始めたいけど無理!人は何故プラモデル塗装への挑戦を躊躇するのか?

記事内に広告を含みます

がく
がく

ども、がく(@oskgaku
です。

先日、念願のワンフェス2024を初体験!

大勢の人たちから、熱量をビシバシと感じる!

その会場にて、行き交う人々とのすれ違いに、以下3件を聞きました。

  • 塗装が出来るようになったらなぁ
  • 塗装が問題なんだよなぁ
  • 筆塗りはムズくない?

あの大人数でのすれ違いでこの3件(たまたまかもしれませんが、コレはマジ)。

皆して塗装の悩みw

がく
がく

ただこれ、食わず嫌いもあると思うのです。

ちょっとでも塗装をやってみたい、という気持ちがあるならぜひ挑戦して欲しい。

だって楽しいし面白いから。

そもそも「やる気が起きない」とかはナンセンス。

だって、「やる気」なんてものは存在しない!らしいんですから。

たとえば、普通は「楽しい」から「笑う」という行動が出ると思われていますが、これも本来的には「笑顔をつくる」と「楽しくなる」なんです。まず行動があって、その後感情が芽生えるんです。

「簡単にやる気を出す方法を教えてください!」→脳研究者「やる気なんて存在しない」|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

身体を動かしたあとに脳の動きがついてくる。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい。

つまり、やれば楽しくなる

やり始めたらコツもつかめるし、楽しくなるよ!

嫁

でも、塗装を始めるのは、実際面倒くさいだろうな。

がく
がく

その気持は理解できます。

ガンプラやプラモデルの塗装って、なんで面倒くさいのか?

その理由を探ってみました(これ、意味あるのか?笑)

なぜ人はプラモデル塗装のハードルを高く感じるのか?

冒頭で記載したとおり、ワンフェスで塗装の悩みを、すれ違いに3件も聞いたのです。

私含め、いかに世間の皆様が塗装で苦心しているかがわかります。

それを証拠に、塗装関連のアイテム企業のブースは大盛況。

特に実演はたくさんの人だかり。

私のブログでも、エアブラシ塗装関連は多くの人に読まれる傾向。

さて、世間一般的に、なぜ塗装のことで悩まれるのか?

個人的推測ですが、悩む要素は以下2点。

  1. 道具を揃えること
  2. 技術的なこと

プラモデル塗装は道具を揃えるのが大変?

道具を揃えることに関しての悩みは、やはりエアブラシ塗装。

エアブラシ塗装をやってみたい!と思う多くの人が最初にブチあたる壁w

私も最初はエアブラシ塗装の道具を揃えるのに、かなり苦労しました。

だってエアブラシ塗装には、どうしてもハンドピースやコンプレッサーが必要。

DSC09732

さらにいえば、室内で塗装するなら塗装ブースも必要。

というか、塗装ブースなんて、そもそも部屋にスペースがなかったりしますから。

ベランダでやるにしても、ミストをバラまくワケにはいかないよね。

そう思うと、やっぱり塗装ブースは必要。

私は全20の道具を揃えるのにも、相応な時間と費用がかかったと記憶してます。

嫁

家族の理解も必要だぞ。嫁の理解も必要だぞ。

がく
がく

いやもうそれは、ごもっともでございます。

ラッカー塗料は有機溶剤使ってますので、いわゆるシンナー臭がしちゃいます。

ラッカー塗料は塗料瓶を開けるだけでも、部屋中にかなりの臭い!

家族の理解は重要ですね。

ちなみに、ウチの場合、嫁さんがリビングでマニキュアとか塗る人なので、塗装の臭いには理解を得ております(ホッ)。

アネスト岩田キャンベル
¥19,709 (2024/04/21 01:09:09時点 Amazon調べ-詳細)

プラモデル塗装は技術の習得が大変?

エアブラシ塗装は道具を揃えるのが難しいので、筆塗りにしよう!

という方々もたくさんいると思います。

筆塗りの場合、基本的には筆と塗料だけで塗装できるもんね。

がく
がく

ただ、筆塗りはエアブラシ塗装以上に技術が必要、と私は感じてます。

筆ムラがめちゃくちゃでちゃうw

キャンバスに描く絵画でも、上達するのは大変。

それをプラモデルやフィギュアのような立体物を塗るとか、もう神業w

立体物に陰影つけて、エッジ強調して、肌や服の質感だすとか、ヒソカかよ。

筆塗りペインターの方々のツイートとか動画を見てスゲー!

と感動しても、それを自身で再現性するとか不可能すぎるw

筆の動かし方とか、塗料の筆への含ませ方なんて、数値化できないですからね。

嫁

エアブラシ塗装だって難しいだろうが。
アンタなんか、そもそも塗料詰まったりして塗装できてない。

がく
がく

たしかにそうなんです。

エアブラシ塗装は塗装技術云々以前にやることがたくさんある。

撹拌や希釈、エアブラシとパーツとの距離、コンプレッサーの圧力。

調整することがてんこ盛り。

でもプラモデルの塗装は楽しいよ!

プラモデルの塗装、そびえ立つ高いハードルがいくつもあるので、ムリ!

そう思って塗装しない人が、たくさんいると思うのです。

その気持ちは激しく共感。私も最初はそうでしたから。

でも、塗装が終わったプラモデルを見て得られる満足感と達成感は、日常生活の他では中々に得られませんゼ!

このプラモデルは世界にひとつだけ!

私はフィギュアとかはほとんど買わないんです。

見ていて「スゲー」とは思っても、愛着がわかずw

かっこいいんだけども、量産品なのでどうしても無機質に感じる。

塗装した方がリアルだし、自分の分身に感じて愛着感は半端ない。

だからぜひ、最初の一歩を、ちょっとだけ踏み出してみてはいかが?

エアブラシ塗装は、最初はやっすいこんなのでもいい(とりあえずは)。

塗料と、薄め液を、1:1で紙コップに希釈して、ベランダに段ボール置いて吹き付ける感じでもOK。

DSC_3115
私も最初はこんな感じでしたから。
DSC09107

筆塗りなら、シタデルカラーと筆でとりあえず塗ってみればヨシ。

何事も、最初の一歩は面倒くさいんです。

でも、一歩を踏み出す動作をすれば、あとは加速は早い!

水車だって、最初に回すときは大きな力が必要だけど、回り始めたらあとは加速させるのは簡単だよね!

塗装はしたいけど面倒くさい!難しそう!と思ってるアナタに、この記事が最初の一歩のキッカケになれば幸いです。

ブログ更新をX(旧Twitter)でお知らせ

ガンプラ製作進捗やマテリアル紹介をツイート。

がく(@oskgaku