表面処理が秒で終わる!ペンサンダーレビュー!

タミヤNinja H2 CARBONを開封レビュー!

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

いつもガンプラばかり作ってますが、たまにはスケールモデル(縮尺モデル)も作ってみたい!
ってな事でタミヤの
「タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.136 カワサキ Ninja H2 CARBON」
をポチりました。

でも、まだ作ってませんから、ただの開封レビューですw

恐ろしくどうでもイイ記事です。
女子高生がファミレスでデザートを選ぶ時くらいのどうでもイイ内容です。女子高生は、アイスクリームの3つしかない味で、どうして30分も会話出来るのでしょうか。ともかく、これを読んでる方は今すぐ離脱してください。
がく
ええ、全て否定しません。
もうマジでどうでもイイので、さっさと開封レビューして、シレっと終わります

Ninja H2 CARBONをポチった理由

マジでどうでもイイ話なのですが、普段からこのブログを読んでいる神々な方々もいらっしゃるかもしれませんので、
「タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.136 カワサキ Ninja H2 CARBON」
をポチった理由を一応述べさせていただきます(笑)

わたくし、ラリーカーとかバイクとかは、乗る事に全く興味はないのですが、その美しいフォルムには常日頃から見とれております。まぁそのあたりはガンダムとかと同じですわ。

そんで、普段から読んでいるブログからぱたさん(@kalapattar)のブログ「超音速備忘録」で「実質ガンプラ! タミヤのバイクモデルは塗らなくてもここまでかっこいいのだ。」という記事がありまして、これはいつか作りたい!そう強く43歳の時に決心して日々が過ぎ、先日47歳になりましたw

そんで、先日、嫁さんが47歳の誕生日プレゼントにAmazonギフトカードをくれたワケでありまして。

▲ワケのわからんサプライズより、実質的なものをプレゼントしてくれるのは大変うれしい!さすが我が姫君殿下!(笑)

さぁ何をポチろうか、いや、無理にポチる必要はあるまいて。今はSTAYだ、と思っていたのですが、

すぐにポチれ。
せっかく恵んでやったんだから、何かしらポチれ。今すぐに。いや、何かしらはウソだ。たまにはガンプラ以外をポチれ。アンタのセンスをみたいからな。
と、ハマーンカーン様姫君殿下が仰るので、今回、「タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.136 カワサキ Ninja H2 CARBON」をポチったのであります。

そして、姫君殿下におかれましては、バイクに全く興味がないものですから、シレっと横目で見た後に、どうぶつの森の世界へ帰っていかれたご様子ですw

そんで、からぱたさんの記事で紹介されていたNinja H2が、新たに「CARBONバージョン」(だと思うのよねw)として、2020年3月あたりに発売されたご様子。
参考 タミヤ 1/12 カワサキ Ninja H2 CARBONタミヤ

やっぱりね、プラモデルってのは、最新版の方が最新の技術が導入されているでしょうからテンション上がりますよね。って事で、「CARBONバージョン」をポチった次第です。

Ninja H2 CARBONの説明書たち

説明書、普段はバンダイのガンプラのしか見ないので、スケールモデルのタミヤさんのを見るのは新鮮です。

まずはTech Tips!なるものを発見しました。


▲プラモデルの基本が書かれているのですが、何気、かなりわかりやすい。


▲スプレー缶は50回振れとのアドバイス。いつもそのくらい振ってるかもですが、改めて数字で指定されるスゴイ回数です。

そして説明書。シンプルなように見えて、なかなかに細かい指示が。これは小学生にはちょいむずかもです。

▲ビスも使うんですね。

あとは、実車の解説なんかも入ってましたよ。

Ninja H2 CARBONのデカールたち

全部で3枚です。うち、1枚はマスキングテープなご様子。

▲ボディのカーボンは、このデカールで表現するっぽいですね。


▲マスキングかと。今回は塗装しないので使わない予定。


▲ロゴがデカールになってるのは非常に助かりますねw

このデカールたちは、どうやって貼るのか全く謎ですが、それがかえって楽しみだったりしますね。

Ninja H2 CARBONのランナーたち


▲主なランナー数は計4枚というところ。

意外に少ないです。

これは、思ったよりも簡単に組めるのではないか、という淡い期待を込めてしまいます。

ボディーのパーツ、エッジがきいてる。これがひとつのパーツの構成されてるんだから、タミヤだってスゴイw

おつぎは窓?っていうの(笑)
クリアー感が、プラスチック感を全く感じさせません!タミヤって、やっぱりスゴイんじゃなかろうかw

▲ゴンとキルアのオーラくらい、美しくすらある。

メッキ、顔が映るよね!

兎にも角にも、バンダイに全くヒケをとらない各パーツたちの美しさよ。

タイヤです。

▲ちゃんと、ゴムなんですw

あとは細々したのもいくつか。

▲ネジ、なくしそう・・・。

素組みだけでも、楽しみすぎる!

まとめ

からぱたさんは「実質ガンプラ! タミヤのバイクモデルは塗らなくてもここまでかっこいいのだ。」の記事で、この「タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.136 カワサキ Ninja H2 CARBON」のフレームなんかを多少塗っていたご様子。ワンポイントならば、シタデルカラーで筆塗りしようかなぁなんて思ってます。

さてさて、今回、姫君殿下が、誕生日とはいえシレっとAmazonギフトカードなんかをプレゼントしてくれたんですが、まぁやっぱりね、ワリと怖いよね、見返りがw

先行投資以外に何がある?
愚かな者は、目先の小さな得を取って、遠い未来の大きな得を失い、損を取るハメになる。賢い者は、目先の小さな損を取り、遠い未来の大きな得を取り、損を回収する。これ、いつの世にも通じる理。人生って、なっがいよ~。

姫君殿下からのプレゼント、心してポチっていきたいと思います(^^;)

ポチったものを晒すブログ記事に期待する。
ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku