ガンプラの作業効率爆上げ!ペンサンダー!

老眼も安心?!ガンプラパーツの狭所ヤスリがけの便利道具ベスト5

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

ガンプラの表面処理、小さいパーツの細かいところなんかは、道具も入っていかないからイライラしますよねぇ。

場合によっては無理矢理にヤスリがけ道具をねじ込もうとしたりするから、やたらとパーツが傷ついてしまったりするんですよねぇ。面倒なこった。

そういう時、やっぱり頼りになるのが表面処理の道具たち。
▲小さいパーツの表面処理(ヤスリがけとか)は、それ相応の道具があった方が便利。


▲場合によっては自作したりとかも。

という事で、今回はわたくしが表面処理に使用しているヤスリがけ道具を、自作を含めてランキング形式で紹介しますよ。

ランキングで重要視しているのは
細かい箇所をピンポイントで削れる(精度)
です。

メリットとデメリットも挙げてますが、あくまでも
細かい箇所をピンポイントで削れる(精度)
を目安としたメリットデメリットです。

全粒粉パンのサンドイッチにするか、普通のパンのサンドイッチにするかで2分も悩んでるOLくらいどうでもイイ内容だな。
誰がアンタみたいな万年初心者のヤスリ道具を知りたいんだよ。

しかもよぉ~、ヤスリがけ道具なんて、1種類あればいいのによぉ~、皆さんって思いませんか?

今回は、ウチの旦那がバカのひとつ覚えのように気に入った道具をすぐにポチって、集めた道具コレクションランキングです。

第5位
やっぱり便利!ゴッドハンド神ヤス!


メリット
  • 耐久性抜群
  • 好きな大きさにカット
  • 入手しやすい
デメリット
  • 消耗品ヤスリとしては少々お高め
  • 細かい箇所を削るには不向き
ガンプラの表面処理の定番といえばやっぱりゴッドハンドの神ヤスでございます!

めっちゃ削れる上に自由にカット出来るし、耐久性もある。

▲細かい箇所、10mm厚でも十分ヤスリがけできちゃう。

とういうか、10mm厚は最高です。かなり硬いので表面処理どころかエッジ出しも出来ちゃいます!

まぁしいて弱点を挙げるとするならば、細かい箇所をピンポイントでヤスリがけするのが難しいかなぁ、というところ(今回の趣旨でいえば大事な部分なのですがw)

がく
小さくカットすると、手でつまむのが難しくなりますからねぇ。
神ヤスの評価
細かい箇所のヤスリがけ
(1.0)
コスパ
(3.5)
耐久性
(5.0)
総合評価
(3.0)

第4位
神ヤスとピンセットの最強コンボ


メリット
  • 力を入れてヤスリがけできる
  • ヤスリがけの精度高し
デメリット
  • 精度を高めるには、それ相応のピンセットを用意しなくてはイケない
小さくカットしたゴッドハンドの神ヤス、わざわざ手でつまむ必要なんてないんです。ピンセットでつまめばいいのです。

神ヤスをつまむ程度であれば、ピンセット自体の精度の高さは大して求められませんから、100均のでもイイかも?

わたくしは、すでにこれまたゴッドハンドのパワーピンセットを持っているのでそれでつまみます。

ゴッドハンドパワーピンセットでストレス激減!デカール貼りが楽しくなるぞ!

ただ、ずっとつまんでいるのも疲れるので、ピンセットを固定出来ればイイなぁ、なんて思ったならばハイキューパーツのDCロックピンセットで固定してつまめば問題ないw

この方法、かなり表面処理の精度が上がります。まぁハイキューパーツの固定ピンセットを用意しなければイケない、というのはありますが(^^;)

セリアで売ってる逆作動ピンセットじゃアカンのか?
つまんでなくてイイから、楽そうやんけ。

と、我がハマーンカーン様姫君殿下(嫁さん)が仰りまして、なるほど~と思いセリアに行ってゲットしてみました。

という事で、やってみたのですが、う~ん・・・。

▲逆作動、さほどガッチリつかむワケではないので、こういう使い方には不向きかな

逆作動のピンセットは、水転写デカールとか、細かいパーツをつかむんで接着なんぞをする時は便利かな。

がく
とはいえ、やはり100均の逆作動ピンセットだと、ちょっと精度には欠けるかなぁ。すんごい細かいパーツをキッチリと掴むのは難しそうです。
神ヤスの評価
細かい箇所のヤスリがけ
(3.0)
コスパ
(3.0)
耐久性
(5.0)
総合評価
(3.5)

第3位
木の板に貼り付けたヤスリ


メリット
  • 自由にカットできる
  • 耐久性あり
  • コスパよし
デメリット
  • 水研ぎの耐久性はあまりよくない
  • カットするのが大変
スジボリ堂の木の板に貼り付けたヤスリですが、わたくしはガンプラを作り始めた早い段階から取り入れておりました。
ゲート処理に抜群の効果を発揮!スジボリ堂木の板に貼り付けたヤスリ!

自分の作業しやすいようにカット出来るのがイイ!

手の届きにくい場所も、長めにカットすれば力を入れてヤスリがけしやすい。

削りカスが目詰まりしても、塗れたスポンジとかで擦れば簡単に落とせて削る力が復活します。助かるね!頼りになるね!

ただ、あまりバシャバシャに水研ぎのヤスリがけをしてしまうと、段々と板がシナシナになってきてしまう。まぁ木ですから、そこは仕方ないですね。

それと、カットする時に、ちょいと力がいる事ですね。

なので、わたくしはキッチンバサミでカットしてます。

アンタがこれをキッチンバサミでカットすると、反動でパーンって飛ぶもんなw
がく
そんだけ強くキッチンバサミを入れてるって事ですね。

カッターが使えず、ハサミでカットしなければイケないので、あまり綺麗にカット出来ないのも残念。

まぁでも、店頭でも買いやすいし(イエローサブマリンとかにはありました)、ソコソコに耐久性もあるから、コスパは良いと思います♪

神ヤスの評価
細かい箇所のヤスリがけ
(3.5)
コスパ
(3.5)
耐久性
(3.5)
総合評価
(3.5)

第2位
自作プラ板ヤスリ


メリット
  • 自分好みの大きさで作れる
  • 強度高し
  • コスパ良し
デメリット
  • 自作の手間あり
  • 自作の道具もある程度必要
  • 使い捨て(繰り返し使えない)
本当に、自分の作業に合ったヤスリの大きさが欲しいなら、もう自作するしかないw

という事で、紙ヤスリをプラ板に貼ってカットしました。作るのもさほど難しい話ではないですよ。

プラ板(ここでは1mm厚)を適当にカット。

▲180番のヤスリとわかるようにマジックで記載


▲ひっくり返して紙やすりを貼り付け。

貼り付ける接着剤はセメダインの「超多用途接着剤スーパーXゴールドクリア P20ml AX-014」。ワリとなんでも接着出来て便利。さすが超多用w

あとはカッターでカットするだけですわ。

▲もう一回ひっくり返してカット。

カットする作業に、何気に超便利なウェーブのHGステンレスT定規HT385。

2019年に購入したのはニューバージョンの方は中央に逃げ穴がついてます。便利。

これがある事によって、紙ヤスリとかカットしやすい。

T型定規の詳細を知りたい方はこちらの過去記事をどうぞ。
2019年に買ってよかったガンプラ製作道具と材料TOP10

プラ板なので、かなり頑丈。ゴリゴリと削れるがとてもイイ感じ♪

それに、大きさを自分好みにカット出来るのは大きなメリット!

そして、自分で作る手間はかかる分、安価な材料で一度にたくさん作れますからコスパはイイですね。

▲プラ板に目盛りが付いてるのでカットしやすい♪

弱点は、耐久性。紙ヤスリなので、目詰まりとかを取って再利用というのは、少々難しいですね(^^;)

水研ぎも出来ますが、耐久性は強くないです。まぁこれは完全に一度使ったら使い捨てですね。

ヒマっ!あんたはヒマ課!所属ヒマ課!
作る手間は、私には面倒に見えるがなぁ。
神ヤスの評価
細かい箇所のヤスリがけ
(4.5)
コスパ
(5.0)
耐久性
(2.0)
総合評価
(4.0)

第1位
爪楊枝ヤスリ

メリット
  • かなり細かい箇所までヤスリがけ出来る
  • 力を入れて削る事も可能
デメリット
  • 精度にバラつきがある
  • 作るのに手間と時間がかかる
爪楊枝ヤスリ、本当に細かい箇所にも届く優れものです!

なんなら、スジ彫りした箇所なんかの側面まで綺麗に出来ます!

▲普通に紙ヤスリでもエエやんけ、というツッコミもあるかもですが、まぁこの方が作業自体は楽ですw

爪楊枝という持ち手があるので、ワリと力を入れてヤスリがけする事も出来ます。

めっちゃ便利なのですが、これの弱点は作るのが面倒な事(^^;)

▲中々に手間がかかります。

それと、自作するにもそれなりのテクニックが必要なので、いざ出来上がっても耐久性に難あり。

ものによってはすぐに折れてしまったりとか。

爪楊枝ヤスリ、どこかのメーカーが発売してくれないかしらw

爪楊枝ヤスリの作り方などは、過去記事をご覧くださいませ。
ガンプラのビームライフルを簡単にヤスリがけ!爪楊枝ヤスリの作り方!

絶対に作らないね!
私なら作らないっ!めんどくさっ!
ヒマだねぇ。アンタは本当にヒマだねぇ。
がく
まぁめんどくさいのは確かですが、便利なんですよね。
神ヤスの評価
細かい箇所のヤスリがけ
(5.0)
コスパ
(5.0)
耐久性
(3.5)
総合評価
(4.5)

まとめ

今回は、細かい箇所の表面処理(ヤスリがけ)という点に着目して、その道具たちをランキングにしてみました。

細かい箇所の表面処理については、やっぱり自作するのがよいのかな、というのが個人的主観でございます。

そうなると、ランキング的には市販のヤスリよりも自作ヤスリ道具がランキング上位にくるワケでw

ヘイベイビー、やっぱりさぁ、便利な道具があるならそれを買って使うのが早いんじゃないかい?
っていうタイプやんか、アンタはよ。花輪くんとアンタの違いは、金があるかないか、っていう超大事な部分やけどな!
がく
まぁ、基本的なスタンスはそうなんですけどね。
筆とかは、素直にキチンとしたモノを買った方が早いワケでして。
ただまぁパーツの細かい箇所なんかは、どうしても市販の道具だと削れなかったりするので、そういう場合は自作した方が長期的には早かったりしますから。

知らん、と言い残し聖☆おにいさんを読み漁る我がハマーンカーン様姫君殿下(それ、おもろいんですか?w)。

道具を自作するのは、面倒な側面があるのも事実。でも、ムリに市販の道具でガリガリとかやってパーツが傷ついて修復、という手間が発生するならば、道具を自作した方が近道ですね。

結果、遠回りが近道。

というパターンは、47年間の人生で幾度と見てきた(20代の若者に知ってほしい社会の現実w)。

趣味のガンプラ製作といえども、時には立ち止まって冷静に自分の行いを観察したいものですw

あのモビルスーツが1位?
Amazonガンプラストアの売れ筋ランキングはこちら

Amazonガンプラストアはこちら

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku