ガンプラ作業効率爆上げアイテム知ってる?

臭わない塗料限定!下地サフ塗装は筆塗り出来る?2製品を比較検討!

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

ガンプラを水性塗料で筆塗りする場合、塗料がパーツにあんまり喰いついてくれないなぁ、ってな事ありませんか?

▲シタデルカラーが弾いてしまっております。まぁこれは薄めすぎってのもありますがw

そのような事態を回避するために、一般的にはパーツへの下地処理として、つや消しスプレーを吹きかけたりとかするご様子ですねぇ。
DSC06730
GSIクレオス Mr.スーパークリアー つや消し スプレー

ただ、それってスプレー缶を使えない環境な人たちは、どうすればイイんでしょうね?(^^;)

わたくしは、シタデルカラーを筆塗り塗料のメインに考えておりまので、その下地になる塗料も筆で塗りたいワケなんです。

しかも、臭わない塗料で!

という事で、今回はファレホプライマーとアクリジョンベースカラーホワイトを用意しました。

詳細は後述します。

とりあえず以下の2つの項目を比較してみました。

  • うす~く塗って、シタデルカラーが喰いついて塗れるか?
  • シタデルカラーを塗った後、下地の塗料に浸食しないか?
あと、ついでなんで、
  • 隠蔽力はどうか?
というあたりを見てみます。

花輪くんか?
毎回言わせるなよ?
ひとつ試してダメなら次やればエエやろが。
なんで2つ同時に試して比較検討すんねん。ヒマか?金持ちか?花輪くんか?
もっといえば、アンタ、水性のサーフェイサーが今度出るから絶対それ買うんだ!って、めっちゃウキウキウオッチングやったやないかい。
それまで待てや。
がく
思いついたら、どうしても試してみたくなってしまう性分なんです。
それに、GSIクレオスの水性サーフェイサーの発売日は2021年02月05日らしいので、それまで待てないっすw
参考
参考 水性ホワイトサーフェイサー1000GSI クレオス Mr.HOBBY

そういう性分をもつ旦那の奥さんって、大変やろな、と仰るのでそれアンタやがな、という業務用ツッコミをさせていただいたのち、作業に入らせていただきますw

下地としてのシタデルカラーについて

まず、
シタデルカラーってなんやねん?
という方もいらっしゃるでしょうから、そういう方々は過去記事をどうぞ!
シタデルカラーが気になってる人向け!超基礎知識ざっくりまとめ!

そんで、シタデルカラーは「ベース」という種類がありますから、それを下地塗料として使って塗ればイイんですけどね。
ガンプラ筆塗りはアリ?シタデルカラー初心者がよくやる失敗を晒す!

ただ、過去の経験から、どうもパーツへの喰いつきが悪い感じがしております。

シタデルカラーのベースをうす~く塗り重ねていく感じで作業するワケですが、1度目がどうにもパーツへ喰いついていかないご様子。

このあたりは、完全な主観なんですけどね。

先述したとおり、薄く希釈した時なんてのは弾いてしまってますからね。

今回購入したファレホプライマーかアクリジョンベースカラーのどちらかが、下地塗料として使える事を期待。

ちなみに、ファレホプライマーとアクリジョンベースカラーの詳細は、各メーカーさまの公式webサイトをご覧くださいませ(自分で解説しないスタンスw)。
参考 プライマー - ファレホ公式サイト株式会社ボークス 参考 アクリジョン ベースカラー ベースホワイトGSI クレオス Mr.HOBBY

うす~く塗ってみる


▲プラ板を2枚用意。ここに塗っていきます。

まずはアクリジョンベースカラーとファレホプライマーの下地塗料として喰いつきがどの程度か?ってのを比較していきますよ。

下地として塗る予定なので、めっちゃうす~く塗ってみます。


▲筆ムラとか、そういうのも一旦置いておきましょうよねw

乾燥はどちらも比較的早めなご様子。どちらが早いとか遅いとか激しい違いはないような。ファレホプライマーの方が、乾燥は遅めかなぁ、という感じです。

筆ムラの事を考えると、乾燥は遅い方が良いのですが(乾燥が遅い方が筆ムラは比較的少ないかと)。

なんとなく、ファレホプライマーの方が筆ムラはでにくい印象。

そして、見た感じだと、アクリジョンベースカラーの方がなんとなく隠蔽力は高いご様子です(主観ですよw)筆の塗り方が、2つが全く同じでない、というのはあるのですがね。

シタデルカラーを上塗りしてみる


▲こちらはシタデルカラー(ベース)のサウザンドサンズ・ブルー

2つの下地塗料、完全乾燥(丸1日は乾燥させました)させた後、シタデルカラーを塗る作業に入ります。

まずはアクリジョンベースカラーホワイトの上にシタデルカラー(ベース)のサウザンドサンズ・ブルーを塗ってみます。
▲喰いつく感じで気持ちよく塗れました♪筆ムラとかは一旦置くのですw

どうやら下地を侵してしまう事もないご様子。下地が溶けちゃうと、表面のシタデルカラーまでグズグズになりますからね。

続いてファレホプライマー。

▲こちらも同様にシタデルカラーはバッチリ塗れます。筆ムラは一旦置いておけと何度も言わせるんじゃあねぇぜ!w

下地としても問題なし。溶けてしまうといった事はなさげ。

終われ!
もう今回は終了や!
毎回言ってるけども、アンタのブログは長いねん!チェックするこっちの身にもなれや!しょーもない。
情報番組の運勢占いくらいしょーもないわ。なんであの占いで電車の中のOLどもは一喜一憂しとるんや。だからOLは面倒くさいんや。

いや、アンタもOLやがな、という義務的ツッコミはグッとこらえて、もうちょい続けます(^^;)

結果としては、アクリジョンベースカラーもファレホプライマーも、下地塗料として使えそうですね♪

どちらも下地塗料として使えるのであれば、あとは隠蔽力の差で決めるという事になりましょうか。

隠蔽力について

隠蔽力の確認として、紺色のグフのジャンクパーツに、ファレホプライマーホワイトとアクリジョンベースカラーホワイト、それぞれ塗ってみます。

当然、1度では下地の紺は消えないでしょうから、2度塗ってみる事としします。ちなみに、2つとも希釈はしません。筆に軽く含ませて塗る感じです。

まずはアクリジョンベースカラー。

▲筆への塗料の含み具合なんかもありますが、思ったより下地を隠してくれてますね。

お次はファレホプライマー。


▲塗料の含み具合の関係もあるかと思いますが、アクリジョンベースカラーほどは隠蔽力はないかなぁ。

両方とも、2度塗りしてみました。

▲しつこいようですが、塗料の含み具合等で差がでるのは事実

全く同じように塗れているワケではありませんが、アクリジョンベースカラーの方が隠蔽力は強いのかなぁ、という印象。

ここまでで、ファレホプライマーとアクリジョンベースカラー、2つを使っての感想をまとめました。

ファレホプライマー

  • 隠蔽力はあまり高くないかも
  • 臭いはほとんどなし
  • 乾燥するのはアクリジョンベースカラーと比較するとちょっと遅いかな
  • 筆ムラはでにくい気がする
アクリジョンベースカラー
  • 隠蔽力はファレホプライマーよりも若干高い気がする
  • 瓶に鼻を近づけると、特有の臭い。作業中は気にならない
  • 乾燥は早い(気がする)

まとめ

今回の結果ですが、これ、あくまでも
「わたくしの場合」
という事でご了承くださいませw

もしかすると、雑誌か何かで同様の事をやっていて、そちらとは真逆の結果かもしれません。その場合、雑誌の方が信頼度は高いかと(プロですし)。

意味なし!
それやったら、今回やった検証、全く意味なし!
時間を返せ。貸した金返せよ。明日返せよ。貸した金、はした金なんだろ。
がく
どっかで聞いた事のある歌詞。
金は貸してませんがなw
まぁなんていいますかね。筆塗りの場合は、個人の技量なんかで色々と左右される要因もありますから、やはり一度自分で試してみるのは大事かな、と思いますよ。

だったらそれを冒頭で言えや、と言い残し、弟者の桃鉄動画に没頭する我が姫君殿下。

桃鉄は、始めると1日が余裕で終わってしまうので、買うのが恐ろしい。すまん、姫君殿下!w

結局は、どちらを下地塗料として使うのか?って事に関していえば、わたくしは
ファレホプライマーを使おうかな
と思ってます。
(実際に使い始めて不便を感じたら変えるかもですがw)

理由としては筆ムラが出にくくて、塗りやすそう、という完全な主観な感触ですw

あと、全然臭いがしないので。

それに、わたくしは隠蔽力はさほどいらなくて、ともかくシタデルカラーが塗りやすい下地になってくれればそれでよい、というのがあります。

でもね、ファレホって、入手しづらいのがネックよね(^^;)

まぁこのあたりは、個人で好きな要素を優先して使えばイイかと思います。

立つなら茶柱だけにしろや!
とはよく言ったもんだよね。腹立つわ~。
今日のブログ記事、全然役に立たんし、面白くもなんともないわ。
マジで時間返せ。
がく
否定はしませんよね。ホントに。
でもまぁ誰か一人の参考になれば、それはそれとして幸いでございます。という事で、今回はここで終了でございます。

あのモビルスーツが1位?
Amazonガンプラストアの売れ筋ランキングはこちら

Amazonガンプラストアはこちら

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku
ゲームズワークショップ(GAMES WORKSHOP)

▼その他の筆塗り記事を読んでみる
ガンプラ筆塗りの筆ムラはなくせる?試してみた5つの対策! 初めてエナメル塗料で筆塗り!下地処理と2度塗りが大事だと超実感した! ガンプラ筆塗りで押さえておくべき超基本!2度塗りすればどうという事はない!