださいませ。

水転写デカールは3つを併用

HGUCグフに貼り付けるデカールは3つを併用して貼り付ける予定です。

ガンプラの水転写デカールの王道

まずはガンプラに貼り付ける水転写デカールといえば王道の「ガンダムデカール

▲こういうのをキチンと用意してくれているバンダイはスゴイw

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
ガンダムデカール」には「ジオン軍MS用」というのがあったりします。バンダイ、すごいっ(笑)

他のジオン系もある。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

もちろん、連邦系もあったりとか。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

その他、MGシリーズに合わせたデカールも色々あったりとか。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

バンダイ、すごい(笑)

その他のガンダムデカールも豊富

ガンプラの水転写デカール貼り付けにはガンダムデカール以外の選択肢も豊富!

今回はハイキューパーツの「RBコーションデカール」なんかも使います。

▲HGUCジム・カスタムで使ったのですが、まだまだ残ってますw

実際のところ、なんやかんやで「RBコーションデカール」がメインだったりしますw

なので、水転写デカール作業に「RBコーションデカール」は持っておくと便利。オススメですよ。特にホワイトは汎用性高しっ!

綿棒に代わる新たな道具を導入
デカールスキージー!

今回の水転写デカールの貼り付け、上記で紹介した道具4つのうちのひとつ、綿棒に代わって新たな道具を導入します。

それは、ハイキューパーツの「デカールスキージー」です!

参考 デカールスキージー(1本入)SQZツールほかデカール用品ハイキューパーツの公式オンラインショップ 〜プラモデル・模型趣味を応援〜

この「デカールスキージー」はハイキューパーツのwebサイトによると
水転写式デカールの貼り付け作業を補助する専用工具
との事です。

水転写式デカールの貼り付け作業を補助する専用工具。
デカール下層の水の追い出し、表層水分の拭き取り、押さえつけ、
乾燥後の不要な糊の拭き取り作業に適しています。
引用-ハイキューパーツ

別に綿棒使えばエエがな。
アンタ今まで、プラモデル専用のタミヤの綿棒使ってるんだから、文句ないがな。こんなの100均ダイソ-の綿棒でもイイくらいなのによぉ。

がく
まぁそうなんですけども、綿棒だと曲面パーツに貼り付けた水転写デカールを密着させる場合、ちょいとやりにくいなぁ、と思ってはいたんです。
そんな時、Twitterで「デカールスキージー」が便利、というのをチラホラと見かけたものですから。

兎にも角にも、皆さん「便利だ!」という高評価をしているご様子!これはぜひとも導入してみたいなぁ、と思っていた次第。

デカールスキージーを使った率直な感想

早速、「デカールスキージー」を使ってみたのですが、単刀直入に申し上げて

めっちゃ便利です!

何これ、超便利ですやん!

という感想です(^^)

パーツにフィットするので、曲面パーツに貼り付けた水転写デカールが、ものすごく密着されるのがわかります。

最初の1回目でわかりました。これは便利なやつやん!ってねw

スポンジのフィット感が最高

個人的には、「デカールスキージー」をパーツに押しつけた時のフィット感がすごくイイです!

パーツにフィットする理由がこのスポンジですね。

ハイキューパーツのwebサイト曰く、

スポンジは、親水性を付加した樹脂製。
柔らかい素材なので、均一に力をかけやすく、
デカールを曲面に馴染ませる作業にオススメ。
引用-ハイキューパーツ

との事でして、まぁまさにその通りなんですわ(食器を洗うようなスポンジとはちょっと違いますね)。

このスポンジで、パーツに貼り付いた水転写デカールを押さえつけてコロコロすると、水転写デカールの密着感が感じられて気持ちイイw

密着してるので、均一に力をかけてる感じが伝わってきます。

本当に水転写デカールがパーツに密着させてる感じがしますねぇ。

段差があるような箇所も、おさえつければフィットしてくれますよ♪

水分を含ませてあげるのが吉

デカールスキージー」はスポンジに水分をちょいと含ませてあげるのがいいようです。

何もしない状態で水転写デカールの貼り付け作業をやると、水転写デカールが「デカールスキージー」に貼り付いてしまうとか!


貴重なアドバイスをくれたフォローさま、ありがとうございます(^^)

まぁスポンジに、あんまりビタビタに水分含ませてしまうと、それはそれでパーツがびちゃびちゃになったり、水転写デカールが浮きまくりになったりしちゃうでしょうから、水分を含ませたら、指でギュっと絞って、ちょっと湿らす程度で十分かと思います。

Twitterにおけるデカールスキージーの評価

先述しましたが、世間の皆さまもTwitterでは高評価なご様子。

そりゃまぁこんだけ便利なんだから、「デカールスキージー」は高評価になるよねw

ハイキューパーツの公式Twitter、株式会社ハイキューパーツ(@hiqparts)でも2019年販売個数ランキング ベスト100では「デカールスキージー」は大健闘という事でした。


参考 2019年販売個数ランキング ベスト100 | ハイキューパーツのテクニカルガイドハイキューパーツの公式オンラインショップ 〜プラモデル・模型趣味を応援〜 デカールスキージー」が大健闘するのも納得です。

堅牢性高しなデカールスキージー

随分と「デカールスキージー」をホメちぎってるけどもさ、これ、ちょいと大きくないか?
これだと細かい奥まった箇所とかはコロコロできんぞ。
がく
まぁ確かに、思ったよりかはちょいと大きいですが、むしろこのしっかりとした作りがイイんですよ!それに、奥まった箇所でも、グイっと押し付ければ、ワリと密着しておさえつける事出来ますよ。

実は以前、これと似たような他社製品を使っていたのですが、大きさは「デカールスキージー」の半分くらいで、軸棒もプラスチックで、使ってるとチョイチョイとスポンジが抜けてしまって少々不便でした。

この「デカールスキージー」の軸棒はアルミ製で旋盤加工品との事(パッケージの裏に書いてありますよ)。

そんな具合なので、作りはしっかりしていて、スポンジが抜け落ちる事もないですね♬

アルミ製とは随分とそれっぽいな。
がく
それっぽいの意味がよくわかりませんけども、まぁ持った感じはものすごくしっかりしてますよね。
こういう持った感じのしっかり感って、作業する上で大事ですよね。
そらまぁそうやろな。
カレーライスをプラスチックのスプーンで食べるのと、キチンとしたスプーンで食べるのでは、食べてる美味しさ感、全然違うからな。
がく
例えが微妙ですが、言い得て妙w

デカールスキージーの使い方

デカールスキージー」の使い方はシンプル。というか、ハイキューパーツさんはとってもユーザーに優しいので、動画がありますよ。

アンタ、サボらずに自分の言葉で説明せいや。
がく
いやぁ、だって、ハイキューパーツさんのwebサイトの説明そのままなんですもん。

まぁ本当にそうでして、ハイキューパーツさんのwebサイトの文言を引用させていただきますと以下のとおりです。

貼り付けたデカールが乾かないうちに、
スポンジ材を表面で転がすようにして使用します。スポンジを絞る、
布に吸わせるなどして、水分を適度に調節してください。
また、使用後は水分を取り除いてください。
引用-ハイキューパーツ

先述したとおり、スポンジにある程度の水を吸わせて絞る、ってのが良いかなと感じましたね。

スポンジは2種類

スポンジ、2種類あるけど、どうやって使い分けるんや。
斜切側とかパッケージに書いてあるけど。



▲スポンジはストレート側と斜切側の2タイプ

がく
正直なところ、わたくしもまだあんまり「デカールスキージー」を使い込んでないので、この斜切側のはどういう場面使うかよくわかってません。
ズレたデカール位置を修正する時、斜切側を濡らして細い先端でチョイチョイってズラすのに便利ですw
っていうか、まぁ使う必要なければ使わなければイイだけの話ですけどね。

斜切側のスポンジ、パッケージの説明には

「溝や角に押し付けたり、細かな作業に適しています。」

と記載されておりますが、まぁそもそも、わたくしは水転写デカールを溝や角に貼る事があまりないので、さほど使わないかと。

あと、ある程度狭い箇所でも、ストレート側のスポンジを押し付ければパーツにフィットしてくれるのでw

つや消し黒フィニッシュのディテールアップポイントの貼り付け

ここまでは、水転写デカールを「デカールスキージー」で貼り付ける話をしてきました。

水転写デカールをガンプラに貼るのはディテールアップのため。

そのディテールアップは水転写デカール以外にも、ちょいとの工夫で出来ちゃったりします。

方法は色々ありまして、過去にもいくつか書いてますので、そのあたりは過去記事をどぞ。
初心者向け!簡単な工作でガンプラは見違える!ディテールアップ9工程! 手順は3つだけ!ガンプラのディティールアップ超入門! 今回は、デカールつながりで、こんなアイテムを使用してみたいと思います。

それはハセガワのトライツールシリーズ、「つや消し黒フィニッシュ」。

この「つや消し黒フィニッシュ」、をチョイとカットして貼り付ける、ってだけですわ。

こんだけ細く小さくカットするのは、少々面倒そうやな。
がく
そうですねぇ。これはちょいと慣れが必要かもです。
つや消し黒フィニッシュはそこそこに粘着力もあるので、貼った位置が上手くいかなかった時、剥がすのが少々面倒ではあります。なので、最初は手の甲なんかにちょいと貼り付けて粘着力を落としてから、作業を始めてもいいかもです。
そんで、位置がキチっと決まったらグッと貼り付ける、と。
でも、不器用天下一武道会の常連者であるわたくしが出来たのですから、大抵の人にも出来ると思いますよ。

つや消黒フィニッシュのカット方法、ツイートもしてますので参考にどうぞ♪

とはいえ、ある程度の道具は当然必要でして、わたくしはウェーブの「HGステンレスT定規 HT385」を使って、タミヤのモデラーズナイフでカットしましたよ。

※「HGステンレスT定規 HT385」の詳細については過去記事をどぞ。
2019年に買ってよかったガンプラ製作道具と材料TOP10 ガンプラのビームライフルを簡単にヤスリがけ!爪楊枝ヤスリの作り方!

このポイントディテールアップについては、あの有名モデラー、オラザク選手権大賞のmat(@Matmat825)さんのブログ「mat modeling service」の「極薄シールで作るディテール表現」という記事を参考にさせていただきました。

さすがオラザク選手権大賞のモデラーさん、ポイントディテールアップひとつとっても素晴らしいクオリティですよねぇ。

ちなみに、オラザク選手権大賞の作品はこちらのmatさんのツイートを参考にどぞ。

まぁ本来のガンプラの楽しみ方というのは、こういう材料などを自分なりに工夫したりする事かもですね。

アンタは上級モデラーさんの技術をパクるだけやな。
がく
パクるっていうと、ちょっと言い方がどうかと思いますけども、まぁマネさせていただいている、という事でw
とはいえ、早く自分なりのオリジナリティをだしたいところですね♪

失くしたモノアイについて


▲これはMGガンダムマーク2のデカール

デカールつながりの話になるのですが、ガンプラには最初から入っているデカールがありますよね。

モノアイなんかは、このデカールを貼り付けるワケで、わたくしも今回のHGUCグフについてはこのデカールを貼るつもりでいました。

しかし、失くしましたよね(^^;)

なので、WAVEの「オプションシステムシリーズ Hアイズ2 ピンク」とやらを買ったのですが、どうにもサイズが合わず(^^;)


大概の46歳のオッサンなら、事前によく調べてポチるけどな。
むしろ、潔くてイイよね。だらしなさが全面に出る感じが、潔くてイイよね。
がく
そういう潔さは、必要ないんですけどね。
しかし、皆さまから優しいアドバイスをたくさんいただけました。

Hアイズに関しては、ガンプラのHGサイズのグフやザクだと、どうやらH2サイズではなく、H3の模様。
https://twitter.com/maiji_t/status/1242210124644548608


https://twitter.com/MOMO_IKKI_06/status/1242215672148455425


HGのザクでは、H1を使っている方も。


もしくは、100均のアイテムも使えるとの事。


https://twitter.com/lNHTDlDkTOsaHjP/status/1242415237308878849

ハイキューパーツの製品でもモノアイ関連があるご様子。これは要チェック!


その他にも、創意工夫でオリジナルのモノアイも。かっこいい!

皆さま、貴重なご意見、アドバイスを本当にありがとうございます(^^)

HGUCグフのデカールを失くしたおかげで、デカール以上のモノを手に入れる事が出来たな。こういうのが失敗は成功のモト、っていうんやろな。失敗なんてのは成功の通り道やからな。
がく
急に優しい感じw
なんか怖い。

嫁さんへの疑心暗鬼感はともかくとして、皆さまのおかげで、モノアイについてはどうやらなんとかなりそうです。

ガンプラにデカールを貼るだけで見違える!

さて、特にスジ彫りなんかはしてないHGUCグフではありますが、水転写デカールを貼った感じはどうでしょうか?

こちら、腕に水転写デカールを貼ってみましたよ。

▲水転写デカールを貼るだけで見違えますね♪

水転写デカールを貼ってない腕と並べて比較してみましょう。

相当印象が違いますよね!やはり水転写デカールを貼るだけでディテールアップ感がすごい!

続けて足も見てみます。

▲こちらもかなり見違えたかと!

足も、並べてみました。

▲印象が、雲泥の差w

これらを見るとね、ガンプラ始めたばかりのうちは、無理にスジ彫りとかをパーツに施すよりも、水転写デカールだけでも十分かっこよく仕上がるかもですね!

おい!
がく
えっ?あっ、はい?
なんで腕と足だけなんだよ。
全体的に水転写デカールを貼りつけたグフの姿を見せろや。
がく
え~っとまぁなんていうか、レイの南斗水鳥拳を見ると、その美しさに心奪われるよね。
今はアンタとユダについて話し合う気はない。
話のそらし方がザコすぎる。
水転写デカールを全身に貼り付けたグフはどうした?
がく
まぁ正直なところ、腕と足しか貼れてないよね。
はぁ~、聞こえんなぁ?
がく
ウイグル獄長やん・・・。
アンタ、
ここんところ忙しくて水転写デカール貼り付け作業が、思うように進みませんでした
ってな感じで、どうして素直に言えないかねぇ。そういうさもしい性根、どうにかならないもんかねぇ。昭和生まれのおっさんが、平成生まれの嫁に説教される図、読者の皆さまも飽き飽きやでぇ。
がく
ま、まぁごもっともでございます(説教をしなければイイだけの話では・・・)
はぁ~、聞こえんなぁ?
追記:2020年3月31日
その後、HGUCグフ全てのパーツに水転写デカール貼り付けましたw


まとめ

水転写デカールの貼り付け作業って、苦手orめんどくさいなぁ、と思う方々は結構いるようなんですよね。

なので、そういう作業こそ、負担軽減のために道具は大事ですよねぇ。時間の節約にもなるし。

なので、そういう方にこそ、今回の「デカールスキージー」はおススメでございます。

作業効率、大幅アップでございますよ!

ちなみに、ウチの旦那のように、老眼が始まりつつあるおっさんには、ヘッドルーペや卓上ルーペは必需品ですよ。小さな水転写デカールが見えませんからね!
がく
はい、そうです。
おっさんにはルーペは必須です。
でも、若い人であっても、ルーペを使った方が、水転写デカールの状況がよりハッキリわかりますから、クオリティの高いガンプラを求めるなら、あった方がイイですね。

という事で、今回はほぼ「デカールスキージー」のレポートに終始しましたが、参考になれば幸いです♪

わたくしは、しっかりと交換用のスポンジもゲットしております!まぁ絶対あった方がいいよねw

まぁなんていうか便利な道具ってのは、自分に新しい機能が追加されるようでワクワクしますよね!道具ってのは、使う楽しさもありますし♪

Twitterをフォローしてくれると嬉しいです(^^)
がく@oskgaku