ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


ガンプラMGデルタプラスを仮組みしてみましたよ。
DSC06625


まぁ仮組みとはいえ、素組みだったらここで終わり、って感じですね。


でも、はっきりいって、素組み状態でも充分カッコいい!!


素組み状態のMGデルタプラス、ちょっと詳細をお伝えしますので、ガンプラ初心者でMGデルタプラス作ろうかなぁという人の参考になれば幸いです。


今回のメニューポイント1)
・素組みでも美しいMGデルタプラス

ポイント2)
・仮組みに要した時間

ポイント3)
・ゲート跡はやっぱりちょっと目立つ

ポイント4)
・変形が超むずい

5)まとめ


今回使った道具ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー 5.0



ポイント1)
・素組みでも美しいMGデルタプラス


素組みでも存在感は抜群です!
DSC06602

仮組みなんで、マスキングテープ貼ってあったり、ちょっとパーツがズレちゃったりしてますが、そこはスルーしてくださいw

参考仮組み参考記事ガンプラ>仮組み


いやぁすごいですよね、MGデルタプラス。


塗装してなくても、つや消ししてなくても存在感抜群で美しい!


頭部パーツを先に作った理由

実はこれ、顔だけは先に作って、つや消ししちゃってるんです(笑)
DSC06605

スポンジ布ヤスリがどうしても早く使いたくて、顔だけ先に作っちゃいました(笑)

参考記事:『【ガンプラ初心者用】MGデルタプラスのゲート処理5工程は仕上げにスポンジ布ヤスリを使ったよ
DSC04815

でも、つや消ししてない他のパーツと比べても、そんなに違和感ないですよね。パーツの色のせいかな。


まぁ他のパーツも実際に表面処理してつや消ししたら、イイ感じにはなりますね、きっと。


ポイント2)
・仮組みに要した時間


仮組み、まぁ素組みと言い換えていいわけですが、製作にかかった時間は約6時間。


結構かかりましたね(笑)


わたくしは手が遅い方ですから。


わたくしは、リックドム、バルバトス、メタリックザク、メタリックシャアザク、百式、を作ったあとのMGデルタプラス。


そんで6時間。


各部位の制作所要時間 

片足1時間ずつで両足2時間。


片腕1時間ずつで両腕2時間。


他のパーツが2時間。
DSC06628


計6時間、というところです。


MGデルタプラスは変型するから作りが少々複雑でしたね。
DSC06624



ポイント3)
・ゲート跡はやっぱりちょっと目立つ


あとは、素組みですと、やはりゲート跡はちょっと目立ちますね(^_^;)
DSC06608
DSC06610
DSC06611
DSC06612
DSC06620
DSC06634

これは仕方ないですよね。


ポイント4)
・変形が超むずい


あと、変型についてですが、わたくし、途中で諦めました(T_T)


いやぁちょっと難しいですね、変型させるの。


1時間やって諦めました(^_^;)


腰回りがどうも安定しなくて、すぐにガタガタ。どこかを動かしてると他がどんどん外れてくる…。


ってことで、ギブアップ。参考画像なくてすみません。



5)まとめ


しかし、MGデルタプラス、繰返しになりますが存在感は抜群です!



丁寧にゲートを「ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー 5.0」なんぞで切ってあげれば素組みでもカッコいい!

DSC04079

っていうかね、もう普通にカッコイイです(笑)
DSC06602

初心者でも決して難しくないですよ。オススメです!







スポンサーリンク