eyecatch-20171018-2

ども、ガンプラ初心者のがく(@oskgaku)です。


前回は「手順は3つだけ!ガンプラのディティールアップ超入門!」ということで、ガンプラのディティールアップのために、ガンキャノンのパーツを切り出してパーツに貼り付ける、ってなことをやりました。
DSC09125

しかし、その後、世間様には、ディティールアップ用パーツという便利なものがある事を知りました(^_^;)


これならば、ピッと貼り付けるだけで、素敵なディティールアップの完成!なワケです(笑)


ということで、今回はHG局地型ガンダムの腰のパーツが、
DSC09136

こんな具合のディティールアップができましたよ!
DSC09170

やり方は簡単、ではあるのですが、油断するととんでもない失敗が待ってます(^_^;)


まぁそれはディティールアップパーツの貼り付けに限らずなのですが・・・。


ってなことで、わざわざブログ記事にすることか?というツッコミもありましょうが、そこは今回もガンプラ初心者の誰かのお役に立てば幸い、ってことで(笑)




市販されているガンプラディティールアップパーツ



わたくし、巷に出回っているディティールアップ用のパーツってのは、なんとなく知ってはいたんです。


ですが、それをガンプラに利用する、という概念がなく、何か別なプラモデルの部品だと、決め込んでおりました・・・(^_^;)


ってな現状でありつつも、HG局地型ガンダムを製作しているワケですが・・・・。


そのHG局地型ガンダム製作の参考にさせていただいてるのが、ユウパさん(@yuupa00)の作品!!


ユウパさんの作品は、HG局地型ガンダム以外も素晴らしいので、毎回楽しみ&参考にさせていただいてる次第!!

ひとことで表現するならば、美しい・・・(^^)


このユウパさんの美しいHG局地型ガンダム、よく見ると、腰のパーツに、素組みではついてないパーツがついている・・・。


こちらがHG局地型ガンダムの素組み。
DSC09128
DSC09130

この腰のパーツ、自作なのかしら?それとも、これこそ巷に出回っているディティールアップのパーツなのだろうか・・・。


知りたい!どうしても知りたい!


ということで、図々しくもユウパさんに直接おききしたところ、なんとご丁寧にそのディティールアップパーツの型番まで教えてくださいました!!!!
「コトブキヤ モデリングサポートグッズ プラユニットP124 角モールド」



ユウパさん、ありがとうございます!!なんとお優しい!!もう、感謝しかない・・・。



さらにフォロワーさんからディティールアップパーツの有益情報が!


さらに、前回のブログ記事を見てくださった他のフォロワーさんも、ディティールアップのパーツや貼り付け方法まで教えてくださった!ありがたし!本当にありがたし!

Hrathnir(@MG_Hrathnir)さん、ありがとうございます!!みなさん本当にお優しい・・・。


そんで、フォロワーさんに教えていただいた情報をもとに調べてみると、なるほど~、モデラーさんたちは上手にプラユニットを利用しているんですねぇ~。






ちなみに、他のメーカーからもありまして、waveさんからも、オプションシステムシリーズってことで、こんなのがあったりします。



とってもステキやないかぁ~い。


こういうのを使うと、さらにディティールアップされ、かっこいいガンプラが仕上がる!?かもですねぇ~(笑)
夢が膨らむわぁ~(笑)



ガンプラディティールアップパーツを求め秋葉原へ!



ということで、コトブキヤの「プラユニットP124 角モールド」をゲットして、ディティールアップだ!!


しかし、サイズ感とか、わからんからちょい不安。一度は実物を見てみたい・・・。


今までディティールアップのパーツって、気にしてなかったから、店頭で見たことないしなぁ・・・。


店舗に見に行くにしても、確実に見れる店舗に行きたい・・・。


ということで、やってきたのは秋葉原のコトブキヤ「秋葉原館 | KOTOBUKIYA」
DSC_4252

「プラユニットP124 角モールド」はコトブキヤの製品だから、コトブキヤに行けばあるべ、ってことですわ(^_^;)


めっちゃあるやん!!
DSC_4253

他のブツもたくさんあるがな!!
DSC_4255

選びたい放題やで!!


ってことで、速攻で買ってみました(笑)
DSC09135

ちなみに、ヨドバシakibaにもたくさんあった(笑)
DSC_4266




ガンプラディティールアップパーツの失敗事例を晒す!



ということで、ユウパさんのHG局地型ガンダムを模範として、腰パーツに「プラユニットP124 角モールド」貼り付けてみることに。
DSC09139

やり方は簡単で、プラユニットを切り取って貼るだけ。ゲート処理はサクっとやりましたよ。
DSC09146

本当は左右均等に貼るならば、キチンと測ってやった方がいいのだろうか、まぁ最初なんで、大体で(^_^;)



ガンプラ初心者はプラユニットの貼り付けは慎重に


しかし、簡単とかいっておきながら、わたくし、失敗しました(-_-;)
DSC09149

左のプラユニットが、めっちゃ曲がった・・・。


実は、Hrathnirさんに教えてもらった方法で素直にやればいいものを、


「瞬間接着剤でも、多少は貼り付けてから動かせるべ」


ってな安易な発想で、目の前にあった100均で購入したハケタイプの瞬間接着剤を使ってしまったのであります・・・。
DSC08405

ナメてはいけない。


この100均のハケタイプ瞬間接着剤、100均と思ってナメてはいけない(笑)


速攻で貼りつきますわ(^_^;)


パーツに貼り付けた瞬間に固定!もう、位置は動かせねぇ・・・。


ハケタイプの瞬間接着剤ってことで、お手軽さの誘惑に負けてしまった。



貼りついてしまったディティールアップのプラユニットを剥がす


ってなことで、面倒ではあるが、貼りついたプラユニットを、剥がす。


がっちり貼りついてしまっているので、うんともすんともいわず・・・。


仕方ないので、ゴットハンドのスピンブレードをプラユニットの下に潜り込ませ、グイグイと持ち上げることに。
DSC09150


ゴッドハンドのスピンブレードは切れ味抜群なので、プラユニットの下にシュパと潜り込んでくれました。ホッ(^_^;)


ってなことで、プラユニットを剥がしたパーツ・・・。
DSC09152

瞬間接着剤が固まってしまっているので、「リタックスティックハーフ」の400番→600番でやすってキレイにします。
DSC09154




ディティールアップのプラユニットを再度貼り付け


もう同じ過ちを繰り返すワケにはいかない(^_^;)


ということで、ここは超安全に、普通のスチロール樹脂系のタミヤの接着剤で貼りつけることに(笑)
DSC09155


これなら接着剤をつけてからでも位置は動かせます。まぁキチンと乾燥させるために、3日間は待たなければですが(^_^;)


そして、乾燥を待ったあとのパーツがこちら。
DSC09160

まぁ、ボチボチかな(笑)


ハミだした接着剤は、これまたリタックスティックハーフでやすってあげます。


Mr.セメントSPを流し込むプラユニット貼り付け方法も試す


ちなみに、Hrathnirさんに教えてもらったやり方、


瞬間接着剤を少量つけて仮固定→Mr.セメントSP流し込み


も他のパーツで試してみたところ、とってもイイ感じで出来ました


コツとしては、瞬間接着剤(わたくしはwaveの「瞬間接着剤 ×3L 低白化」を使いました)を本当に少量つけてからの仮固定。


それからMr.セメントSPを流し込み、です。Mr.セメントSPについては「ガンプラ初心者の合わせ目消しにMr.セメントSPが最適な2つの理由」を参考にしてくださいませ。


まぁ最初のうちは、自信がなければ、わたくしのように、タミヤのスチロール樹脂系の接着剤でもいいかもですね。



まとめ



ということで、こちらはプラユニットを貼り付けたものに、白サフを吹いてみました。
DSC09170

ソコソコに、エエ感じになりました!!ガンプラ初心者的には(笑)


いやぁ、プラユニット、楽しい(笑)


ディティールアップのためのプラユニット、お手軽でいいですね!


とはいえ、これに頼りすぎていると、オリジナリティがなくなるかも、という不安(笑)


なので、あまり頼りすぎず、キチンと意図的にポイント絞って使っていきたいところ。


でも、ついつい甘えちゃうんだろうなぁ・・・なんだかんだで、秋葉原のコトブキヤで、こんだけ買ってきたしね(笑)
DSC09166

ブログ記事が参考になれば幸いです。シェアは下のボタンからお願いします!多くの方に読んでもられると次の記事へのモチベアップ(^^)




スポンサーリンク