がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

Mr.グルー・アプリケーターで瞬間接着剤を塗る手間を激減!スジ彫り修復のストレスも激減だよ!

ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。

HGUCユニコーンガンダムユニコーンモードにチマチマとスジ彫りや凹みモールドなんかをしております。
DSC07301

わたくし、ガンプラ初心者ゆえ、スジ彫りや凹みモールドも失敗しまくってるワケですが、その修復には「黒い瞬間接着剤」を使ってます。
DSC09800

 

この「黒い瞬間接着剤」は接着剤なので、パーツに「塗る」のがワリと困難というか、手間も含めて面倒だったんですよ。

ってことで、今回の話は至極シンプル。「黒い瞬間接着剤」をパーツに塗る際、最初から素直に「Mr.グルー・アプリケーター」を使えばよかったなぁ、って話ですわ。

 

今回のメニュー

黒い瞬間接着剤を塗る道具がないストレス

Mr.グルー・アプリケーターを最初から使っておけばよかった

Mr.グルー・アプリケーターの2つの利点

Mr.グルー・アプリケーターで瞬間接着剤を塗ってみる

瞬間接着剤が少ないから削るのが楽

Mr.グルー・アプリケーターの最大の利点はこれ!

まとめ

 

 

今回使う道具

GSIクレオス:Mr.グルー・アプリケーター

ウェーブ:
黒い瞬間接着剤
瞬着硬化スプレー

タミヤ:マスキングテープ

日本製紙クレシア:キムワイプ

黒い瞬間接着剤を塗る道具がないストレス

まぁこんな風に凹みモールドを失敗してますよ。
DSC07043

凹みモールドの修復に「黒い瞬間接着剤」を使ってますが「黒い瞬間接着剤」は接着剤なので、それを塗りつける道具にも接着されちゃうワケですわ。

なので、パーツに塗りつける際は、こんな使い捨ての道具を用意して塗ってます。
DSC07679

これ、すっげー手間(笑)

さらに、こういう使い捨ての道具(道具ともいえないが)だと、パーツに塗りつけるのがなかなかに難しく、もはや「盛り付け」になっちゃうワケです(^_^;)
DSC07080

盛り付けちゃうと、削るのがそれなりに大変なんですよねぇ・・・。

パーツのいらんところまで削っちゃって、結局また修復する箇所増える、っていう負のループ開始・・・モチベが激しく落ちるヤツやん・・・。

こんな具合なので、修復するのがすっごい億劫になりまして、凹みモールドやスジ彫り失敗すると、いっつも「ムキっー!!」ってなストレス溜まってたのさ(^_^;)

Mr.グルー・アプリケーターを最初から使っておけばよかった

ガンプラは楽しく製作したい。

なるべくストレスを溜めたくない。

道具で解決できるストレスがあるならば、道具に頼ってもいいではないか。

ブライトくん、キミはどう思うかね?

ってなことを常々思っていますので、「Mr.グルー・アプリケーター」の存在は知ってました。
DSC07633

でもね、たかだか瞬間接着剤を塗るくらいで道具買うって、あんたどんだけ金持ちだよ、中川(こち亀)かよ、って思ってたのでスルーしてました。

そんな状況だったのですが、今回「Mr.グルー・アプリケーター」を買って

最初からMr.グルー・アプリケーター使っときゃよかった

って激しく後悔しましたよね(^_^;)

Mr.グルー・アプリケーターの2つの利点

激しく後悔した理由ってのは至極簡単で月並みではありますが「Mr.グルー・アプリケーター」が便利で使いやすいから、ってことです。

わたくしが感じている利点は2つあって

利点1)
塗りやすい

利点2)
瞬間接着剤が塗布棒から剥がれやすい

ってとこですかね。

まぁこの「Mr.グルー・アプリケーター」の利点なんかはパッケージの裏面に書いてあるとおりなんです。
DSC08146
DSC08149

要するに

塗りやすい

適切な量の瞬間接着剤を塗れるから、固まる時間も早くなるし、削りる量も少ない。

瞬間接着剤が塗布棒から剥がれやすい

メンテナンスが楽

っていう感じでしょうか。

Mr.グルー・アプリケーターで瞬間接着剤を塗ってみる

では、実例を。

このパーツ、スジ彫りしちゃってますが、位置が気に入らないので消したい!
DSC08155

ということで、早速「黒い瞬間接着剤」を塗って埋めていきます。

まず、「Mr.グルー・アプリケーター」に入っている受け皿に「黒い瞬間接着剤」を少量だします。
DSC07663

ダイレクト塗布は無茶!

「黒い瞬間接着剤」のノズル口から直接パーツに塗りつけるという行為は、ガンプラ初心者には無謀すぎる危険な行為!!!

確かに楽ではありますが、そんなことやったらドパっと大量の瞬間接着剤がパーツにでちゃいますよ。

無茶はやめろ(笑)

細い箇所にもMr.グルー・アプリケーターが便利

そんでこのパーツのように、細いスジ彫りなんかにはこの細いのが便利。
DSC08159

まずはマスキングテープで余計なところに瞬間接着剤がつかないようにガード。
DSC08170

塗布棒の先端に少量「黒い瞬間接着剤」つけまして、パーツのスジ彫りに埋めていきます。
DSC08201

実は、画像をよく見るとわかるのですが、左端がちゃんと埋まってません(^_^;)

こういうこともあるので、細い塗布棒でスジ彫りに沿って塗らずとも、平面として塗ってもいいかもですね。

「ヒケ」について

「ヒケ」というのは瞬間接着剤で埋めた部分が、時間経つとヘコんできちゃう、ってことです。こんな具合に。
DSC07077

原因などについては、わたくしもガンプラ初心者ゆえ、詳しいことはわかりません(^_^;)

瞬間接着剤が時間経つと揮発しちゃうためにヘコむようですね。

そのあたりは詳しくないので割愛(笑)

ヒケを防ぐために

そのヒケるのを防ぐために、「瞬着硬化スプレー」を吹きかけます。
DSC09630

黒い瞬間接着剤を塗った箇所に、2・3回シュッシュッと吹きかけるだけで瞬時に固まってくれまして、ヒケることもありません(わたくしの経験値ではね)。

ただ、こいつにも弱点があります。それは

超絶臭いです(^_^;)

子供の時、押入れに入って遊んだ時に感じた臭い、に似てます。

わたくしはを「瞬着硬化スプレー」吹くときはベランダでやってます。

瞬間接着剤が少ないから削るのが楽

黒い瞬間接着剤が固まったら、あとは削るだけ。

リタックスティックハーフの#400と#1000で削っていきます。
DSC04680

余計に接着剤がついてないので削るのも楽ですね。大体は埋まったかと。
DSC08282

あとはエッジ出しなどの細かい調整して洗浄してサフ吹けば細かいキズは隠してくれるかと。

Mr.グルー・アプリケーターの最大の利点はこれ!

さて、作業が終わったあとは、「Mr.グルー・アプリケーター」の塗布棒についた瞬間接着剤をキレイにとるワケですが、この「Mr.グルー・アプリケーター」・・・

塗布棒に付着して固まった瞬間接着剤が簡単に剥がせるのです!
(まぁ冒頭の利点2でも申し上げたのですがねw)

実はわたくし、この「簡単に剥がせる」というのが非常に気に入っております!

これ、すっごくありがたいです!

むしろ、瞬間接着剤が簡単に剥がせるというのが「Mr.グルー・アプリケーター」の最大の利点かと!

接着剤なのにくっつかず剥がれやすいって不思議(笑)
DSC08247

キッチンペーパーなんかでふき取るだけ。

わたくしはキムワイプ使ってます。
DSC08289

もうね、今回は、このことを書きたいがために、この記事を書いた、といっても過言ではない。

まとめ

GSIクレオス:Mr.グルー・アプリケーター」、わたくしとしては、メンテナンスの簡易さだけでも買った価値が十分にあると感じています。

修復作業には、なるべくストレス感じたくないですよね。

マジで最初から素直に買っておけばよかったと後悔(笑)

そのあたり、ガンプラ初心者の皆様の参考になれば幸いです。