20180425_アイキャッチ
ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


以前から気になっていたタミヤの「光硬化パテ」をゲットしました!
DSC04626

ってなことで、今回は「光硬化パテ」をレビューします♪


まぁお伝えしたいことはすでにTwitterでつぶやきずみでありますが(笑)

そんで、先に結論を申し上げますと、この「光硬化パテ」・・・、


ヒケ処理には素晴らしいアイテム!


ですね(^^)


ヒケ処理ってのがポイント(笑)


逆にいうと、盛り付けたりとかパーツの成形なんかには向かないような気がします。


そんで、もうね、皆さんお忙しいでしょうから、メリットデメリットを先に挙げちゃいますますわ(笑)


・メリット
→サクサク削れる
→すぐに硬化
→ヒケはほとんどない
→扱いが楽


・デメリット
→ちょいとベタベタする
→パーツの成形など厚く盛るのには向かない
→強度はちょいと不安
→お値段お高め


こうやって見てみると
メリットよりもデメリットの方が多いやんけ!


ってなことになりますが、冒頭でも書いたとおり、ヒケ処理に関しては素晴らしいアイテムでして、そこに関してのデメリットはさほど気にならない!


ってなことで、詳しくは後述していきますので、気になる方は読み進めていただければ幸いです~。


お忙しい方は、先程のメリット・デメリットだけ見れば十分かと(笑)


_0011_普通
嫁:「それと、まだ全然初心者レベルなので、参考程度に読んでくだされば幸いです

苦笑い
がく:「ごもっともでございます






世間のモデラーさんたちも愛用の光硬化パテ



タミヤの「光硬化パテ」ですが、なかなかに便利アイテムだとわたくしは感じております。


世間の皆さまはどうなんでしょうか?


Twitterを見てみますと・・・。





皆さん便利アイテムとして、結構使っているご様子。


用途をキチンと使い分ければかなりよさげ!


わたくしは今までヒケ処理とか表面処理にはイージーサインティングとか、シアノンDWを使ってきましたが、「光硬化パテ」はそれらよりもさらに削りやすい!

光硬化パテ」の出会いに感謝です(笑)





タミヤ光硬化パテの中身



まずは、タミヤの「光硬化パテ」の中身を見てみます。


箱の中身はこんなんです。説明書も入っとります。
DSC04865

黒いビニール(遮光袋)が入ってまして、保管はこの中にする、という具合ですね。
DSC04624

容量は34g。
DSC04868

まぁこの「光硬化パテ」もタミヤのwebサイトを見れば、概要はバッチリとわかるんですけどね(笑)




光硬化パテはペースト状


こちら「光硬化パテ」の中身を取り出したもの。
DSC04904

ペースト状なの、わかりますかしら?(^_^;)


まぁ実際の使用感は確かにペースト状ではありますね。


ということで、次からは実際の使用感などを書いていきます~。





パーツへの食い付きはやすりがけでカバー



わたくしがこの「光硬化パテ」でとても気になっていた「パーツへの食い付き」です。


世間のレビューなんかを見ると、「光硬化パテ」は「パーツへの食い付き」があまりよくない、ってな意見が見られたので・・・。


やっぱり、ヒケ処理している途中で、剥がれるってのはイヤですよね。


その「パーツへの食い付き」、タミヤのwebサイトには

パテの食い付きをよくするためあらかじめ180番~400番のフィニッシングペーパーで下地を荒らしてください

引用-メイクアップ材シリーズ タミヤ光硬化パテ | タミヤ

ってなことが記載されておりましたが、果たしてどうなのか。



ノーマルなプラ板に光硬化パテ


試しに何もしていないプラ板に光硬化パテ」を塗ってみます。
DSC04628

3分ほど硬化を待ちまして、剥がす事にトライ。グッと力入れてグリグリとやると、パリッと剥がれました。
DSC04631

う〜む、やはりノーマルな面にはあまり食い付きはよくないご様子…。



やすりがけしたプラ板に光硬化パテ


今度はプラ板を400番のやすりでやすりがけしまして、その上に光硬化パテ」を塗ってみます。
DSC04632

今度はビクともしません(笑)
DSC04633


まるで意固地になってビクとも動かない、おもちゃ屋のレジ前の駄々っ子のようだ!


ってなことで、「光硬化パテ」を塗る面を、やすりがけすれば、食い付き問題は解決できそうです。


とはいえですよ、その後もう一度やすりがけしてないノーマルなプラ板に「光硬化パテ」を薄く塗って、今度は3分ではなく一晩放置しまして、完全に硬化するのを待ってみて剥がそうとトライしてみました。


そうすると、全然剥がれませんでした(^_^;)


正直、なんだかよくわからんなぁ(笑)


そういう意味では、あまり食い付きを気にしなくても大丈夫かなぁ、と思う反面、万全を期すならば、やはりやすりがけした方がいいなか、という具合です。





光硬化パテ、硬化時間は短い!



今度は硬化時間を試しみます。


タミヤのwebサイトによりますと

 ●驚異の短時間硬化: 直射日光の場合は約1分、卓上型蛍光灯(27W)の場合は約2分で硬化します。

引用-メイクアップ材シリーズ タミヤ光硬化パテ | タミヤ

ってなことです。


さらには付属の説明書によりますと・・・。
DSC04902

直射日光(晴天)
照射距離→?
硬化時間→1分


卓上蛍光灯(27W)
照射距離→5cm
硬化時間→2分



と記載されております。


その他、説明書に書かれていることをざっくりまとめますと、


・可視光線に反応する
・直射日光or蛍光灯が最適
・白熱灯は適してない(熱の発生が多いので気泡が生じる)


ってなことです。


可視光線」ってのは、要するに光のことですね。

可視光線(かしこうせん 英:Visible light)とは、電磁波のうち、ヒトの目で見える波長のもの。いわゆる光のこと。

引用 可視光線 - Wikipedia

そんで、「白熱灯」ってのはこんなんです。

まぁ最近は、ほとんどLED照明だとは思うんですけどねw


光硬化パテ」には直射日光がベストなようですが、まぁそんなにいつも都合良く作業が昼間の、しかも晴れた日に出来るとは限りませんからねぇ。


ってなことで、今回、わたくしが試すのは以下のとおり。


・直射日光(2分)
・LEDライト(2分)



2つとも硬化時間は2分で試してみます。だって実際のところ、1分も2分も変わらないべ(^_^;)


オレはその1分が大事なんだ!!ガンプラ製作において1分もムダにできねぇ!


っていう人、実際そうはいないかと(笑)



光硬化パテの盛り付けは2mm以下推奨


今回は「光硬化パテ」を薄く塗ったものと、ある程度盛ったもの(1mm前後)で試してみます。
DSC04744

タミヤのwebサイトによると、厚く盛る場合は2mm以下で、と記載されておりましたのでね。パテ内部まで光を透過させるためには2mm以下、ってことだそうな。


でも実際のところ、一度で2mmまで盛るのは結構ムズいです(^_^;)


2mm以上盛りたい場合は、硬化した後に、再度塗り重ねる、ってな具合です。




直射日光での硬化はベストっぽい!


まずは直射日光。
DSC04742

2分あればカッチカチです!
DSC04741

この様子だと1分でも十分かもしれませんねぇ。


硬化した「光硬化パテ」を半分にカットしてみる。しっかり中身までカッチカチ(笑)
DSC04748

ちなみに、厚く盛った方を剥がしまして、厚さを測ると1.5mmくらいでした(笑)
DSC04755




LEDライトでもキチンと硬化


お次はLEDライト。


LEDライトは60W相当934lmのLED電球で照射しました。
わたくしが使ってるLEDライトはこちらです。


LEDライトとパーツの距離は説明書の推奨距離の10cmくらいにしました。説明書だと5cmと記載されてましたけど、その距離で上手く置くことができなかったのでね(^_^;)
DSC04760

照射距離が説明書推奨の5cmよりも倍の10cmではありましたけど、こちらも2分もあればカッチカチ!
DSC04764

キチンと中まで硬化してます。
DSC04769

こちらも盛った厚さは1.5mmくらいどすえ。
DSC04774

まぁこれなら直射日光とLEDライト、どちらでも大丈夫やん!とは思ったものの、硬化後の触った感触はちょい違う感じに・・・。




ベタつきについて


直射日光で硬化させた「光硬化パテ」をちょいと触ってみますと、あまりベタつきは感じません・・・。


LEDライトで硬化させた「光硬化パテ」はワリとベタつきを感じます。そのベタつきは手を洗わないとかなり気になるレベル(^_^;)
※手を洗えばベタつきは簡単に落ちます。


このベタつき、タミヤのwebサイトによりますと

タミヤ光硬化パテが硬化すると、パテの表面にベタつき(未硬化物)が残ります。

引用-メイクアップ材シリーズ タミヤ光硬化パテ | タミヤ

ってなことだそうで、(未硬化物)なんですね。


硬化させると(未硬化物)が残る」、ってなことですが、これは結局、完全に硬化させても残る、とも読み取れますから、仕方ないのかなぁ。


とはいえ、繰り返しますがあくまで個人的所感としては、直射日光でカッチカチに硬化させたモノはベタつきをあまり感じず、LEDライトで硬化させたモノ(一晩経っても)はワリとベタつきを感じますねぇ・・・。


でも、わたくしはこの「光硬化パテ」は削ることが前提ですから、ベタつきに関しては全く問題ありません。


削ってしまえばベタつきは関係ありませんから。



硬化には照射距離が大事?!


説明書には

光源の明るさが足りない場合や照射距離が遠い場合は、時間をかけても十分に硬化しません。

ってなことが記載されておりました。


そうすると、LED照明なんかの場合は「光硬化パテ」を塗ったパーツは、キチンとLED照明に近づけてあげないといけませんねぇ。


逆に、LED照明から遠ければ、すぐに硬化することはありませんから、作業中に「光硬化パテ」塗った直後でも
やっべぇ!早くしないと硬化しちゃうよ!
ってな心配はしなくてよいかと!






光硬化パテでパーツの傷を埋めてみる



では実際に、パーツへ傷をつけてみまして、それを埋めてみます。


GSIクレオスの「Mr.ラインチゼル」でパーツをグリっと傷つけてみます。1mmあるかないかくらいです。
DSC04432
DSC04635

ちなみに・・・。Mr.ラインチゼル」については、ガンプラ初心者の嫁が「BMCタガネ」と「スジ彫りカーバイト」とで使い比べてみましたので参考にどぞ。



一応、食い付きやすいように、周囲を400番のやすりでやすってみました(まぁ傷自体の中身がそれなりに荒れた状態だから大丈夫だとは思うんですけどねw)。
DSC04635

そんで、「光硬化パテ」薄く塗りつけます。
DSC04639

この薄く塗りつけるのが大事ですよね。わたくしは出来てませんけども(^_^;)


薄く塗った方が「光硬化パテ」の中まで光が透過してしっかり硬化してくれますからね。


それに、削るのも楽。


わたくしは、塗りつけ作業はGSIクレオスの「Mr.グルー・アプリケーター」を使って、「光硬化パテ」から直接すくって塗りつけました。
DSC07639




まぁ結局、自分、不器用なんで、何を使っても綺麗に塗れません(笑)


照射時間ですが、今回は余裕を持って、LED照明で3分くらい光をあてまして、十分に硬化したので「超硬スクレーパー」で削ってみます。ご覧のとおり、サックサクと削れますよ♪
DSC04641

ファンテックの「超硬スクレーパー」ですが、本当に色んな場面に役立つ優れものアイテム!ガンプラ初心者にもオススメですよ(^^)
 ちなみに・・・。 


そんで、400番でやすって・・・
DSC04643

800番でやすって・・・
DSC04643

 ちなみに・・・。 曲面パーツのやすりがけにはゴッドハンドの「神ヤス スポンジ布ヤスリ」を使いました。削りカスをとればまた使えるので耐久性も抜群です!詳細は過去記事をどぞ。



最後にサーフェイサーを吹いてみましたけど、もはや傷は跡形もない!
DSC04863





光硬化パテでヒケ処理をやってみる



最後に、実際のヒケ処理をやってみます。


こちらMGジム・スナイパーⅡの足(脛ですね)パーツ。ご覧のように、ヒケがあります・・・。

MGジム・スナイパーⅡは、比較的新しい部類のキット(この記事公開が2018年4月29日で、MGジム・スナイパーⅡの発売日が2017年01月21日)なので、ヒケは少ない方かと思ってましたけどね。

ヒケってのは、ガンプラのパーツの構成上、どうしもて出来てしまうものなようですので、まぁ仕方ないですね。


ってなことで、このヒケに「光硬化パテ」を塗りつけます。
DSC04787

なんか、どうしても盛り盛りになっちゃうのよね(^_^;)


まぁこれは仕方ないとして、まずは「超硬スクレーパー」で大まかに削ります。かなりサクサク削れます!気持ちイイ!(笑)


こんな具合に削れます。
DSC04790

さらにゴッドハンドの「神ヤス スポンジ布ヤスリ」で削ります。正直この最後のならす作業はそれなりにシンドイです・・・。
DSC04796

さて、あとはここにサーフェイサーを吹き付けてみますよ。
DSC04910

綺麗な表面になりました!

_0011_普通
嫁:「とはいえ、実は、この程度のヒケなら、やすりがけでも修正できるという噂


_0005_普通
がく:「イイんです!ヒケをなくすためにムリしてやすりがけすると、わたくしみたいな初心者だとパーツの形が変わっちゃうんだもん!

_0010_困惑
嫁:「・・・だもん・・・44歳のおっさんが、だもんって・・・きもっ・・・。






まとめ



最後にお値段に触れます。


まず、一般的はタミヤのパテ、「タミヤパテ(ベーシックタイプ)」。こちら、タミヤのwebサイトですと
270円(本体価格250円)
とのことです。


そして、「光硬化パテ」。こちら、タミヤのwebサイトですと
1,296円(本体価格1,200円)
です・・・(-_-;)


4倍(まぁ5倍といってもいいよねw)以上なお値段・・・。


とはいえ、まぁベーシックなパテとお値段を比較するのもどうかとは思いますけど(笑)


光硬化パテ」は硬化も早いし、削りやすいし、ヒケもないし。わたくしはお値段相当(もしくはそれ以上!)と感じておりますよ。


それに、「光硬化パテ」は34g入ってまして、これを使い切るのなかなかに大変(^_^;)
容量はタップリかと!


なので、結論としては、冒頭にも書いたとおり「光硬化パテ」は


ヒケ処理には最高なアイテム!


ですね。


反面、パーツの成形やら、ちょいと大きな穴埋めとかには不向き。


なので、そういうときはイージーサインティングとか、シアノンDWがイイですな。


冒頭で書いた「光硬化パテ」のメリット


→サクサク削れる
→すぐに硬化
→ヒケはほとんどない
→扱いが楽


が素晴らしいので、デメリットを凌駕しております!(笑)
ということで、今回の光硬化パテのレビュー記事がガンプラ初心者様方の参考になれば幸いです。


シェアボタンをポチっていただけると、さらに幸いです(笑)
やっぱり、多くの人に読んでもらえると、嬉しいんだもん(笑)



スポンサーリンク