がくオススメのガンプラ製作時短アイテム

ガンプラをシタデルカラー筆塗り!HGナラティブガンダムC装備レポート!

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

諸事情により、ガンプラのエアブラシ塗装がなかなか出来ないので、どうにか筆塗りで仕上げられないものだろうか・・・。

という事で、どうにか筆塗りで仕上げる事が出来たHGUCナラティブガンダムC装備。

この筆塗り、塗料はシタデルカラー、筆は神ふでを使いました。

という事で、今回はHGUCナラティブガンダムC装備の筆塗りをレポートしますw

この筆塗りレポートが、同じような境遇の方々の参考になるのではないかと思いまして・・・。

ちげーだろ。
アンタが次に筆塗りする時、
「前回どうやったんだっけ?」
ってなるからその備忘録だろうがよ。
アンタ、本当に忘れるよな、色々。昼にチャーハン食べて、夜にもチャーハン食べてるもんな。
がく
まぁそうですね。
メニューにチャーハンあると、本能で反応しちゃうんですよね。

筆塗りで使用した道具

まずはHGUCナラティブガンダムC装備の筆塗り塗装で使用した塗料を紹介します。

使用した塗料はシタデルカラー。シタデルカラーの「ベース」という種類で統一しました。本来、シタデルカラーはベースの上に塗装を重ねていくものなんですが、わたくしは今回はベースのみで仕上げました。

というのも、ガンプラのような平面パーツが多い場合、ベースの上に違う種類の塗料、例えばレイヤーなんぞの種類を重ね塗りすると、どうにも筆ムラがでてしまう。

▲シタデルカラーのコラックスホワイトの上に、レイヤーのホワイトスカーを重ね塗りしたもの

※シタデルカラーのベースやらレイヤーやらの他にも種類があるのですが、そのあたりは過去記事をご覧くださいませ。
シタデルカラーが気になってる人向け!超基礎知識ざっくりまとめ!

シタデルカラーはもともと、ウォーハンマーを塗るために開発されたものなので、凹凸のあるようなキットであれば、さほど筆ムラは目立たないかもです。

とはいえ、せなすけさん(@l2Po3QMEtZd19wr)のようにプロレベルになると、ガンプラでも筆ムラをださずに塗れるようですが、技術の習得には時間がかかりそうですねぇ(笑)


そんな事情で、今回はベースを2度重ね塗りする事にしました。

シタデルカラーの種類

今回使用したシタデルカラーの色の種類は以下の通りです。

コラックス・ホワイト

メカニカス・スタンダード・グレイ

※メカニカス・スタンダード・グレイは汎用性高しっ!武装塗装にも便利!

セレストラ・グレイ

ゲームズワークショップ(GAMES WORKSHOP)

カントール・ブルー

銀色はマッキー

関節やバーニアはマッキーのペイントマーカーを使いました。




これは「nippper」ニッパーの記事で知りまして、非常に便利やん!と思ったので速攻でポチりました(笑)
参考 「金銀白のベタ塗り番長」は、マッキー先輩にお任せしてもいいんじゃない!? nippper 実際のところ、発色もよく、ペン先も「細」と「極細」の2種類なので、HGサイズのガンプラにも塗りやすいです。もう今後のシルバーとゴールドは、これでよいのでは?と思ってしまうほどですね(笑)

神ふでに超感謝!

はい、筆です。

筆塗りを試し始めた当初、わたくしは100均の筆を使っておりました。

▲100均の筆、あっという間にバッサバサのガッチガチ(^^;)

それもあって、最初は筆ムラが酷いもんでしたね(笑)

ガンプラ筆塗りはアリ?シタデルカラー初心者がよくやる失敗を晒す!

筆ムラをなくすために、ゴッドハンドの神ふでを導入して、とても助かったたワケですが、そのあたりの詳細については次の項目で。

塗り方(筆ムラをなくすために)について


▲筆塗りの宿命、筆ムラですが、これはまぁどうしても出ちゃいますね(熟練した上級者さまだと筆ムラをださずに塗れるようですが)。

筆ムラをなくすには当然、それ相応に練習して技術を習得する必要があるワケです。

しかし、モノグサな47歳オッサンは、どうにか道具でその手間を省けないかと思ってしまうワケです。

金で解決しよう感がすげぇ。
がく
言い方っ!
でもまぁあながち間違ってないから強く否定出来ない。
イイんですよ、趣味でやってる事なんですから。わたくしは、綺麗な塗装面という結果が欲しいのであって、過程はどうでもイイんですから。いや、そうじゃない。むしろ100均の筆でもどうにか筆ムラをなくせないか、というトライ&エラーを繰り返した結果に神ふでがあった方が、神ふでの凄さを実感できるし楽しいんじゃないだろうか・・・。

という自問自答はどうでもよく、ともかく、お小遣いをもらってない身分でありながら、楽して最高の結果を求めるために高価な筆をポチるというおっさんはわたくしです(こういう考えを持っている人がたくさんいるので経済は回っている、という言い訳w)。

この神ふでのおかげで、筆ムラは相当軽減されたと実感しております。

100均の筆の時は、何をどうやってもハッキリとした筆ムラが出ちゃってたのでねぇ。

とはいえ、筆というのは消耗品ですから、この神ふでほど高価なモノは、わたくしのような初心者にはまだ少々早かったような気がするのも事実。せいぜい1000円くらいでもよかったかも、というのはあります。そのあたりの事とか、筆ムラ対策は過去記事でも書いてますので参考にしてくださいませ。
ガンプラ筆塗りの筆ムラはなくせる?試してみた5つの対策!

小さいパーツは筆ムラが出にくい

小さいパーツは塗る面積が小さいので筆ムラも出にくい傾向です。助かる!(まぁ当たり前ですがw)

そういう意味では、このHGUCナラティブガンダムC装備は筆ムラに適しているかもしれません。クリアーパーツが多いのでそれ以外のパーツ面積が小さいですから。

▲小さいパーツは筆ムラが目立たない

逆に、大きなパーツだと筆ムラが目立つという事になります。HGUCナラティブガンダムC装備でいえばシールド。はい、こんな感じで筆ムラが目立ちます。

こんな具合ですから、初めて筆塗りでガンプラを塗る時は、なるべくパーツ面積が小さいもので構成されているガンプラを選ぶのがイイかもです。

暗い色は筆ムラが出にくい

小さいパーツ以外にも、暗い色は比較的筆ムラは出にくいかと思います。

塗料溜りをとる

筆塗りをしていると、パーツに塗料を塗りすぎて「塗料たまり」ができる事があります。それが乾くとそこがムラになるワケです。

この塗料たまり、塗って発生した時は、すぐに取り除いてあげるのが吉。どうるするかというと、使ってる筆をキッチンペーパーなどで水気を切って、それで塗料溜りを触れば筆が塗料を吸ってくれます。それでOK。

わたくしも、この事は知らなかったのですが、Twitterで教えてもらいまして、そこからかなり筆ムラを軽減させる事が出来ました。
https://twitter.com/TE0598/status/1267657587425595393

スミ入れについて


▲実は今回、スミ入れ用にシタデルカラーのシャドーという種類のナルンオイルという色を用意していたんですが、使わずじまいになってしまいました。

というのも、今回使用したシタデルカラーのベースですが、基本的にはつや消しなんですよね。

なので、パーツ表面はザラザラです。なので、スミは流れていきません。

あと、2度塗りしたので、塗膜が厚めになりまして、モールドが埋まりがち・・・。なので、スミを流してハミ出した部分だけ拭き取るとろうと思うと、全部拭き取れてしまう始末(^^;)

でもこのシャドー、スミ入れとしては非常に優秀なようです。なにせ水性。ガンプラでよく使うスミ入れといえばエナメル塗料ですが、これはパーツが割れてしまう可能性があったりします(まぁわたくしは割れた事ないですがw)。

シャドーは水性なのでそういう心配もない。その上シャバシャバですから、めっちゃスィーと流れていってくれますよ。

このシャドーのナルンオイルについては、「nippper」でも解説されてますからぜひご一読をw
参考 プラモに深みとコクを出す超便利テク、「スミ入れ」をしてみませんか。nippper

ゲームズワークショップ(GAMES WORKSHOP)

※スミ入れ関連の記事はこちらです。
ガンプラのスミ入れ初心者向けに必要な道具と技術を8項目にまとめたタミヤスミ入れ塗料の使い方を「使用上の注意」4項目から徹底解説!ガンプラ初心者おっさんが初心者のために初めてのスミ入れで失敗したの晒す!スミ入れとつや消しでややこしい重ね塗り関係をスッと理解するための塗料基礎知識を2つにまとめた

まとめ


今回、HGUCナラティブガンダムC装備を筆塗り塗装で完成させたワケですが、思いの外綺麗に出来ました♪

その要因として大きいのは、やっぱりゴッドハンドの神ふでのおかげかなぁ、と思ってます。

やはり、100均の筆だとキツイですね(^^;)

あとは塗料をシタデルカラーのベースのみにした事。ベースも筆ムラはでにくいかと。

ただ、ベースは塗膜が厚めになるのと、つや消し仕上げなのでスミ入れやデカール貼りが難しい(ってか、出来ないw)って事ですね。

まぁとにかく、シタデルカラーの筆塗りを覚えた事で、ガンプラ塗装の幅が広がりました♪

そうやって今度はシタデルカラーを次々とポチっていくワケだよな。
シタデルカラーってのは、ずいぶんとお値段お高めやなぁ。1色がアンタの昼飯2回分はいくなぁ。うんうん。それに比べたら、どうぶつの森 amiiboなんて、安いもんやで、いやマジで。
がく
まぁたしかに、お小遣いをもらってない身分で、シタデルカラーをポチる時はちょいと気が引けますね。

という事で、今後はシタデルカラーをポチる時はどうぶつの森 amiiboも一緒にポチってあげようかなぁ、と思いつつ、クリアーパーツも曇らない瞬間接着剤をポチったりしてます(笑)

▲クリアーパーツ以外にメッキパーツの接着にも使えて何気めっちゃ便利で助かってますw

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku
ゲームズワークショップ (監修), 石井栄次 (編集), 丹野 雄士 (その他), せなすけ (その他)