ガンプラの作業効率爆上げ!ペンサンダー!

初めてエナメル塗料で筆塗り!下地処理と2度塗りが大事だと超実感した!

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

時間がない!でも積んであるガンプラや模型は作りたい!ちゃっちゃと作りたい!

なら筆塗りしかねぇ!

▲今回筆塗りしたガチャーネンです。

はい、今回はもうこれ言っちゃえばこっちのもんだw

昨今はコロナ禍の影響で、わたくしの場合、仕事が忙しくなってしまうパターンで、ガンプラを触る時間が少なくなっております(とはいえ、お仕事があり給料が頂ける日々に感謝w)。

ヤスリがけとかは平日仕事帰りの30分とかでも出来るんです。

けども、塗装ブースを常設してない我が家にとってはエアブラシを吹ける日は

  • 晴れの日
  • 休みの日(エアブラシのセッティングに時間を要する)
  • 嫁さんいない日(エアブラシは溶剤の臭いがキツイからね)

ってな感じでかなり限定的!

そうすると、サフも吹けないので、途中でモチベが落ちる。

なので、完成まで時間がかかるので、さらにモチベが下がる。

製作途中のガンプラ放置。

悪い事づくめ(^^;)

そんな中で筆塗りでガンプラを完成させる方法を模索する日々で、

どうやらエナメル塗料の筆塗りは綺麗に仕上がるのでは?

ってな事がわかってきました。

▲今回筆塗りで使用したシタデルブラシのベース(M)

そんなワケで、今回はエナメル塗料の筆塗りに初挑戦レポートです。

まぁ実は、エナメル塗料の筆塗りって一般的らしいのですが、そのヘンの事情をよく知らない人もいると思われるので、そういう方々のヒントの一助になれば幸いです♪

エナメル塗料も、若干の臭いはしてたがな。
ダイの大冒険、アニメで見るのまどろっこしいから、kindleで全巻買えや。
この記事の対象者
ガンプラor模型で筆塗りをやった事ない人
筆塗りの道具
タミヤエナメル塗料
クロームシルバー(X-11)
フラットブラック(XF-1)
シャーマングレイ(XF-63)
レッド(X-7)
ホワイト(X-2)


CITADEL MEDIUM BASE BRUSH(シタデル)

プラモデル
ガチャーネン

エナメル塗料筆塗りの結論

今回のエナメル塗料の挑戦で得た結論を、先に申し上げます(我がハマーンカーン様姫君殿下に、ブログはさっさと結論を述べろ、といつも言われてますのでw)。

筆塗で大事な事!
  • 下地処理は大事
  • 2度塗りが大事
筆塗りで大事な事は、もっとたくさんあるのですが、どうやら今回の記事で伝えたい事は上記2つ、という事らしいです。
いつもこんな感じでさっさと言えや。そしたら、こんなロクでもない記事をこの先読まんでエエからな。

ま、まぁそういう事です(^^;)

最初にざっくり説明しちゃいますと、例えば青いパーツに赤のエナメル塗料を塗ろうとしても、そりゃあやっぱり筆ムラは目立つワケで。

▲HGグフのシールドパーツ。ワリと大きなパーツ。


▲いきなりエナメル塗料のレッドを塗ると、それ相応に筆ムラは目立ちますね。

筆ムラについて

過去に、シタデルカラーでの筆塗りにも挑戦しております。

これはこれとして楽しかったし、今後もシタデルカラーの筆塗りはやっていくのではありますが、この時はともかく筆ムラに苦労しました。

まぁただ単に、初めての筆塗りとシタデルカラーで、その特性をキチンと理解していなかっただけなのではありますが。

シタデルカラーは水性という事でお手軽感は最高です!

でもねぇ、どうにも筆ムラがでがち(目立ちがち)。

何か他に筆ムラがでない塗料ないのかねぇ、という想いを松屋の豚肩ロースの豚焼肉定食のお膳の片隅くらいの片隅に、そっと置いておきました。

そんな中で、雑誌やらを見ていると筆ムラが出にくい塗料もあるぞ、というのを知った次第です。

それらの参考になった資料一覧です(他にもたくさんあるのですが主に)。

まぁようするに、エナメル塗料は乾燥が遅いので塗料がジワーと伸びて広がる。それが筆ムラを抑えてくれる要因なご様子です。

小さくて凹凸のディテールがたくさんあるパーツなんかだと、そんなに筆ムラは目立たないんですけどね。

▲こんなのとかですよね。

今回は、下地処理をやらなかったので、ちょっと残念な結果になってしまいました。

詳細は追って説明していきますよ。

用意したエナメル塗料と筆

先述しましたが、今回使う塗料と筆は以下の通りです。

筆塗りの道具
タミヤエナメル塗料
クロームシルバー(X-11)
フラットブラック(XF-1)
シャーマングレイ(XF-63)
レッド(X-7)
ホワイト(X-2)


CITADEL MEDIUM BASE BRUSH(シタデル)
(シタデル)

以前は神ふでを使ったのですが今回は使わず。

ゴッドハンドの神ふでについて、詳細を知りたい方は過去記事を参考にしてくださいませ。

今回の筆やエナメル塗料は、以前から持っていたのを活用しました。

ゲームズワークショップ(GAMES WORKSHOP)

シタデルブラシはシタデルカラー専用の筆でベース用です。以前から持っていたので今回はこれを活用。神ふではサイズが大きすぎましたので。

みなさま。
この男は、今後一か月の間に、絶対に筆をポチります。
なんなら、他の種類の塗料もポチります。
すでに持っていて、使ってない道具、めっちゃあるけどな!

エナメル塗料について

エナメル塗料の特徴としては、一般的に以下のような事が言われております。

  • 伸びが良い
  • 発色が良い
  • 乾燥が遅い

あともうひとつ。よく言われているのがパーツに塗ったり流し込んだりするとパーツが割れてしまう、という事です。

これについての詳細は過去記事に書いてますので参考にしていただければと!

エナメル塗料を筆塗り塗料として選んだのは、前述した通り、筆ムラがでにくいようなので。

乾燥が遅いのがその要因のひとつ。

もし、乾燥が早い塗料なんかだと、以下のようなロジックになるかと(と思われます)。

塗料を筆塗りする

筆ムラができる

すぐに乾燥する

筆ムラ部分は筆ムラのまま乾燥してしまう

これがエナメル塗料だと・・・。

エナメル塗料を筆塗りする

筆ムラができる

ゆっくり乾燥する

筆ムラ部分がじわ~と伸びていって乾燥する

という具合(らしいですw)です。

用意したプラモデルはガチャーネン

今回、エナメル塗料チャレンジとして塗る模型に決めたのは、ガチャーネン。

これはYouTubeの「プラモ作りは見てナンボです!@ Modelart_MOVIE」でガチャーネンを筆塗りしていたのを見たからです。


ガチャーネン、筆塗りのやりがいがありそうだなぁ、と思っていた矢先、秋葉原のラジオ会館にある海洋堂でガチャガチャを発見して即ハンドルを回しましたw

っていうか、ガチャーネンって、なんやねん?
がく
わかりません!

正直、マジで知らんのです(^^;)

あのイラストレーター/モデラーである大巨匠、横山宏さまの作品という事くらいは、知ってたのですが・・・。

なので、詳しくはwebサイトを見てくださいませ!
参考 35ガチャーネン 横山宏ワールド Vol.3.0 FINAL 全9種/1回500円カプセルフィギュア|海洋堂

ガチャーネンの中身を見てみる

カプセルを開けて中身を見てみます。

一見、シンプルに見えますが、なかなかどうしてディティールなどはしっかりしています。

パーツも、ワリと分かれているのが嬉しい。塗分けが簡単よw

とはいえねぇ、やっぱりパーツは小さいので、部品をなくさないよう注意が必要ですね。

これで1個が500円かよ・・・。
マジかぁ。
アンタがいっつも比較対象でだしてくる松屋の牛丼1杯より高いぞ。なんなら、私のお昼ごはん2回分ですけど。
がく
まぁそのヘンの価値観はひとそれぞれですから。

わたくし的には、十分に500円の価値アリ!ですけどね。

メインのエナメル塗料はクロームシルバー


▲今回は新たに、クロームシルバーとメッキシルバーを購入しました。

なんか、シルバーって好きなのよねw

メカの感じがでるじゃないですかぁw

筆塗りでも、そのメカっぽい雰囲気がでてくれればいいのですが。

という事で、今回のガチャーネンのメインカラーはシルバーです。

お試しでプラ板にシルバーを2色を塗ってみて、どうやらクロームシルバーの方が雰囲気でそうだなと判断。

クロームシルバーで筆塗りしていきます。

パーツ毎に筆塗り

「プラモ作りは見てナンボです!@ Modelart_MOVIE」のYouTubeではガチャーネンを組み上げてから塗っていましたが、わたくしはパーツ毎に塗ります。

不器用選手権ワールドツアーランキング上位入賞者のわたくしは、ハミだすのは必至w

ってな事でまずはパーツカット。小さいパーツだけど、やっぱりアルティメットニッパーがあってよかった♪

アルティメットニッパーでカットすると、やはりゲート跡は綺麗です。

小さいパーツだと、ゲート跡がより目立ちますから、こういう道具は大事ですね。

アルティメットニッパーの詳細を知りたい方はこちら

小さいパーツは持ち手につけて

ガチャーネンのような小さいパーツは、やっぱり持ち手につけて筆塗した方が俄然楽ですよね。

わたくしは、スジボリ堂で購入した持ち手を短くカットして使ってます。

持ち手を挿しておくステーションは「コーチョー ワンニャンつめみがきコア」

「コーチョー ワンニャンつめみがきコア」の詳細についてはこちらの過去記事をどぞ。
ガンプラの塗装ベースに必要な要素を満たしたブツは猫にも必要なあれだった!


▲こんな具合にパーツをぶっさしますw

エナメル塗料の筆塗り開始。

エナメル塗料の筆塗り、試した事はあるのですがあまり要領を得ていないので、このあたりはトライアンドエラーですね。

とりあえず塗ってみます。

なお、今回は溶剤で希釈はしません。

何故かといいますと、以前のブログ記事でエナメル塗料の塗りつけて割れる主な原因は溶剤、という事がわかりましたので。
パーツを割る犯人はエナメル塗料か溶剤か?検証したら結果が大差に?!

ちょっとの溶剤での希釈なら大丈夫でしょうけども、なるべくリスクは減らしたい。

まぁ溶剤で希釈して、伸びを良くした方が、筆ムラは少なくなるんでしょうけどもねぇ・・・。

まずはクロームシルバーを筆塗り

小さいパーツなんかは、筆ムラがさほど目立たないので助かりますw

▲小さくて凹凸があるパーツだと筆ムラが目立ちにくい

ガチャーネンのボディですが、これは凹凸がなくて平坦なので、どうしても多少は筆ムラが目立ちますね。

▲筆塗りにしては筆ムラが目立たない方、だともいえる

っていうか、よ~く見ると、クロームシルバーが透けてしまっていますね・・・。わかりづらいかもなので、ライトに照らしてみます。

▲透けてるのがよくわかりますねぇ・・・。

これは1度目の筆塗りで、乾燥してから2度目の筆塗りをします。

けどまぁ2度塗りしても、結局は下地は透けてしまう気がします。

「プラモ作りは見てナンボです!@ Modelart_MOVIE」を見てると、アカザーさんや長谷川迷人は当たり前のようにサフ(黒)を吹いて下地処理してました。

下地処理、やっぱり大事なんですねぇ。

その動画見てたんなら、最初から下地処理やれや。
がく
いや、まぁそうなんですけども、色スプレー缶の吹き付け作業も、準備とか色々大変なものですから。

例えベランダで換気扇塗装ブースを使ったとしても、スプレー缶だと臭いは結構残りますからねぇ(エアブラシだとそうでもない)。
スプレー缶塗装は覚悟が必要?!換気扇でも吸い切れない噴射力! 安価でガンガン吸いこむ塗装ブースが欲しい?換気扇はどうよ!

1度目の筆塗りが終わったパーツ、ちょっと様子を見てみると乾燥し始めてくると筆ムラが落ち着いてきて目立たなくなってるようにも見えます。えがったw

ここで一旦手を止めます。完全に乾燥するまでじっくり待たなくては。

これはやはり、キチンと乾燥を待たなければイケませんね。

本当は1日とか間隔あけた方がよいのでしょうが、わたくしは2時間くらいで(2時間も少ないかな)。

重ね塗りは、しっかりと乾燥させた上でやらないとダメですから、時間の余裕がある場合は1日とか間隔あけた方がよいかもです。

フラットブラックを筆塗り

エナメル塗料のフラットブラックですが、これは案外筆ムラが目立ちにくい。

▲以前、お試しで塗った時はほとんど筆ムラは目立ちませんでした。

フラットブラックのお試し塗りの時は、かなりたっぷり塗り付けました。

黒って筆ムラが目立たない(影が見えにくいからかと)ので、たっぷり塗ってしまいますが、塗膜が厚くなってしまうから、そのあたりは気を付けなければイケません。

そのあたりを踏まえ、フラットブラックの筆塗り。

▲画像ではわかりづらいですが、結局筆ムラは出来てしまっています(下地が透けてます)。

パーツの下地が見えてしまっている以上、フラットブラックの筆塗りも重ね塗りは必要ですね。

その他の筆塗り

ジャーマングレイも同じように塗っていきます。

▲こちらも乾燥すると筆ムラはほとんど目立たない(まぁパーツが筆ムラが目立たないようなモノなのですがw)

レッドはワンポイントのアクセントとして塗っていきます。

▲小さいパーツにアクセントと塗るだけなので、気持ちは楽w

ガチャーネンのパイロット、頭部だけあります。

この頭部、ヘルメットとかをレッドとホワイトとジャーマングレイで色分けしてみました。

▲めっちゃパーツが小さいので、ハミでたりっていうのは気にしないw

頭部、一度白で塗ってからの、赤などで筆塗り(上塗り)しました。

なので、乾燥してからの筆塗りという作業でして、乾燥時間分の手間がかかりましたね。

その他、腕の関節部分などは、シルバーの上からグレーを上塗りです。

こういう関節部分なんかの細かいところは1度しか筆塗りしてません。

他のパーツについても、基本的に2度塗りです。

がく
筆塗りは、1度だけでは色がパーツにのりませんし、筆ムラも目立ちがち。2度塗りが大事ですねぇ。

ガチャーネン完成

▲2度塗りしたガチャーネン、こんな感じです。

ガチャーネンは汚れたウォッシングを施すイメージがあったのですが、先述したとおり、それだと普通すぎてつまらんな~、と思いましてちょっとメタリックな感じにしてみました。

ロールアウトしたばかりのガチャーネン、という事でw

個人的にはとても満足♪

メカメカしい感じがでていて、それなりな存在感あります。

配管(?)やパイプなどのディテールもワリとしっかりしてます。男子はこういうの、好きやねん。

手軽に完成させられるのは嬉しいですねぇ(やっぱり、完成させたいよねw)

ナルンオイルでウェザリング

でもねぇ、このままだとちょっと寂しい気もしたので、シタデルカラーのナルンオイルでウェザリングをしてみました(結局!)。

▲情報量増えて、ガチャーネンに深みがでたようなw

ウェザリングといっても、難しい事はしておらず、本当にただナルンオイルを塗っただけです。

▲こちらがナルンオイルを塗ってない状態。


▲こちらがナルンオイルを塗りつけた状態。


▲ウェザリングを施すと、ガチャーネンにストーリー性がでた感じがしますねw

何もしてない状態と、ナルンオイルを塗った状態を比較してみました。

▲スミ入れで完成度が上がりました♪

使った筆とナルンオイルはこちら。
ゲームズワークショップ(GAMES WORKSHOP)
ゲームズワークショップ(GAMES WORKSHOP)

初めてのエナメル塗料、なかなかイイ感じにしあがりました。

調子に乗ってんじゃあねぇぜ。
反省をしろ。良いところばっかり見てんじゃあねぇぜ。

めっちゃ怖いやん(^^;)

我が家のハマーンカーン様姫君殿下(嫁さん)の関西弁が激しくなる時はご立腹モードですので、素直に反省点を述べます(姫君殿下はコッテコテの関東生まれの関東育ちですw)

反省点1)
エナメル塗料のベタつき

エナメル塗料の筆塗りを初めてやったワケですが、完成後は発色良くて綺麗だなぁ、なんて思ってたのですが触るとちょいとベタつきますね。

これはエナメル塗料独特なものなのか、わたくしが単に厚塗りしすぎていただけなのかはよくわかりません(雑誌やネットを読んでいても、そういう意見は出てないので)。

エナメル塗料を塗って乾燥したパーツを組み立てるとき、手がベタついて触ったパーツが汚れます(指紋がつくほどではないのですが)。

▲画像ではわかりづらいですがベタベタで指紋のようなモノやらホコリやらがついてます。

エナメル塗料で筆塗りした後は、クリアーとかでコーティングした方がイイんでしょうかねぇ・・・。

反省点2)
エナメル塗料の塗りすぎ

エナメル塗料を厚塗り(まぁ塗りすぎですよね)しすぎたせいで、パーツの塗膜が厚くなった分、パーツ同士がハマらなくなってしまいました(^^;)

超典型的な初心者にありがちなパターンですねw

まぁわたくしも、そのあたりはわかってはいたのですが、小さいパーツばかりなので、そこまでケアする事ができませんでした。

▲しっかりと最後までハメ込む事ができませんでした。

パーツが小さい分、塗膜が厚くなる影響をかなり受けまして、パーツ同士をハメるのにすごく苦労しました。

まぁそうなると、仕方ないのでパーツをハメるために接合部をヤスリがけしたりなどやりまして、手間が増えちゃいましたねぇ。

▲手軽に仕上げるつもりが、ヤスリがけの手間が増えたりするw

反省点3)
部品をなくした

結局なくしたんかい!
冒頭でなくさないよう気を付けなければ、とか言うてたやないかい!
ケアしておいてなくす、こういう47歳のおっさん、皆さんどう思います?絶対出世しないな。まぁわかってたけど。結婚する前からわかってたけど。

まぁパーツが小さいですからね。パーツを失くす確率も上がりますわ(^^;)

説明書でいえば、40番のパーツをなくしましたw

失くした理由。この小さいパーツも、塗装した分、塗膜が厚くなりまして中々にハマらずだったんですわ。

なので、ハメるためにグリグリやってる時にハマらずに手元からスポーン!と飛んでいってしまったのであります(^^;)

こんだけ小さいパーツですから、もう見つかりませんわね。

まとめ

エナメル塗料は伸びが良いので、塗っていてとても楽しかったですねぇ♪

すごく、塗ってる感じがする(笑)

筆塗り、手間かかるやん。
同じパーツを2回も塗るなんて、ダルっ!
フィンガーフレアボムズ、あれはエエな。何事も、一気に片付けたいわな。
がく
まぁ確かに2度塗りは手間かもしれませんが、1度だけだと色がパーツにのらない感じだし、やはり筆ムラも目立ちますから。
フィンガーフレアボムズは一気に敵を片付ける事が出来ますけど、寿命縮めますから。

リニューアル版のダイの大冒険を見て、その先が気になりすぎてネットフリックスで昔のダイの大冒険を見る嫁。ダイの大冒険を気に入ってるんだかなんなのか(^^;)

筆塗りは2度の重ね塗りは確かに手間。

下地処理(サフとか)をスプレー缶ではなく筆でやろうものなら3度塗りw

とはいえですよ、筆塗りならば塗装ブースやらエアブラシやらコンプレッサーを用意しなくていいので、平日の夜なんかに気軽に出来ます。これは大きなメリット!

完成までの期間が短くて済めばモチベーションも保てますね。

そういう理由づけで、これポチってたもんな。

筆塗り作業、やっぱりイイ筆が欲しいですよねぇ。またポチるモノが増えそうですw

あのモビルスーツが1位?
Amazonガンプラストアの売れ筋ランキングはこちら

Amazonガンプラストアはこちら

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku

▼その他のガンプラ塗装記事を読んでみる。
エアブラシ塗装超初心者向け!つや消し方法とか種類の整理まとめ! 絶対やるな!初心者必見!ガンプラ缶スプレーつや消しNG乾燥方法! ガンプラ塗装やつや消しでよくある初歩的失敗とその対策!