がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

ガンプラのゲート処理は道具が揃えばこっちのもんだ!3工程で終了!

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

ガンプラのゲート処理って、道具があれば初心者でも案外簡単に出来るんですよ♪

今回はゲート処理に使う道具とゲート処理方法について、初心者にもわかりやすいように紹介します。

そもそもゲート処理って何よ?についても解説しますよ(^^)

今回使う道具
ゴッドハンド
・アルティメットニッパー5.0 SPN-120
・神ヤス スポンジ布ヤスリ #400 #600

上野文盛堂
・Y201 精密ヤスリ 平
・Y304 極細ヤスリ 半丸

ファンテック
・超硬スクレーパー

そもそもゲートって何?

そもそも「ゲート」ってなんなのよ?っていう超基本的なことなのですが、ガンプラのパーツは「ランナー」というもモノについておりまして、そのランナーとパーツを接続しているのが「ゲート」、というワケです。
web_01

そんで、パーツについてる「ゲート」を、パーツから切り離すワケです。
web_02

そんで、そのゲートを切った跡がパーツに残ってますよね?これがいわゆる「ゲート跡」、ってワケです。
web_03

まぁ正式にそういわれてるワケではなく、一般的にいわれているだけだと思いますのであしからず(笑)

このゲート跡、汚いとやっぱりかっこよくない!

なので、これをキレイに処理するのが「ゲート処理」、ってワケです。(これも正式にそういわれてるワケではなく、一般的にいわれているだけだと思いますのであしからず笑)

前置きが長くなりましたけど、さっそくゲート処理の方法について触れていきたい!ところですがもうひとつだけ前置き的な話を(笑)ニッパーについてです。

キレイなゲート処理はニッパーから

ゲートですが、ニッパーなんかでパーツから切り離すワケですが、できればこの工程でキレイに切り離した方がゲート処理も楽にできますよ。

そこで登場するのが優れものツールなニッパーたち!
DSC06104

アルティメットニッパー5.0 SPN-120でゲートカット!

わたくしが普段使っているのはニッパーの最上級!ベギラゴン級(まぁこれはいいすぎかw)なゴッドハンドの
「アルティメットニッパー5.0 SPN-120」
DSC08984

ゲート処理をキレイにやりたくてニッパーを探しているなら、もうこれ以上はないのではなかろうか!とわたくしは勝手に思ってます(笑)

このアルティメットニッパーならば、それはもうキレイにゲートを切ることができますよ。

このアルティメットニッパーにの使い方に関しては、ゴッドハンドのwebサイトに超絶詳しく書いてありますのでぜひ参考にしてください!

▼参考webサイト

わたくしも、過去記事に書いてますのでよかったら参考にしてくださいませ。
【過去記事】

【過去記事】

【過去記事】

ゲートをキレイに切ることができれば後々のゲート処理作業の負担も軽減!くぅ~ありがたし!!

しかし、やはりお値段はちょい高め(^_^;)

さらに、一般的なニッパーよりも強度はちょい弱め・・・とは言いつつも、わたくしはこのアルティメットニッパーの刃を折ったことは一度だけ。

しかもそれは美しい弧を描いて落としたんですわ。要するに派手に机から落としたワケです(笑)

そんな具合で刃が折れたワケでして、一般的な使い方をしていれば、刃が折れるようなことはないと思います。

ケロロニッパーでゲートカット!

まぁでもアルティメットニッパーは最初に使うニッパーとしてはハードルが高いですよね。

そんな時はみんな大好き「ケロロニッパー」(笑)
DSC05375

このニッパー、このお値段で素晴らしい切れ味、堅牢性!これでも十分ゲートカットは可能です。

ということで、今回はこのケロロニッパーを使いましたよ!ケロロニッパーの詳細については過去記事を参考にしてください。

【過去記事】

ちなみに、超安価なニッパーとか爪切りでゲートカットをするのは避けるのが無難。

パーツのゲート跡がガッタガタになっちゃいますからねw

塗装前提のゲート処理

ゲート処理をする前に、もうひとつお知らせ(笑)

今回のゲート処理、塗装する前提ですよ~(笑)

素組みでのゲート処理は、ちとキツイです(^_^;)

っていうのは、ゲート処理はやっぱりやすったりしますから、その跡を塗装なしで消すとなると、かなりやすっていかないとイケませんから・・・。

素組みでゲート跡を目立たないようにするには「アルティメットニッパー5.0 SPN-120」なんかでキレイにカットするのがいいでしょうね!

ゲート処理 工程1)
金属ヤスリでゲート処理

さて、ようやくゲート処理に入ります。

このゲート処理ですが、やり方は千差万別!(なようです笑)

人によっては

デザインナイフでカット→紙ヤスリでやする

とか

最初からスポンジ布ヤスリでやする

とか。

ということで、ここからは最近道具が揃ってきて、ゲート処理もシンプルにやることができるようになった、わたくしのゲート処理方法です~。

決して
「道具ばかりいいもの揃えちゃってよ!へん!」
というツッコミを入れてはイケない(笑)

金属ヤスリはイイものを!

こちらHGズゴックの腕でございます。ゲートカットはケロロニッパーでやりました。
DSC05964

こうしてアップでみると、ゲート跡は十分キレイですよね。
DSC05965

とはいえ、このちょい残ってるのがまたやっかいだったりする(笑)

このちょい残っているゲート跡、わたくしは最初は金属ヤスリで削ってます。

主に使っている金属ヤスリはこの2つ

「上野文盛堂 Y201 精密ヤスリ 平」
DSC06110
DSC06114


「上野文盛堂 Y304 極細ヤスリ 半丸」

DSC06111
DSC06112 参考 イエローサブマリンONLINEFLAGSHOP上野文盛堂 Y304極細ヤスリ半丸 上野文盛堂のこの2つの金属ヤスリ、目が超細かいのでキレイに削れる!なので、削った跡が汚くならない!助かるなぁ(笑)

ガンプラ初心者のわたくしがいうのもなんですけど、金属ヤスリは上手に使えばとっても便利アイテム!

なんてたって、やすり自体が摩耗しません(笑)他のヤスリと違って使い捨てではない。

詰まった削りカスも簡単に落とせるし。
※2018年12月8日追記
金属ヤスリはスジボリ堂の「微美鬼斬」もオススメです♪削った跡が綺麗なんです。

そんな金属ヤスリを使って、ゲート跡を丁寧に、様子を見ながら削っていきます。
DSC05965
DSC05971
DSC05973

ここで注意したいことが2つ。「削る方向」「削る力加減」です。

金属ヤスリ使用注意点1)削る方向

まず、削る方向ですが、これは金属ヤスリに限ったことではありませんが、ヤスリは押して引く、というやり方せずに、一方向だけに動かすようにします

実はわたくし、最初の頃、ヤスリを押して引くってやり方をやっていたのですが、どうもあんまりうまく削れない、って思ってたんです。

そんで調べていくうち、どうやらヤスリってのは一方向だけに向かって動かすものらしい、とわかってきました(笑)

ホビージャパン2017年4月号にも、

・軽く押す方向に動かす
・前後への押し引きはヤスリの動きがぶれて傷や変形の原因になる

ってなことが記載されておりまして、非常に参考になりましたよ。

ちなみに、上記で紹介した、わたくしが使っている上野文盛堂の金属ヤスリも、このホビージャパンで紹介されおりました♪

金属ヤスリ使用注意点2)削る力加減

注意したいこともう1点。

それは削る力加減です。

というのも、金属ヤスリは切削力が高いのはありがたいのですが、切削力が強すぎて油断しているとあっという間にいらんところまで削ってしまいます!

なので、このゲート処理をやるときも、

一回削っては様子を見る
一回削っては様子を見る

というやり方をした方がいいですよ。

やする時は慎重に

ちなみに、わたくし、前は最初からスポンジ布ヤスリを使ってゲート処理をしていましたが、これだって油断しているとゲート跡の周囲もかなり削ってしまうことになりかねないんです。

たとえばこんな感じに(^_^;)

最初の頃はゲート跡を消すことに注力していたので、仕上がりとかあまり気にしてなかったんです。

けども、だんだんガンプラ製作の経験値があがってくると、生意気にもなるべくキレイにパーツを仕上げたい、なんて思っちゃいましてね(笑)

だから、最近は丁寧にやすることを心がけてます(そのワリにはちっともキレイにできてねぇなぁ、というツッコミは決していれてはいけないw)。

とはいえこのザマ(^_^;)
DSC05976

まぁね、このあとスポンジ布ヤスリで整えていきますから♪

ゲート処理 工程2)
スポンジ布ヤスリでゲート処理

さて金属ヤスリでだいたい削れたら、今度はやすった面を整えるためにここでゴッドハンドの「神ヤス スポンジ布ヤスリ」を使います。
DSC06119

この「神ヤス スポンジ布ヤスリ」、パーツが曲面でも、パーツにフィットしてパーツ面全体をキレイに均一にやすることができますよ!

これについても詳細は過去記事に書いてますのでそちらを参考にしてください。


とはいえ、ここも様子を見ながらゆっくりとやらないとですね。

最初は400番で

最初は400番で様子見ながら丁寧にやすります。
DSC06118

そんでですよ、場合によっては400番で削るときに、一緒にパーツ全部の表面処理をしてしまってもいいかもしれません。

このHGズゴックの腕パーツも、こんな具合にヒケみたいのがあったりします。なので表面処理をしてパーツ自体をキレイにして均一な面にしてあげると。
hike_02
hike_01

最後は600番or800番で

最後は600番or800番でパーツをゲート処理したまわりをキレイに整えます(わたくしは600番)。
DSC06117

ここでも最後の仕上げとして、パーツ全体を600番or800番でやするのもアリですね。

まぁこのあと1000番のサーフェイサーを吹いたりするなら600番でやすった削り跡も1000番のサーフェイサーが消してくれますよ~。

サーフェイサーについてはこちも参考にどぞ。

※2018年12月8日追記
やすりがけですが、「ペンサンダー」に「神ヤス スポンジ布ヤスリ」をつけてやすると、やすりがけの時間が今までの3分の1とかで済んだりしますよ!

ゲート処理 工程3)
超硬スクレーパーでゲート処理

さらに最後の仕上げ、ゲート処理したパーツのフチをファンテックの超硬スクレーパーで整えてあげます。
DSC03365
DSC05984

これ、超大事っす(笑)

っていうか、これやらないとパーツがいかにも「削った後でグッダグダ」ってな感じですが、この最後の仕上げを超硬スクレーパーでやることでビシっ!と整いますますから。

ゲート処理は、いきなりこの超硬スクレーパーでやってもいいかもですね。

そういうやり方をしているモデラーさんもいるようです。

ただ、わたくしはまだ技術が未熟なので、チマチマとやすりを使います。

ってか、もう何度もこのブログでも書いてますが、超硬スクレーパーは、ガンプラ作るならとりあえずもっておいて損なしな逸品です!
【過去記事】

【過去記事】

超硬スクレーパー、エッジだしや表面処理や削ったりする作業にはかかせません!たくさんのモデラーさんもご愛用(笑)

ゲート処理の確認

このゲート処理したHGズゴックの腕パーツ、合わせ目処理も一緒にやったんですが、仕上がりはこんな具合です。
eyecatch

一応はすっかりゲート跡は見えなくなっているかと。

今回のゲート処理方法ですが、冒頭でも書いた通りこれはわたくしのやり方なので、参考ということで読んでいただければ幸いです。

人によってはホントに最初から超硬スクレーパーでけずった方がイイ、ってな方もいるかもですしね。

まとめ

ゲート処理工程をまとめますと

・ニッパーでキレイにゲートをカット
・金属ヤスリでやする
・スポンジ布ヤスリでやする
・超硬スクレーパーで仕上げ

という流れです。

ゲート処理、わたくしも何度もやって、いろんな道具使って自分なりのやり方をいまだ模索しております。

なので、ガンプラ初心者で「ゲート処理、よくわからんからダルっ!」って方も、何度か試すうちに自分なりのやり方が見えてくると思いますのであきらめないで!(笑)

ってなことで、今回のゲート処理記事が参考になりましたならばシェアボタンをポチっていただけると、幸いです(笑)

▼その他のゲート処理の記事を読んでみる
不器用なガンプラ初心者でもゲート処理がキレイに出来る道具はある?5つの道具を検証してみた ペンサンダーレビュー!やすりがけ作業の消耗からアナタを解放!