6,800回 ⁄ 分でガンプラ表面処理が速終了

2018年に買って良かったガンプラ製作道具全34点紹介&TOP10

がく
ども、がく(@oskgaku)です。

正月気分も、遙か彼方のイスカンダルの向こう側にサクっと抜けた2019年1月末。

今さらながら、昨年2018年に買ったガンプラ製作の道具たちを紹介します。

わたくしの100%主観による、ランキング形式のトップ10でご紹介。

主観のコンセプトは以下の通り。
・便利
・使用頻度が高い

果たして、このランキングがブログを読んでいる方にも当てはまるかどうかは、まったくもって定かではありませんのであしからず(笑)

あと、このランキング以外の道具は最後に紹介します。

ともかく紹介する道具がたくさんあるので、道具ごとの細かい解説みたいのは省きますw

2018年ガンプラ道具第10位
かまぼこヤスリ 5mm 単目

ゴッドハンド製品の「かまぼこヤスリ 5mm 単目」。
DSC01110
DSC01111
DSC01114

この道具は段落ちモールドを、スジボリ堂の「BMCダンモ」を彫った後によく使います。

何に使うのかというと、段落ちモールドを彫った底面の整面に使ってます。
※段落ちモールドの詳細は過去記事をどぞ。

わたくし、不器用選手権世界大会に毎年日本代表に選出されるレベル。

そのため、段落ちモールドを彫った後の底面とか側面が、ガッタガタになってる時があるんですよね。

そういう時、この「かまぼこヤスリ 5mm 単目」を使うと、周りを傷つける事なく、段落ちモールドの底面だけ綺麗に整面出来て便利です。

2018年ガンプラ道具9位
ハンドラップ 200

このアズワン の「ハンドラップ 200」はエナメル塗料のうすめ液を入れております。
DSC01115

なぜにエナメル塗料のうすめ液を入れているかといいますと、スミ入れでハミだしたスミを拭き取るとき、綿棒を使いますがその綿棒にうすめ液を含ませる時に使ってます。

ハンドラップ 200」の上部の皿をちょっと押すと、うすめ液がでてきます。
DSC01118
DSC01119

このうすめ液を綿棒に含ませるワケです。

今まで、ハミだしたスミを拭き取る時は
うすめ液の瓶のフタを外し、
綿棒をいれ、
またフタをする、
という作業をしてましたが、それがかなり面倒。

しかし、この「ハンドラップ 200」ならちょいと押すだけでうすめ液がでてきます。

ちなみに、上部の皿でてきたうすめ液は、時間が経過するとそりゃ揮発してしまいます。

しかし、中身のうすめ液は揮発せずに保存出来てます。

わたくし、半年はうすめ液を入れっぱなしですが、キチンと保存出来てます。

2018年ガンプラ道具第8位
ハンディクリーナー

DSC01121

このweveの「ハンディクリーナー」は柚Pさんのブログで知りました。
参考 もう掃除機は必要ない!?1000円 以下で買える「ハンディクリーナー」が 最強だった件YZPハウス

こんなに小さいのに、結構ちゃんとゴミを吸うんです。お値段もそんなに高くないし。

パチ組みしたあと、細かいランナーとかたくさんでますが、そういうのもキッチリと吸ってくれますよ。

2018年ガンプラ道具第7位
光硬化パテ

DSC04626

はい、この「光硬化パテ」の詳細は過去記事読んでください(笑)

一応、多少のコメントしますと、ヒケ処理に主に使っております。

ヒケ処理はまぁ瞬間接着剤とかでもいいのですが、この「光硬化パテ」は色がついてるので、ヒケ処理した箇所がわかりやすくて気に入ってます。

あと、LEDライトでも硬化してくれますので、添付してからすぐ作業再開出来るのがイイですね。

でも、やっぱりキチンと早く硬化してくれるのは、太陽光。

5分も待てばカッチコチ。

LEDライトも5分も待てば硬化しますけど、太陽光ほどのカッチコチな感じはしません(なので、最近は10分は待つようにしてます)。

でも、「光硬化パテ」を使う場所を、ある程度やすりがけなどして粗しておかないと食いついてくれないのがちょいと残念(なので、表面の大きいパーツのヒケ処理専門w)

2018年ガンプラ道具第6位
精密多機能面取りツール ラギア

DSC00029

何気に活躍してくれているシモムラアレックの「精密多機能面取りツール ラギア

主に整面とか、エッジ出しとか、パーツのフチをシャープにしたい時なんかに使ってます。

あと、カーブのゲート処理なんかにも便利。

刃物でないので安心感がありつつも、切れ味抜群の優れモノ(^^)

2018年ガンプラ道具第5位
Mr.ラインチゼル

DSC05904
DSC04247

はい、このGSIクレオスの「Mr.ラインチゼル」も詳細は過去記事を参考にしてくださいませ(笑)

この「Mr.ラインチゼル」の最近の使い方は、スジ彫りするとき、それなりに深さが欲しいので、

Mr.ラインチゼル」→「BMCタガネ

というコンボでやってます。

最後に「BMCタガネ」でスジ彫りを綺麗に整える、という感じです。

スジ彫りのフチは、正直なところ、「BMCタガネ」の方が綺麗出来る気がしてるので。

まぁこれは人それぞれで、ネットを見てると「Mr.ラインチゼル」で彫ったスジ彫りのフチが綺麗に仕上がる、と仰ってる人もいますので。

2018年ガンプラ道具第4位
微美(びび)鬼斬 平

DSC08055

はい、このスジボリ堂の「微美鬼斬」も詳細は過去記事を参考にしてくださいませ(笑)

 

この「微美鬼斬」は、スジボリ堂の製品でして、やすりがけした箇所が綺麗に仕上がるのはもちろんの事、切れ味抜群なのがありがたい。

主に使う場面としては、合わせ目消しの時に盛り付けた瞬間接着剤を削るとか、細かい箇所のゲート跡を削るとか、そんな具合です。

2018年ガンプラ道具第3位
グレージングパテII

glazingputty-5

ロックペイントの「グレージングパテ グリーンII」は道具というか材料なんですけどね。

光硬化パテ」と何が違うねん、という事になるかと思うのですが、それは過去記事を読んでくださいませ!(笑)

まぁこの「グレージングパテ グリーンII」を使う主な目的としては、スジ彫り作業なんかでハミ出した箇所を埋める時です。

この「グレージングパテ グリーンII」であれば、スジ彫りのような細い箇所も、埋めた後にまたその上からスジ彫り出来ちゃうワケなんです。これはありがたい。

まぁ「グレージングパテ グリーンII」を塗った後に、硬化するまで一晩くらいは待たねばいけませんが、それくらいはね。

あと、「グレージングパテ グリーンII」は容量がかなり多い!250gは多すぎる!

なので、そんなに容量いらん!って人は「フィニッシャーズ ラッカーパテ」でもいいかもです。中身は一緒らしいんで。

わたくしは、「グレージングパテ グリーンII」を小瓶にわけて使っております。ずっと保管してると、さすがに硬化してきますので(ガッチガチというワケではないですがw)、たまに溶剤(ラッカー用のうすめ液)を入れたりしてます。

2018年ガンプラ道具第2位
パワーコンプレッサー

DSC09104
DSC09845
▲大きさの比較としてペットボトル置いてみました。

2018年、この「パワーコンプレッサー」を導入した事により、ガンプラのエアブラシ塗装が劇的に変わりましたね!!

エアブラシ塗装するにはコンプレッサーが必要なワケですが、

パワーのあるコンプレッサーを使うとこんなにも綺麗な塗装が出来るんだ!

という感動がありました。

それと、今までのコンプレッサーはレギュレーター(圧力を調整する機器)がついてなかったのですが、「パワーコンプレッサー」でレギュレーターを使うようになって、細吹きなんぞが出来るようになりまして、本当に塗装が変わりました。

だって、今までは細かいパーツなんかは吹き付けるために、パーツとエアブラシを無理に近づけて、結局厚塗りになってしまう、というパターンだったんです。

しかし、レギュレーターで圧力を低くする、という事が出来るようになってからは、細吹きも簡単!

ガンプラで、これからエアブラシ塗装しようと思ってて、コンプレッサーどうしようかなぁ、というアナタ、タミヤの「パワーコンプレッサー」、おすすめですよ!詳細はレビューをどぞっ!

2018年ガンプラ道具第1位
ペンサンダー

DSC04828

2018年の、買ってよかった1位は、やっぱりこの「ペンサンダー」ですわ。

この「ペンサンダー」のおかげで、ガンプラ製作の作業時間を鬼のように短縮されました。

合わせ目消しで、がっつり盛り付けて、カッチコチに硬化した瞬間接着剤を削るのに今までエライ作業時間を要してましたが、この「ペンサンダー」ならそれがあっという間に終わりますわ!

ゲート跡の処理も瞬間的に終わりますね(^^)

パーツの表面処理も瞬間的に終わります。

作業時間が単純に10分の1になったといっても過言ではありませぬ。

まぁこの「ペンサンダー」を使うには、「パワーコントローラー」が必要だったりするのですが、
DSC04851
DSC04854

それを加味しても、「ペンサンダー」はあってよかったぁ~、と感じております。

ペンサンダー」を使う前は、ペンサンダーが便利ですよ~という声はツイッターなんかでも見ていたのですが、

わたくしのようなガンプラ初心者には、大げさな機械でさぁ

と敬遠しておりましたが、今となってはそんな自分に投げっぱなしジャーマンを喰らわしてやりたいですね。

さっさと使っておけ、と。

ということで、「ペンサンダー」、ガンプラ初心者にもオススメです!詳細はレビュー記事をどぞ!

2018年に買ったその他の道具24点

10位まで発表して、めでたしめでたし、みたいな感じになってんじゃあねぇよ
がく
えっ、イケないのですか?(嫁がジョジョ風な口調になる時は怒りの感情が混じっているワケで)
出しなぁ、てめぇの、キラークイーンをよぉ、もとい、出しなぁ、てめぇが2018年に買った道具たち全てをよぉ。

ということで、2018年に買った道具たちを列挙します(覚えてる範囲で)。

・エアーブラシ用クリーニングセット

・薄刃鬼斬

・ハイパーカットソー0.1

・プラバンハサミ GH-BH-145

・ヤスリボール 粗目 中目 細目 3種セット

・カッティングマット オレフィン系樹脂 A4 クリアグリーン

・アートナイフプロ 157B

・BMCタガネ 幅0.1mm

・逆作用の塗装棒 PPC-N13

・ミニルーターセット

・[詰替用]ニッパーメンテナンス油 防錆油(スポイト付属)

・神ヤス!10mm厚 アソート3種

・アルティメットニッパー スリムSS

・UV-速硬 中粘度

・ピンクサフ

・メカサフ

tsd 分度器
スクレイパー丸
スクレイパー細
・エッチングガイド4
スーパーストーンスモールセット SSH-02S
極細ダイヤモンドヤスリ

・DCロックピンセット

・スジ彫りヤスリ左手用

アンタよぉ、こんだけ道具があってよぉ、ガンプラ製作技術が1mmも向上してないってのはどういうことやねん?
がく
いやぁ、それをいっちゃぁおしまいだよ、ってやつですよ。

今回の2018年に買ったガンプラ製作道具たち、結構買ってしまったのですが、きっと共感してくれる同志もいるよね!ひとりじゃない!(笑)

ブログ更新をTwitterでお知らせ♪
ガンプラ道具の便利な使い方なんかもツイートします♪
フォローをよろしくお願いします(^^)
がく@oskgaku

▼その他のガンプラ道具厳選まとめ記事はこちらです。
買ってよかった!ガンプラ歴1年の初心者を強力にサポートしてくれた道具厳選3選未熟なガンプラ技術をカバーしてくる超便利な道具たち!2週間以内で一気に購入した厳選10個のアイテムをご紹介!ガンプラで苦手なヤスリがけは道具を変えれば楽しくなる!厳選7選!不器用なガンプラ初心者でもゲート処理がキレイに出来る道具はある?5つの道具を検証してみた