ヤスリがけを秒で終わらせたい人向け!

初心者向けに解説!ガンプラのつや消しのタイミングはいつがいいの?

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

ガンプラのつや消しって、いつ吹き付ければよいかタイミングがわからなかったりしませんか?

スミ入れとかデカールを貼り付ける場合は、その前?その後?

ガンプラ塗装に慣れてないウチは、よくわからんですよね。

ウチの旦那、
マジでアホなんです。
5年以上ガンプラ作ってるのに、いまだにつや消しを吹く順番間違えてますから。

▲つや消し後にスミ入れすると滲みまくるワケで

がく
我がハマーンカーン様姫君殿下(嫁)のツッコミ、真摯に受け止めます。
目の前の事ばかり考えてますから、焦って速攻でつや消し吹いてこのザマです。

ガンプラ製作に慣れている方は、こんな失敗はサラっと回避出来ますよね。

でも、ガンプラの塗装を始めたばかりの人にしてみると、つや消しのタイミングってわからない。

今回はそんな人たちに、参考にしていただければ幸いです。

ウチの旦那のアホな失敗を、大いに踏み台にしてくださいね♪

つや消しになる理由

DSC07002
つや消しのズゴック。表面はかなりザラザラです。

つや消しのパーツに、スミ入れしたら滲んでしまった理由はシンプルです。

パーツ表面がザラザラしているから。
DSC01504
▲過去に失敗したザラザラすぎるパーツ
ガンプラ塗装やつや消しでよくある初歩的失敗とその対策!

このザラザラのおかげでつや消しに見えているのではありますが。
※つや消しには小さい粒(粒子)が入っていて、その凸凹による光の屈折でつや消しに見える。

 

滲むのはつや消しの凹凸

ザラザラ表面に「スミ」という部分的な色がついて、滲んで見える。

今回は、白いザラザラなパーツに黒いスミという色がついて滲んでしまいました。

スミ入れしてなければただのつや消し状態。

▲白でわかりづらいですがめっちゃザラザラよ

これにスミを流し込めば滲みまくるワケで。

▲拭き取るのも大変そうなくらいなザラザラ感

普通のパーツならばスミは綺麗にスイッ~っと流れていくんですよね。

▲気持ちイイくらいにスミが流れます

滲んだスミは拭き取り困難

さらに面倒なのは、滲んだスミは綺麗に拭き取れないんです。

▲こんだけ滲んでしまっているとね

綺麗に拭き取るのはほぼ不可能・・・。

▲溶剤でスミを拭き取ると、スミが残って汚い感じ。ウォッシングとかに見えなくもないけどw

これは、表面に目に見えない凹凸があるからですね。

凹凸の凹み部分にもスミが流れ込んでいて、それを拭き取れないんです。

スミ入れはつや消し前


グフのパーツ。つや消し前なので綺麗にスミ入れ

つや消し後のパーツ表面がザラザラだとわかっていれば、スミ入れのタイミングはわかりやすい。

スミ入れはつや消し前にやればよいワケですよね。

表面ツルツル加工なら尚よし

さらにいえば、表面がツルツルの方がスミも流れやすい

例えば、スジ彫りしてあるプラ板に光沢スプレーを吹き付け。

▲表面はツルツル

こんな具合に光沢スプレーを吹き付けてからスミ入れする方法もオススメです。

Twitter見ると、そのようにしてスミ入れしている方々もいらっしゃるのがわかります。

 

がく
光沢スプレーを吹き付けるのが面倒なら、最初から光沢塗料で塗装すればよいですね。
スミの拭き取り
パーツ表面がツルツルであれば、ハミでたスミも拭き取りやすいですね。

デカール貼り付けもつや消し前


▲つや消し前に水転写デカールを貼り付けたHGグフ

デカール貼り付け作業についても同じ事がいえます。

以前、わたくしはザラザラなつや消し状態で水転写デカールを貼り付けまして失敗しましたw

初めてのガンプラ塗装で失敗を防ぐために知ってほしい3つの事例

パーツ表面がつや消し凸凹のザラザラですから、水転写デカールがパーツに密着しません。

いわゆる「シルバリング」ですね。

シルバリング
シルバリングについてはハイキューパーツさんのwebサイトが参考になります。
参考 デカールのシルバリング対策・補修法ハイキューパーツのテクニカルガイド

シルバリングの回避についても光沢スプレーを吹いた後に水転写デカールを貼ればいいワケです。

表面がツルツルなので、水転写デカールとパーツの間に凹凸がなくしっかり密着されます。


▲光沢スプレーを吹き付けたツルツルなパーツ


▲表面がツルツルなので水転写デカールが密着

まとめ

今回の内容を踏まえ、まとめると

つや消しは最後の仕上げに吹き付ければよい

です。

スミ入れも水転写デカールの貼り付けも、それらが終わってからつや消しを吹き付ければよいですね。

ただ、これらはあくまで一般的な話。

敢えてつや消し後にスミ入れして滲ませる技法もあったりします。

ウェザリングという見方をすればイイ感じかも?(笑)

がく
ガンプラの製作工程に慣れてないウチは、つや消しは最後に吹き付けと思っていればよいですね。
あくまで一般論、な事をキチンと補足しろよ。

そう、あくまで一般論です(^^;)

何度もつや消し作業をやっていけば、深く考えずにつや消しのタイミングがわかってきますよ♪

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku