6,800回 ⁄ 分でガンプラ表面処理が速終了

ガンプラのモールド彫り直しを効率化!4つの道具でミスを減らそう!

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

今回は、ガンプラに最初から施されいるモールド、彫り直すのは適した道具があればめっちゃ簡単!という話です。

▲ガンプラに最初から彫られているモールド(溝)

現在製作中のHGUCゼータガンダムの頭部パーツだって、モールドの彫り直しは道具が揃えばサクサクと進める事が出来ます!

それに、このモールドを彫り直すとスミが綺麗に流れていきますからね(彫ると彫らないとでは大違い)。

▲既存モールドを彫り直せば、スミ入れも綺麗に決まります♪

とはいえ、前回のアンテナシャープ化も難しかったが、モールドの彫り直しも難しい(ってか面倒)。

だって、そもそもパーツが小さいし、微妙な曲線だったりするんですよね。

でも、道具が揃えば作業負担は軽減。なにより、失敗の回数が減りました!(半減は間違いないw)

今回はそんな道具4種類を使ったHGUCゼータガンダムのモールド彫り直しレポートです。

ガンプラのモールド彫り直し道具

まずは使用する道具たちの紹介です。

全部で4種類。

これらを使って、HGUCゼータガンダムの頭部パーツの既存モールドを彫り直していきますよ。

トサカ部分のモールドを彫り直し

トサカ部分のモールド彫り直しってのは、この部分ですね。

こんなところは私が以前、無理矢理比較実験させられた道具で普通に彫り直せばエエやないかい。
がく
ああ、それはこの記事の事ですね。
嫁が初のスジ彫りで称賛した道具!三種類を比較して選出!

まぁたしかに、「BMCタガネ」とかで、普通に彫り直しをすればイイのでしょうけども、これだと不器用オリンピック5大会連続出場を果たすような自分みたいに人間がやると、ズケっ!って感じで失敗してハミだす事も多々あり(^_^;)

かといって、こんなトサカ部分の小さなところにガイドテープを貼るのも面倒だったりする。

そこで活躍してくれるのがゴッドハンドの「スジ彫りヤスリ

▲わたくしは左手用、右手用、両方揃えております(笑)

柄はなくてもいいか~、と最初は思ってましたが、あった方が断然使いやすい。

スジ彫りヤスリ」があれば、こんなトサカ部分のスジ彫り彫り直しなんぞはあっという間ですわ(^^)

「スジ彫りヤスリ」の詳細についてはこちら
【スジ彫りヤスリレビュー】初心者でも綺麗にスジ彫り出来る道具! ガンプラ初心者向け!スジ彫り失敗激減道具のスジ彫りヤスリ!

ちなみに、トサカ部分を固定しているのはスジボリ堂で購入した「パーフェクトバイス1号」です。これについても詳細は過去記事をどぞ。
ガンプラ初心者こそスジボリ堂パーフェクトバイス1号を使うべき2つの理由

このパーフェクトバイス1号、とっても人気商品なので、売り切れの事が多々あり・・・。わたくしもゲットするのに苦労しました(^_^;)

昨今は、こんなホルダーも売ってたりするご様子。

まぁともかく、固定できる台座があると便利です。

スジ彫りヤスリ」で、ガイドになるようなモールドを彫ったら、あとは仕上げに「BMCタガネ 0.15mm」で彫ればヨシ。

ガンプラ製作で便利な道具は?と聞かれすぐに連想しちゃう3つの道具!
スジボリ堂(Sujiborido)
¥7,910 (2021/10/25 00:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

アゴ部分のモールドを彫り直し

ガンプラにとって顔というのは、一番に目立部分。

そのため、丁寧に彫り直そうと考えれば考えるほど、横にズケっ!って感じでハミだしてしまうんですよね。

横にハミ出さないようにするために、ガイドテープ貼ったりして面倒でした。

しかし、今はそこまで面倒ではありません。ゴッドハンドの「スピンブレード」がありますからね!

「スピンブレード」の詳細はこちら
今まで困っていたエッジ出しの救世主アイテムにスピンブレードを推す3つの理由 ガンプラ初心者が簡単キレイに丸型モールドを彫りたいならスピンブレードとドリル刃の最強コンボがおすすめ ゴッドハンドのスピンブレードを使ったらガンプラ初心者でも憧れの丸型モールドが彫れた!


▲「スピンブレード」で彫り直す前にタミヤの「スミ入れ塗料」を流しておきます。白いパーツはモールドがわかりにくいですからね。

白いパーツに合うダークグレイのスミ入れ塗料

タミヤ(TAMIYA)
¥700 (2021/10/24 10:37:11時点 Amazon調べ-詳細)

少々大げさに書いてしまいましたが、やる事はシンプル。

モールドの部分にスピンブレードを軽くあてて、モールドを刻む感じです。

▲「刻む」のは簡単に出来ます

スピンブレードで押しあて、その溝を「ガイド」にします。

そのガイドの上を、BMCタガネで本彫りします。

スピンブレードは、モールドに対して「線」で捉えるので、ハミだす失敗はかなり減ります。

それに、このスピンブレードはセットになっていますから、どれかの幅サイズが、顔のモールドの長さに大概は合ってくれます。便利♪

ひとつ、気をつけるとするならば、スピンブレードは切れ味抜群なので、あまり彫り過ぎたりしないようにする事ですね。

あくまでもモールドを彫り直すためにのガイド、という事です。

うっすらとガイドを彫れたならば、後はガイドを元にして「BMCタガネ 0.1mm」で彫り直すだけ。

▲何かと重宝するサイズの「BMCタガネ 0.1mm」。めっちゃ細いから折れちゃいそうなイメージがあるかもですが、結構丈夫です(笑)

スジボリ堂(Sujiborido)
¥6,550 (2021/10/24 20:38:51時点 Amazon調べ-詳細)

ゴッドハンドの「スピンブレード」、モールドの彫り直し以外にもゲート処理や凹みモールドを彫ったりするのにも活躍するので、持っておいて損なしの逸品です。

これからもガンプラ製作をやっていくでぇ!という方にはぜひオススメです。

ちなみに、センターピンがついたスピンモールドってのもあったりします♪

頭部側面部分のモールド彫り直し

このようなガンダム系の頭部の側面部分、ゆるやかな曲線、しかもちょい傾いている。

こんな部分のモールドの彫り直しは、苦労しますよね。

BMCタガネ」とかで彫り直そうとすれば、横にズレるのは必至(笑)

ガイドテープも貼りにくいですし。

そこで登場するのは、これまたゴッドハンドの「スジ彫りヤスリ

曲線のモールドに対して、「スジ彫りヤスリ」をそっとあてまして、ゆっくりとなぞっていきます。もうホントにゆっくりとね。

それを繰り返していけば、ガイドとなるようなモールドが彫り直されていきます。

ある程度彫れたならば、あとは「BMCタガネ」とかで彫り直し。

さらに道具がもうひとつ。

こういう曲線には、ハイキューパーツの「ラインスクレイバーCS」も便利です。


▲わたくしが持っているのは0.08mm

鉛筆のように持てるので、ガンダム系頭部のちょいと細かい曲線でも彫りやすいです。

最近はこの「ラインスクレイバーCS」を気に入っておりまして、こればっかり使っております(笑)

ラインスクライバーCSのレビューはこちら
【ラインスクライバーCSレビュー】刃先の絶妙なカーブで彫りやすい!

HGUCゼータガンダムの頭部を比較してみる

ひと通り彫り直しましたので、既存モールドを彫り直したものと、ノーマルのものを比較してみます。

まぁスミを流しているというのもありますが、やっぱり大分違いますね。

頭部のシルエットがハッキリした事により、姿形が鮮明にわかるようになりました。スミの線が入った事で、パーツ数が増えたようにも見えて情報量増!

Zガンダムのかっこよさ、再確認!(笑)

それに、既存モールドを彫り直す事でスミが簡単に流れていってくれます。

今回は様子を見るためにスミを流しておりますので、塗装後の仕上げのスミ入れはもっと丁寧にやるつもりです(笑)

既存モールド彫り直し|まとめ

ガンプラ製作において、便利な道具があるならば、それを揃えて使えるに越したことはない。

道具があれば、作業効率がグンと上がります。

とはいえ、道具さえ揃えちゃえば、なんていうけども、その道具を揃えるには、費用もかかりますからねぇ。

なので、一気に道具を揃えようとせず、必要に応じて、財布の状況に応じて、揃えていければイイですね。

最後に、今回使用した道具のおさらいです。

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku