ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


サーフェイサーを吹くようになったのですが、サーフェイサーってマジで大事ですな!
DSC08624
 
サーフェイサーをやるようになって実感しちゃいましたよねぇ。


今回はそんな実感をした3事例を挙げますので、ガンプラ初心者の方々の参考にしていただけると幸いです!




今回のメニュー捨てサフとは

捨てサフ事例1)
埋まってない合わせ目を発見!

捨てサフ事例2)
合わせ目が削れてない

捨てサフ事例3)
削りすぎ

サーフェイサーの吹きすぎに注意

まとめ





今回使う道具・GSIクレオス Mr.サーフェイサー1000(グレータイイプ)(徳用)




捨てサフとは



サーフェイサーを吹くことによって見えてくるものがたくさんあるんですよ。


例えば、合わせ目消えてなかったり、やすりがけが適当だったり、とかね。


参考記事【ガンプラ初心者用】初めてのサーフェイサーで感じたメリットや注意点などを6つにまとめた

 
そういうことを発見するために吹くサーフェイサーを「捨てサフ」と言うそうです。


その捨てサフが終わったら、いよいよ塗装前の下地作りの本番サーフェイサーってことなんですね。


捨てサフでレベルアップ


ってかですね、ガンプラ初心者はこの「捨てサフ」を経験することによって、レベルがグイっとあがりますよ。いや、マジで。


今回はわたくしの「捨てサフ」で見えてきたものをご覧いただいて、「捨てサフ」の大切を実感してもらえればと!


ガンプラ初心者よ!捨てサフを吹け!(←ギレン風に読んでくださいw)


 

捨てサフ事例1)
埋まってない合わせ目を発見! 



まず、こちらのバズーカ(THE ORIGINのHG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII のです)をご覧ください。
DSC08625
web-01

見事に合わせ目が埋まっておりません(笑)
 

自分ではキチンと埋めたつもりなんですけどね。雑にやってる証拠だなぁ。
 

しかし、こんなにパックリとあくものですかね(^_^;)


捨てサフ事例2)
合わせ目が削れてない 



次にこらち、同じくシャアザクのMS用対艦ライフル。
DSC08631
DSC08633


こちらは合わせ目に接着剤つけて、パーツを合わせてムニュってだして乾いた状態にしてそれを削る、という一般的な合わせ目消しをやったのですが、全く削れてねぇ。


わたくしとしては、この時は結構丁寧に削ってたつもりなんですけどね。



捨てサフ事例3)
削りすぎ 



マーク2のビームライフル、合わせ目も消えてないし、雑に削ったのでビームライフル自体の形が変わってもうた(^_^;)
DSC00147


 


ということで、捨てサフで気づけてることをお見せしてきました。どうです?色々とみえてくるでしょ?


もしサーフェイサーを吹くことを考えていないガンプラ初心者さんは、ぜひ「捨てサフ」をどぞ!



サーフェイサーの吹きすぎに注意



ただ、ガンプラ初心者の方々がサーフェイサーを吹くにあたってお知らせしときたいことあがります。


サーフェイサーを吹く「濃度」です。


GSIクレオス Mr.サーフェイサー1000(グレータイイプ)(徳用)は、ひとつのパーツとかだったら、ベランダなんぞでサッとやることも可能です。お手軽。


ですけど、お手軽なのはいいのですが、濃度調整ができないので、ちょっと厚ぼったくなるような気もしてます。まぁパーツとスプレー缶の距離離せばいいのでしょうけども、調整も難しい。


そのあたりは過去記事の『【ガンプラ初心者用】初めてのサーフェイサーで感じたメリットや注意点などを6つにまとめた』でもかきました。


となると、やはりエアブラシでのサーフェイサーで薄く吹きかけるのがよさげですね。


ジャブロース・スカイでは3倍に薄めてた


もしエアブラシでサーフェイサーを吹く場合は濃度が調整できますから薄く吹いて様子を見よう!ってこともできる反面、どれくらい薄くすればいいんだ?ってな疑問もでますよね。


ちなみに、サーフェイサーはシンナーのうすめ液で薄めます。


ガンプラ漫画の「ガンプラ戦記 ジャブローズ・スカイ 2巻」では主人公の桜庭陸人はエアブラシでサーフェイサーをやってます。そんで、彼はビン入りサーフェイサーをうすめ液で3倍以上に薄めて使ってましたよ。
DSC08672
DSC08667



まぁこのあたりは経験して自分なりの濃度を見つけていく、って感じですよね。



まとめ



ガンプラ初心者にとっては塗装すら高い壁なんですよね・・・。


その高い壁に挑む前に、サーフェイサー吹くっていう工程増やすの、ムリ、とか思っちゃいますよね。わたくしは思い切り思ってました(笑)


しかし、むしろ塗装前にはまずサーフェイサーを経験するってのはとてもオススメです!!


自分の現在の表面処理能力がわかりますから!


肌で感じれば一気にレベルが上がる!


スポーツでも何でもそうですけど、上達の一歩はまず己の技量をキチンと把握すること!ですよね。


実際のところ、わたくしは捨てサフによって、今の自分の表面処理技術がよくわかりました。


なので、次に表面処理がかなり効率よく丁寧にできるようになりましたよ!いや、マジで。


頭では「丁寧にやすりがけしなきゃ」と思ってもなかなか難しいもの。


こうやって捨てサフによって実際に見て肌で感じると一気にレベルあがりますな!


ガンプラを楽しむために


もし、捨てサフで汚い表面処理を見つけたら、またやすりをやり直すもよし


または今回はそのまま塗装しちゃう!ってのもよし、です。


汚い表面処理がわかっただけでも収穫ですもん!


そんで、いつまでたっても塗装できひんわ!ってストレスためてもしょうもないので、そのまま塗装するのもアリですわ。ガンプラは楽しまないとね!



合わせて読みたい【ガンプラ初心者用】初めてのサーフェイサーで感じたメリットや注意点などを6つにまとめた

【ガンプラ初心者用】初エアブラシ塗装シャア専用ザクでの失敗要因を4つ晒すので参考にして下さい







スポンサーリンク